ホーム>Biot Blog>新着情報>Biot 補修用ローター交換-1
新着情報

Biot 補修用ローター交換-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20186573719.jpg

▲Biot 補修用ローター交換

 

 

GTR用のフロントオフセットキットの、補修用ローターの交換です。

20186573742.JPG

▲Biot ではローター交換を行っています

 

ローターを車両から取り外します。

2018657385.JPG

▲Biot フロントオフセットキット BNR32

 

洗浄して、ローターとベルハウジングを分解します。

20186573841.JPG

 

ブロックナットタイプのローターですので、ブロックナットは再使用し、ボルト、ワッシャーは交換します。

20186573658.jpg

▲Biot 補修用 goutローター ボルトセット

 

ブロックナットは一つずつ洗浄し取り付け部をワイヤーブラシ等で磨いておきます。

 

この時、装着していた場所に同じように戻します。 場所や向きを変えると、ベルハウジングの摩耗が多く発生する場合があるため、必ず同じ場所、回転方向に戻します。

 

ご購入時には、取扱説明書、組付け要領書が添付されていますので、センター出し、締め付けトルク等に注意しながら組付けします。

20186573959.JPG

▲Biot gout2ピースローター

 

 

Biotでは、組付け後に精密検査を三次元測定機で行います。

20186573627.JPG

▲Biot 組立ローター 精密検査

 

今回は、ベルハウジングの摩耗や変形もほとんどなく、ローターは摩耗していましたが、殆ど新品と同じ精度になりました。

 

交換したローターは、スリットが消え始めていましたので、交換時期になっています。

Biot では、スリットの深さを1.0~1.1mmで先端が曲面の工具で加工しています。

ローターが摩耗していくと、スリットは段々細くなり、1.0㎜位摩耗した時点で消えていくよう製作していますので、スリットの有無が摩耗限度となっています。

 

2018657367.JPG

▲Biot 補修用ローター交換 摩耗限度

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.biot.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/146

ページ上部へ