ホーム>Biot Blog>新着情報>ブレーキライン 色々!プリウス 車検対応-1
新着情報

ブレーキライン 色々!プリウス 車検対応-1

201821111157.jpg

▲ブレーキライン プリウス

車検対応の続きです。

ブレーキラインは、純正でアームやショックアブソーバーに中間ジョイントで固定されています。

この中間ジョイントには、メーカーによって形状、固定方法等が様々で、Biotにもかなりの種類があります。無いと車検対応として販売することはできません。

2018211111548.jpg2018211111617.jpg

TOYOTA プリウス 30系のブレーキラインは、1台分は6本で構成されています。

6本構成のうちのリア、中間の4本は左右の形状、固定方法が対象、同一ではなく、異なった形状で設定されています。

中間の2本は短く曲がりがきついため、単独で設定することができません。

フロントは、最近のTOYOTA車に多く見られる形状ですが、調整機能がないと、車高ダウン、大径ローターへの対応が難しくなります。

詳しくは、ブレーキライン プリウス をご覧ください。ご覧ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biot.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/91

ページ上部へ