ホーム>Biot Blog>PRIUSに関する記事一覧

PRIUSに関する記事一覧

Biot brembo F50 TOYOTA Prius PHV 355φ フロント】

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020358542.jpg

▲PRIUS ZVW52 brembo F50/ブレンボ

 

 

純正サイズは、255φの1ピースローターです。

2020358615.JPG

▲Biotではプリウス PHVのローターを製作

 

Biot では、PRIUS PHVのフロント用に355φのF50キャリパーを設定しています。

2020358639.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

2020358725.JPG

▲Biot PRIUS PHV 専用2ピースローター ドリルドVer.2

 

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

2020358749.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインの装着確認

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2020358813.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2020358837.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2020358919.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

2020358943.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2020358105.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20203581030.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

Biotでは、フロントF50とリア2Potの組合せをお勧めしています。

 

詳しくは、フロント Brembo F50 4Pot 355φ PRIUS PHV ZVW52をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「PRIUS」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リアオフセットキット TOYOTA PRIUS PHV ZVW52 330φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。 

 

20203272512.jpg

▲Biot リアオフセットキット プリウス PHV

 

純正サイズは、259φの1ピースローターです。

2020327265.JPG

▲Biot では PRIUS PHVのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biot では、330φのリアオフセットキットが設定されています。

20203272647.JPG

▲Biot リアオフセットキット PRIUS ZVW52

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

20203273613.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

20203272723.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインの装着確認

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

20203272748.JPG

▲Biotでは純正交換ブレーキラインの装着確認

20203272821.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット PRIUS PHV ZVW52をご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「PRIUS」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

 

Biot リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot TOYOTA PRIUS PHV -1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020316480.JPG

▲リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot TOYOTA プリウス PHV

 

 

プリウス PHVの片押しキャリパー車用の、リアbrembo 2Pot ツインキャリパーキットの開発過程です。

 

設定サイズは、330φで、純正キャリパーをパーキングブレーキ専用として使用します。

 

純正キャリパーは、リア1Pot の片押しキャリパーが採用されています。

2020317054.JPG

▲Biotでは片押しキャリパー車用ブレーキキットを開発

 

2020316495.JPG

▲BiotではPRIUS ZVW52のブレーキディスクローターを製造しています

 

プリウス PHVのリアは、259φのソリッドローターが採用されています。

 

純正キャリパーをパーキングブレーキ用として移設し使用するため、レバーの位置、作動領域、ワイヤーストローク等、純正キャリパーを分解しながら検証、測定してデーターをとります。

20203164937.JPG

▲Biotでは純正キャリパーを計測

20203165020.JPG

▲Biotでは純正キャリパーを計測

 

 

純正ナックル、キャリパー等をリバースエンジニアリングで図面化し、その上で使用する各部品を設計します。

 

試作した部品を合わせ、brembo製2Pot キャリパー、パーキングブレーキ用の純正キャリパーを加工製作した部品とともに装着し、ローターとのクリアランス、調整方法の良否を確認します。

 

ブレーキラインも純正装着が可能か、専用品を付属するかを確認します。

ブレーキラインは、純正ブレーキラインが再使用できる様になりました。 

2020316519.JPG

▲Biotでは車検に対応する様商品開発

 

詳しくは、リア Brembo 2Pot 330φ PRIUS PHV ZVW52をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

 

TOYOTA PRIUS PHV 50系 ブレーキパーツ製作開始

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです

 

2019124111812.JPG

▲BiotではTOYOTA PRIUS PHVのブレーキパーツを製作

 

 

フロントは、純正で255φの片押しキャリパーが装着されています。

2019124111843.JPG

▲ZVW52純正フロントブレーキ

 

リアは、純正で259φの片押しキャリパーで、ソリッドローターが装着されています。

201912411222.JPG

▲PRIUS PHV純正リアブレーキ

 

ナックル取付部の形状、各部寸法を計測します。

2019124112254.JPG

▲Biotでは純正ブレーキデーターを計測

 

リアは、パーキングブレーキ用ワイヤー、バックプレートの形状も詳細に計測します。

2019124112313.JPG

▲Biotではリバースエンジニアリングを実施

 

 

ブレーキラインは、装着状態、取付部、単体計測を行います。

2019124112334.JPG 2019124112355.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインを計測

 

 

レイアウト画像、単体画像等の資料を製作後、リバースエンジニアリングで各部品、取付部を図面化します。

 

部品を設計する上で、この作業はとても重要な役割を果たします。

 

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リアオフセットキット カローラルミオン 330φ 特注製作

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201910693352.JPG

▲Biot リアオフセットキット カローラルミオン装着

 

純正サイズは、259φの1ピースローターです。

 

基本のサイズはプリウス30系と同サイズでした。

 

お客さんからの依頼で、ローター以外はプリウスと品番が同じところが多いという事で、プリウス30系のリアオフセットキットのベルハウジング部を変更して製作することになりました。

確認のため、お客さんから純正ローターをお預かりて計測しました。

201910693421.JPG

▲Biotでは純正ローターを計測

 

その他、キャリパー、パッド、ナックル等を純正品番で比較したりして、互換性を確認しての仕様変更です。

 

ハブセンターは、プリウスはφ55、カローラルミオンはφ62でした。

ホイールPCDは、プリウスは100/5H、カローラルミオンは114.3/5Hでした。

 

ベルハウジングを製作して、カローラルミオン用に穴明け加工を行い、アルマイト処理を行えば製作部品は揃います。

201910693448.JPG

▲Biotでは特注部品を製作

 

その他はプリウス用をそのまま使用して発送しました。

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201910693513.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201910693537.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20191069364.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

 

お客さんへ発送して装着作業後に、不具合等がないか確認します。

 

装着は問題なくできたという事です。

 

今回は、特注製作と言っても部品を製作するわけではなく、穴明け加工等を変更して行った内容でしたので、費用も少額で納期も通常製品と同じでした。 【

 

関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リアオフセットキット TOYOTA PRIUS/プリウス 30系 320φ スチールベルハウジング

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201972784026.jpg

▲Biot リアオフセットキット TOYOTA PRIUS/プリウス 30系

 

これまで、1ピースローターのリアオフセットキット320φを販売していましたが、仕様変更を行いました。

 

スチール製のベルハウジングを新規設定し、Ðナットタイプの2ピースローターとして販売しています。

201972784121.JPG

▲Biot スチール2ピースベルハウジング

 

価格は、車種によって多少異なりますが、1ピースローターのキットとほとんど変更ありません。

 

ローターの消耗時は、補修用ローターをご購入いただき、組替して使用することができます。

 

1ピースローターのキットとは異なり、2ピースローターでは組立ボルトがキャリパーに干渉するため、特殊な加工を行っています。

 

純正サイズは、259φの1ピースローターです。

20197278425.JPG

▲Biotではプリウスのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biot では320φのリアオフセットキットが設定されています。

201972784235.JPG

▲Biot リアオフセットキット スチールベルハウジング

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

201972784724.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201972784346.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201972784416.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

201972784459.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201972784522.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201972784553.JPG 201972784834.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット スチールベル2Pローター ZVW30/35をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「PRIUS」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot フロントオフセットキット TOYOTA PRIUS/プリウス 30系

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201811721230.jpg

▲Biot フロントオフセットキット PRIUS/プリウス 30系

 

純正サイズは、255φの1ピースローターです。

201811721329.JPG

▲BiotではPRIUSのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、プリウス 30系用に300φのフロントオフセットキットが設定されています。

20181172143.JPG

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

G'z18インチホイールは装着可能です。

 

今回は、BBS18インチも装着確認しています。

201811721446.JPG

▲Biotでは装着ホイールのデーターを計測

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201811721511.JPG

▲Biotでは強度確保のためオフセットステーは特殊形状で製作

 

201811721533.JPG

▲PRIUS純正ブレーキレイアウト

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201811721613.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201811721640.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

300

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

詳しくは、フロント ブレーキオフセットキット PRIUS ZVW30/35をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リアbremboキャリパーキット TOYOTA PRIUS α/プリウス アルファ 40系 355φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20189721363.jpg

▲TOYOTA PRIUS α/プリウス アルファ 40系 355φ brembo/ブレンボ

 

純正サイズは、brembo製の290φの1ピースソリッドローターです。

201897213221.JPG

▲BiotではPRIUSアルファ用3ピースローターを製作

 

 

201897213246.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

201897213537.JPG

▲Biot 専用3ピースローター

 

パーキングブレーキはインナードラム式で、純正の機構がそのまま使用できますので、車検も問題ありません。

201897213321.JPG

 

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

 

 

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201897213353.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201897213415.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201897213433.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

 

201897213452.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

 

Biot では、フロント6Pot とリアF360 355φの組合せをお勧めしています。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リアオフセットキット TOYOTA PRIUS/プリウス 30系 330φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201877141138.jpg

▲Biot リアオフセットキット TOYOTA PRIUS/プリウス 30系

 

TOYOTA PRIUS/プリウス 30系のリアブレーキオフセットキットです。

201877141214.JPG

 

 

純正サイズは、259φの1ピースローターです。

 

純正片押しキャリパーに、パーキングブレーキが装着されていて、ローターもソリッドローターになっているため、簡単にキャリパーを交換することができません。

201877141247.JPG

 

パーキングブレーキが、純正と同形式で作動しないと車検に適合しません。

 

Biot では、TOYOTA PRIUS/プリウス 30系は、320φ、330φ、342φの三種類のリアオフセットキットが設定されています。

20187714167.JPG

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201877141323.JPG

 

 

2ピースローターでは組立ボルトがキャリパーに干渉するため、特殊な加工を行っています。

201877141351.JPG

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。 付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

201877141419.JPG

 

 

ローターは組付けが終わった、三次元測定機で精密測定を行います。

20187714153.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201877141533.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット PRIUS ZVW30/35をご覧ください。

ブレーキライン 色々!プリウス 車検対応-1

201821111157.jpg

▲ブレーキライン プリウス

車検対応の続きです。

ブレーキラインは、純正でアームやショックアブソーバーに中間ジョイントで固定されています。

この中間ジョイントには、メーカーによって形状、固定方法等が様々で、Biotにもかなりの種類があります。無いと車検対応として販売することはできません。

2018211111548.jpg2018211111617.jpg

TOYOTA プリウス 30系のブレーキラインは、1台分は6本で構成されています。

6本構成のうちのリア、中間の4本は左右の形状、固定方法が対象、同一ではなく、異なった形状で設定されています。

中間の2本は短く曲がりがきついため、単独で設定することができません。

フロントは、最近のTOYOTA車に多く見られる形状ですが、調整機能がないと、車高ダウン、大径ローターへの対応が難しくなります。

詳しくは、ブレーキライン プリウス をご覧ください。ご覧ください。

ページ上部へ