ホーム>Biotだけのオリジナル

Biotだけのオリジナル

リアブレーキについて

ブレーキキットを設定していく中で、「リアブレーキはどうすればいいの..?」という問題にぶつかります。しかしまずはフロントを取付ようとなりますがやはり「リアは..?」となってきます。ここでBiotではフロントブレーキの容量に合わせ、いくつかの選択ができるようブレーキキットを創りました。

ブレーキオフセットキット

純正ブレーキのシステムはそのまま使用し、純正キャリパーの許容範囲(厚さ・外径方向共に)を検討した専用ローターと車種別の専用オフセットステーを設定して、オフセットキットとして販売しています。フロントブレーキキットに比べ価格も1/3程度で簡単に容量アップができるため、便利にご利用いただけます。オフセットキットとして販売したのはBiotが初めてです。

リアブレーキキット

bremboの2Potと4Potキャリパーを使用し、車種別にブレーキキットを設定しています。リアサイドブレーキが設定時の問題点となりますが、Biotでは車種別に問題を解決し製品化しています。

リア・インナーシュータイプ

3ピースローター(ローター・ベルハウジング・インナードラムによる構成)を設計し、サイドブレーキは純正がそのまま使用できるようになっています。インナードラムはスチール製で強度を十分確保し、摩擦時のジャダー等を防ぐよう考慮されています。

リアブレーキ インナーシュータイプ
リアブレーキ インナーシュータイプ 2

リアサイドブレーキ一体タイプ

NSX・SW・FD3Sなどリアブレーキキャリパーにサイドブレーキ機構が備えられている車種用に設定されています。 純正キャリパーのブレーキラインを取外し、ワイヤーによるサイドブレーキ機能のみを残し、純正キャリパー位置とは対向に専用サイドブレーキステーを使用し取付けます。純正キャリパーが装着されていた位置にはbremboキャリパーを取付け、ブレーキラインを純正同様に取付けることでbremboブレーキキットが成り立っています。 このツインキャリパーキットはbrembo純正のF360やガヤルドなどのリアツインキャリパーを除き、Biotだけの発想により創られています。

リアブレーキ NSX
リアブレーキ SW20
リアブレーキ FD3S

FD 2Pot caliper

これらのリアブレーキキットは、正確な計測・詳細な取付説明書の作成(簡単に取付できるようにするため)などが必要となり、フロントブレーキキットに比べると数倍の商品開発時間を必要とします。しかしBiotでは『フロントブレーキだけでは..』『ステップアップしたいと思ったら..』などお客様からの声に応えて簡単ではありませんがリアブレーキキットに取組んでいます。1台でも多く満足のいく設定をと考えています。

 

製作までの流れ

ブレーキ

パーツの計測を行います。計測時間(※)は下記をご参照下さい。

-ブレーキ-
3~5時間

ブレーキキットの場合は、製作可能なキャリパーキットを検証致します。

製作製品/製作日数
車輌加工内容/お見積金額 をお知らせ致します。

ご入金いただき、商品手配になります。

2〜3週間後に店頭でお待ちいただき、商品取付になります。

  1. 車輌のデータを計測します。計測データに合わせ、図面を作成し、車輌上での簡単な確認を行います。
  2. ブレーキキットを決定します。それに合わせ、計測データにもとづき開発用の検討図面を作成します。
  3. 検討図面をもとに詳細な個々の部品の図面を作成します。
  4. 各部の部品を作成します。
  5. 装着し、走行テストを行います。

製作風景

ブレーキ製作風景1
ブレーキ製作風景2
ブレーキ製作風景3
ブレーキ製作風景4
ブレーキ製作風景5

 

サスペンション

パーツの計測を行います。計測時間(※)は下記をご参照下さい。

-サスペンション-
半日〜1日

ブレーキキットの場合は、製作可能なキャリパーキットを検証致します。

製作製品/製作日数
車輌加工内容/お見積金額 をお知らせ致します。

ご入金いただき、商品手配になります。

2〜3週間後に店頭でお待ちいただき、商品取付になります。

  1. 車輌のデータを計測します。(車高・重量・単体データetc..)
  2. 一輪荷重を算出し、想定バネレートを仮設定し、組立図面を仮製作します。
  3. 各部の部品の図面を作成します。
  4. 各部の部品を作成します。
  5. 装着し走行テストを行い、バネレート等の変更・調整を行います。
ページ上部へ