ホーム>Biot Blog>その他

その他

Biot ドリルドローター Ver.Zero の加工

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202012804037.JPG

▲Biot ドリルドローター Ver, Zero

 

Biotでは、ドリルド加工は、Ver, 1、Ver, 2、Ver, Zeroの3種類を用意しています。

Ver, 1とVer, 2は、スリットローターへドリルド加工を追加した仕様です。

Ver, Zeroは、スリット加工が無く、ドリルド加工のみの仕様となっています。

 

Biotでの標準仕様は、全てスリットローターです。

 

Ver, Zeroのドリルド加工を行う場合は、スリットなしのローターを製作し、Ver, Zeroのドリルド加工を行います。

20201280417.JPG

▲Biot ではマシニングセンターでドリルド加工

 

常時ローターは、生産していますので、スリットローターは在庫もありますし、生産予定品もあります。

追加加工でしたら、その過程で簡単に行う事が出来ます。

 

Ver, Zeroのドリルドローターは、上記の様な理由から、少しだけ多くお時間を頂き、加工、製作しています。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

bremboキャリパーの入荷-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020116105051.JPG

▲bremboキャリパー

 

Biotでは、bremboキャリパーを扱っています。

bremboキャリパーと言っても様々で、何百種類もある中のほんの一部を使って製品作りを行っています。

 

 

キャリパー単体は、すぐにあるものではありません。

また、現状はキャリパー単体を購入することはできないです。

 

半年~1年くらい前にオーダーした物が今、届くといった感じです。

2020116105456.JPG 2020116105522.JPG

 

それも1setなどでは作ってもらうことはできません。

来月も、再来月も必要ですので、計画してそれなりの数と時期で製作依頼を行っています。

 

bremboキャリパーはGTキットと呼ばれるものと、Biotで製作している物とが存在しています。

Biotでbremboキャリパーのみを使用し、その他ローター、パッドなどは自社設計、自社規格で設計して販売しています。

ディスクローター、パッドを自社規格で製作することで、大容量キャリパー交換時の鳴き、ダストの発生などに、全く違う角度での製品創りを行っています。

 

一番の違いは、ローターの材質です。

低ダストと鳴きに対応するためBiotでは試行錯誤を繰り返し、自社ブランドのブレーキディスクを製作しています。

 

Biotでは細かなサイズ設定や常時日本国内にある車両に対しては新しい製品を作りだしています。

細部の特注対応、設定の無い商品の新規製作、ご注文製品の短納期、補修部品の供給なども安定して行っています。

2020116105659.jpg 

▲Biot補修用ローター

 

Biotでは、キャリパーをある程度の単位で購入するため、送られてきたときの状態は、一般的な工業製品の様にまとめて梱包されて届きます。

202011610543.JPG

▲Biotではbremboキャリパーを検品

 

パッドも付属してきますので、パッド、ピン、クロススプリングを取り外し、傷等を確認して、一台分に分けてBiot 部品コードを付けて、在庫管理を行います。

2020116105327.JPG

▲Biotではbremboの各部品を個別在庫管理

 

付属のブレーキパッドは、ダストの問題で当社では使用しません。

2020116105250.JPG

▲Biotでは低ダストパッドを付属

 

キャリパーカラー変更をしない場合は、バフ仕上げを行い、入荷時以上の状態で発送しています。

2020116105129.JPG

▲Biotではキャリパーのバフ仕上げ

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

車検時のブレーキ検査について。

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

一昨年位から、少しづつ車検時に『ブレーキについて、問われる』といった問い合わせを頂くようになりました。

 

品川にある関東陸運支局に問い合わせたところ、現状では。これと言った決まりがあるわけではなく、『車検時に何をどう交換しているのかが分からない事がある』という事で、わかることが一番といった感じでした。

 

Biotでは、色々検討して、「製品性能証明書」として、資料を作り始めました。

ご依頼いただけば、お買い上げいただいたお客さんに対して、各キット毎に1部の資料として製作します。

 

今のところ、全国の陸事で、統一の見解があるわけではありませんので、基本で作成した資料に、追加で問われた項目を付け足して再作成をしたりしながら作業を行う事もあります。

 

詳しくは、継続車検時のブレーキ性能証明についてをご覧ください。

今年一年、ありがとうございました。

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

今年度は、内製加工用の新規工作機械を2台導入することができ、大半を機械を使った技術導入に費やしていた一年だった感じです。

 

また、来年度より、新しい製品創りに励んでいきたいと思います。

 

皆様、良いお年をお迎えください。

 

 

 

2019123194823.jpg

Biot ドリルドローター キャンペーン

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191228222947.jpg

▲Biot キャリパーキット ドリルドローター キャンペーン

 

純正交換ローター、オフセットキット、bremboキャリパーキットを期間中/2019.12.10~2020,1,30にご購入されると、オプションメニューのドリルドVer,1またはVer, 2が無料でお選びただけます。

 

詳しくは、Biotサイト内注文限定キャンペーンDRILLEDご覧ください。

2019122822319.JPG

▲Biot ドリルド Ver,1

20191228223144.jpg

▲Biot ドリルド Ver,2

 

 

CNCロータリー研磨機導入

 こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

ディスクローター用の研磨機を追加で導入しました。

20191221122023.JPG

▲BiotではCNC研磨機を使導入

 

今回の研磨機は、CNC研磨機で、マシニングセンター同様プログラムで動きます。

20191221122049.JPG

▲BiotではCNC研磨機を使用

 

機械メーカーの技術者と重量屋と呼ばれる搬入業者で搬入から設置までを行いました。

20191221122125.JPG 20191221122151.JPG

 

20191221122215.JPG 20191221122236.JPG

 

 

これまで、Biot で設定、製作したソリッドローターを、従来の半自動の研磨機で、1/100以下の精度で研磨仕上げを行うのが困難で、計り知れない時間がかかっていました。

 

このCNC 研磨機の導入で、人の代わりにコンピューターでプログラムを動かし、時間短縮を図ることができるようになります。

 

 

久々のサーキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

11月2日、3日と栃木県のもてぎに行ってきました。 

 

スパーGTの最終戦です。

昨年末にDMG森精機の工作機械を購入したので、沢山の中からなぜか招待に当たったらしく、観戦ツアーに参加しました。

 

DMG森精機は、チームルマンのサポートをしています。

車はWako's 4CR LC500です。

2019114134151.jpg

 

 

 

2019114134223.JPG

天候は二日間とも晴れでいいレース日和、沢山のお客さんが来ていました。

 

 

来年度のレースカーの3メーカーの各1号車が展示されていて、その後少しデモランもやっていました。

2019114134248.JPG

 

 

観戦は、コースからは少し離れていましたが、全体的に見れるいい場所を用意していただきました。

 

2019114134324.jpg

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

タイヤホイールからのカチカチ音...-3

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191025105630.JPG

▲BiotではISFのブレーキパーツを製作

 

フロントは、純正で360φの6Potキャリパーが装着されています。

20191025105952.JPG

▲レクサス ISF純正フロントブレーキ

 

今回はLEXUS ISFの純正交換フロント2ピースローターの装着でした。

 

純正ホイールで市販のスペーサーが装着されていました。

20191025105839.JPG

 

ローター交換を行い、元の通りにスペーサーも装着して作業を終わり、試乗、点検を行いお客さんに渡しました。

 

1か月程経って、お客さんから何かカチカチ、パチパチと音がしていると電話があり、来店して点検希望とのことでした。

 

ホイールは純正です。

20191025105656.JPG

▲Biot ISF純正交換2ピースローター装着

 

 

お客さんと一緒に試乗してみると、装着時にはしなかった音が結構な大きさでしています。

 

片側のみ再度取り外し、各部の装着状態の点検、製品の単体点検を行いました。

これと言って問題もなく、ハブやアームのガタもない感じです。

 

ちょっと気になり、スペーサーを見てみると、ハブボルト部が差し込みで圧入されていません。

20191025105720.JPG

▲Biotでは各部を点検

 

音がする位ですので、ガタがあるか動く部分があると思い、片側のみスペーサーを外して再度試乗してみると、外したほうだけ音が消えています。

反対側も同じように外して、音が消えたことを確認して、スペーサーなしの状態で返却しました。

20191025105752.JPG

▲Biotでは交換部品を返却

 

【関連記事】当ブログの中の「LEXUS」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 補修用ローター 356φ T=30

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201949113854.jpg

▲Biot 補修用ローター 356φ

 

Biot 補修用ローターです。

 

サイズは、356φ 厚さ30㎜、取付穴は206/210の8×10の長穴タイプになります。

 

当社の製品の交換ではなく、特注製作の問い合わせで、近いサイズでも良いという事でしたので、設定しているローターの中から近いものをご案内してご購入いただきました。

 

Biotでは、ローター、ベルハウジングなど、内製化を行っており、現在では設定している補修用ローターは150種類以上にもなりました。

 

近日中に、補修用ローターの新しいカタログも出来上がります。

 

当社製品以外でも、適合するものを見つけやすくしたり、特注製作の流れや、目安の金額などをアイテムと共に掲載しています。

 

補修用ローターは、製作時に全品三次元測定機で表面、裏面共に計測して、表面処理を行ったあと、当社の在庫倉庫へ並んでいます。 

201949113921.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

ご注文頂いたあと、外径、厚さ、組み立て部、左右確認等を行って、発送しています。

201949114033.JPG 201949114054.JPG

 

201949114120.JPG 201949114227.JPG

発送時は、簡単な計測ですが、似ているサイズのローターも沢山ありますので、その製品の間違いがないところまでを確定します。

 

組み立てに関しては、組替説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201949113952.JPG

▲Biotでは製作後、全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、Biot 補修用ローター(L.R/1SET)をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

2018年 たくさんありがとうございました。

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181231133433.jpg

 

 

今日で2018年もおわりですね。

 

たくさんのご愛顧、本当にありがとうございました。

また新しい年も、従業員一同、これまで以上に頑張っていきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

良いお年をお迎えください.

 

株式会社 Biot    指山 勉

ページ上部へ