ホーム>Biot Blog>新着情報>タイヤホイールからのカチカチ音...
新着情報

タイヤホイールからのカチカチ音...

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

走行中に、気が付いたら「カチカチ…」となった事はありませんか?

色々な音の種類もあるでしょうから、今回のお話が当てはまるかはわかりませんが、参考になればと思います。

 

走行中、特にハンドルを切って曲がろうとする外側のタイヤホイール辺りから、「カチカチ…」としている感じの時、ブレーキを交換した後でしたら、ブレーキから音がしている?と思いがちです。

 

2018422104732.JPG

▲アルファード 後期 Biot brembo 6Pot -R

 

 

もちろんブレーキは十分に点検する必要はあり、ブレーキに問題が無いとなった場合の話です。

 

ホイールのハブ取付面とローターのホイール取付面に、ホコリが固まったものや錆等が、ホイールを脱着したことで、つぶされている感じになっている場合があります。

 

201842210488.JPG

 

 

ホイールのハブ取付面も傷がついて面が平らではない場合もあります。

 

ホイールのハブ取付面は、オイルストーン等で面を修正し、ブレーキはきれいに洗浄します。

 

  2018422104829.JPG 

 

 2018422104855.JPG

▲Biot brembo 6Pot-R 380φ ドリルドVer.2

 

 

これでタイヤホイールを装着して走行してみると、嘘のように音は消えています。

 

原因は一言では言い切れませんが、いくつか思いつく事を書いてみます。

・タイヤ交換をした。

・外して保管していた別のタイヤホイールに付け替えた。

・サスペンション等の交換や調整でタイヤホイールを脱着した。

 

上記の様な条件で、大径のディスクローターと軽量のアルミホイールを装着している車両の場合に、ホイールの脱着後しばらく走行してから起こりやすい感じです。

 

対策は、脱着毎にホイールとローターの組付け面を清掃(洗浄)して装着する様にする事が一番です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biot.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/129

ページ上部へ