ホーム>Biot Blog>新着情報>TOYOTA MarkX 133 G's リアオフセットキット-1
新着情報

TOYOTA MarkX 133 G's リアオフセットキット-1

201842153946.JPG

▲TOYOTA MarkX 133 G's リアブレーキ

 

最終型のマークX/GRS133は、リアブレーキキャリパーの固定ボルトがM10 →M12に変更されています。

201842154018.JPG

 

キャリパーキット、オフセットキット共に、Biot製の既存の製品も装着できず未設定のままでした。 

今回は、お客さんから車両を借りてデーター取りを行っています。

20184215410.JPG201842154119.JPG

 

各部を撮影し、計測を行いながらコメントと共に画像資料を作成します。

純正を知る大事な作業です。

 

画像資料と現品を元に図面を書き、純正キャリパー、ナックル等をCADデーターにします。

純正がCADデーターに出来たら、あとは設計して部品の製作を行い、出来上がり後に装着という流れです。

 

フロントは純正交換2ピースローター356φ、リアはオフセットキット350φの装着予定です。

201842154155.JPG201842154211.JPG

 

TOYOTA MarkX 133 G's リアオフセットキット-2もご覧ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biot.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/118

ページ上部へ