ホーム>Biot Blog>新着情報>ディスクローターの構造-1
新着情報

ディスクローターの構造-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20186881157.jpg

▲Biot ディスクローター

 

ディスクローターの種類についての説明です。

ディスクローターには、大きく分けて3つの種類に分かれます。

 

1ピースローター、2ピースローター、3ピースローターとなります。

 

1ピースローターは、名前の通り一体型で形成されていて、低コストであまり大きな径は製作されていません。

20186881117.jpg

▲Biot 1ピースローター

 

ベンチレート部も販売されている製品は純正も含めてほとんどストレートフィンです。

20186881137.jpg

ベンチレート部に左右の形状を持たせると、1ピースローターは左右の素材を製作する必要があり、費用が倍増し、低価格の意味がなくなります。

 

スリット加工のみで左右を分けていますので、ローターは左右共通です。

大きな径を製作して高効率、高性能を追及しても、価格が高くなり、何より重たくなります。

低価格で純正の補修としてが一般的な設定です。

 

2ピースローターは、ローター部とアルミ製ベルハウジングの2つを特殊な専用のボルトナットで固定しています。

20186881035.jpg

▲Biot 2ピースローター

 

2ピースローターは、1つの素材を左右に削り分けることができるため、ベンチレート部の形状は、自由に設定できるため、カーブフィンを採用し、冷却性能を重視しています。

20186881053.jpg

 

ディスクローターは、ローターの内径部から走行風を取り込み、外径部へ排出しています。

 

このため、フィン形状がカーブフィンにすると、冷却効率が大きく向上します。

 

 

3ピースローターは、2ピースローターに、インナードラムを追加して特殊な専用のボルトナットで固定しているものです。

20186881015.jpg

▲Biot 3ピースローター

 

インナーシューのリアブレーキに使われています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biot.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/148

ページ上部へ