ホーム>Biot Blog>新着情報>ピロブッシュ/ピロボールジョイント S2000-2
新着情報

ピロブッシュ/ピロボールジョイント S2000-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20186642134.jpg

▲ピロブッシュ/ピロボールジョイント S2000

 

S2000 AP2 用のフロントとリアのアッパーアームのブッシュ交換です。

 

アームをお送りいただき、ご購入いただいたブッシュの圧入作業を行ってから返却いたします。

新品のアームに圧入作業を行ってからの発送も行っています。

 

20186642238.JPG

 

S2000の様なWウイッシュボーンの車両で、一つのアームのボディー側に2ヵ所、純正は同じブッシュが使われていることが多くあります。

 

Biot では、一方のブッシュ(通常はフロント側)をフランジ付きにして、もう一方を引っ掛かりのない形状にしています。

20186642323.JPG

▲Biot アッパーアームピロブッシュ

 

 

これは、圧入してアームを装着後、走行時にズレが発生してアライメントがくるったり、破損の原因にならないようにと考えています。

両方ともにフランジ付きのピロブッシュにすれば…?と思われるかもしれませんが、ピロブッシュは純正ゴムブッシュと異なり、スラスト方向(装着時の前後方向等)には、動かないためです。

緻密に計算して設計していますが、車両によってほんの少しづつの個体差はあります。

 

フランジ付きのブッシュ(通常はフロント側)をアームに当たるまで圧入すると、そこが基準となります。

20186642420.JPG

▲Biot フランジ付きピロブッシュ

 

もう一方のアームを圧入したあと、寸法を測って再度圧入によって多少の調整が可能です。

2018664252.JPG

▲Biot ピロブッシュ リア側

 

サイドカラーを装着して、純正ブッシュと比較計測します。

2018664264.JPG

▲Biot ピロブッシュ 単体計測

 

2ヵ所のブッシュにサイドカラーを装着して、外または内寸法を計測します。

20186642543.JPG

 

 

車両に仮装着して無理なくボルトで固定できる様なら大丈夫です。

 

無理に固定すると、走行中に圧入したブッシュがアームからずれていることが多くあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biot.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/147

ページ上部へ