ホーム>Biot Blog>その他

その他

Biot 補修用ローター 356φ T=30

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201949113854.jpg

▲Biot 補修用ローター 356φ

 

Biot 補修用ローターです。

 

サイズは、356φ 厚さ30㎜、取付穴は206/210の8×10の長穴タイプになります。

 

当社の製品の交換ではなく、特注製作の問い合わせで、近いサイズでも良いという事でしたので、設定しているローターの中から近いものをご案内してご購入いただきました。

 

Biotでは、ローター、ベルハウジングなど、内製化を行っており、現在では設定している補修用ローターは150種類以上にもなりました。

 

近日中に、補修用ローターの新しいカタログも出来上がります。

 

当社製品以外でも、適合するものを見つけやすくしたり、特注製作の流れや、目安の金額などをアイテムと共に掲載しています。

 

補修用ローターは、製作時に全品三次元測定機で表面、裏面共に計測して、表面処理を行ったあと、当社の在庫倉庫へ並んでいます。 

201949113921.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

ご注文頂いたあと、外径、厚さ、組み立て部、左右確認等を行って、発送しています。

201949114033.JPG 201949114054.JPG

 

201949114120.JPG 201949114227.JPG

発送時は、簡単な計測ですが、似ているサイズのローターも沢山ありますので、その製品の間違いがないところまでを確定します。

 

組み立てに関しては、組替説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201949113952.JPG

▲Biotでは製作後、全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、Biot 補修用ローター(L.R/1SET)をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

2018年 たくさんありがとうございました。

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181231133433.jpg

 

 

今日で2018年もおわりですね。

 

たくさんのご愛顧、本当にありがとうございました。

また新しい年も、従業員一同、これまで以上に頑張っていきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

良いお年をお迎えください.

 

株式会社 Biot    指山 勉

設備導入 CNC旋盤設置

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181287943.JPG

▲DMG森精機 CNC旋盤

 

 

新規にCNC旋盤を導入しました。

 

大型のクレーンと10t車が来て、駐車場も一杯です。

20181287109.JPG

 

 

搬入作業を行いましたが、全ての機械を一つづつ奥へ移動し、新しく導入するCNC旋盤を一番手前に配置しています。

20181287114.JPG

 

 

レイアウトや向きについて、打ち合わせ?をしています。

201812871127.JPG

 

今回導入したCNC旋盤は、複合機と呼ばれるもので、丸く削る他にマシニング加工を同時に行うことができる優れものです。

20181287125.JPG

 

外観も一新されていて、車と同じ凄い進化です。 

 

大きなモニターやタッチパネルで機能満載です。

201812871256.JPG

 

 

 

この設備も、これからもより良い製品作りに役立て、色々な物を創り出して行きたいと思います。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

取付工賃 FREE CAMPAIN オフセットキット/純正交換ローター

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201892481057.jpg

▲取付工賃 FREE CAMPAIN オフセットキット/純正交換ローター

 

 

 

BiotオフセットキットとBiot純正交換ローターのキャンペーンを行います。

 

期間中に、オフセットキット/純正交換ローターをご購入いただける方に、工賃が無料で取付作業を行います。

 

期間は、2018年10月1日~11月30日までになります。

 

 

製品ラインナップに無いお車も、お気軽にご相談ください。

 

製作可能な商品でしたら、できる限り対応いたします。

 

装着作業は、殆どの場合待ち時間で可能です。

 

ベルハウジングカラー変更、ドリルド加工等も別途オプションメニューでお選びいただけます。

 

 

 

R35 GTR フロントオフセットキット

20189248816.jpg

 

20189248841.JPG  20189248859.JPG

 

 

装着 BMW F82 M4 純正交換 フロントgout2ピースローター装着

20189248929.JPG

 

20189248950.JPG  201892481010.JPG

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo キャリパー カラー CAMPAIGN-3

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201892214319.JPG

▲Biot brembo キャリパー カラー CAMPAIGN

 

キャリパーカラーキャンペーンの商品を発送しました。

 

今回はBNR34で、フロント6Pot-R、リアF360 Modena の組合せです。

 

オレンジゴールドに黒ロゴのご指定でした。

201892214348.JPG

▲Biot brembo キャリパー カラー CAMPAIGN

 

フロントは、スペシャルブレーキラインをセットにしてご注文いただきました。

201892214417.JPG

 

リアは、専用ブレーキラインが付属しています。

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201892214442.JPG 20189221455.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201892214529.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

 

キャンペーンは、8月末で受け付け終了させていただきました。

たくさんのご注文ありがとうございました。

 

まだ、お届けできたいない商品も多数ございますが、一日でもも早く出来るよう製作しておりますので、もうしばらくではございますがお待ちください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot 3ピースローターについて

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201881224542.jpg

▲Biot 3ピースローター

 

Biot では、リアのインナーシュータイプのパーキングブレーキ車用に、3ピースローターを販売しています。

201881224613.JPG

▲Biot 3ピースローター

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

201881224642.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

パーキングブレーキは、ほかにも片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプもあります。

20188122477.JPG

▲Biotでは片押しキャリパーにも数多くの製品を設定

 

こちらは、Biot では2ピースローターで対応しています。

 

また次回に詳しくお伝えします。

 

 

ディスクローターとベルハウジングで2ピース、それにインナーシュー用のインナードラムを追加して3ピースローターとなります。

表から見れば、2ピースローターと変わりません。

201881224742.JPG

▲Biot 3ピースローター

 

組付けボルトはÐナットタイプになっています。

20188122487.JPG

▲Biot Ðナットタイプ

 

インナーシュー部分に水の侵入を防ぐ意味があります。

 

 

裏から見ると、インナードラムが追加されていて、3ピースローターとわかります。

201881224833.JPG

▲Biot 3ピースローター

 

組付けボルトはインナードラム側から取付します。

201881224855.JPG

▲Biot インナードラム

 

 

純正のパーキングブレーキをそのまま使用できるため、車検にもそのまま通ります。

 

最近問題となった車検時の総重量の10%の増加については、同じ径では基本的に重量は増加しません。

大径化してもローターは純正比~15%程度、キャリパー交換しても、アルミ製キャリパーで軽量になりますので、車重が1.5ton~の10%には、ブレーキでは到底届きません。

 

 

このようにBiot では、商品開発を通して、車検や純正機能を十分に調べ、長く使っていただける様に考えています。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

Biot brembo キャリパー カラー CAMPAIGN-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20187319010.JPG

▲Biot brembo キャリパー カラー CAMPAIGN

 

 

早速、ご注文いただきました。

 

F50と2Pot キャリパーのセットです。

 

オレンジゴールドに黒ロゴのご指定でした。

 

201873185943.JPG

▲Biot brembo キャリパー カラー オレンジゴールド

 

詳しくは、キャリパー カラー CAMPAIGNをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot brembo キャリパー カラー CAMPAIGN

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

bremboキャリパーカラーキャンペーンのご案内です。

2018729114830.jpg 2018729114849.jpg

▲Biot brembo キャリパー カラー CAMPAIGN

 

フロント、リアのキャリパーキットを同時購入されると、キャリパーをオレンジゴールド または ゴールド に変更できます。

 

標準色は、黒です。

2018729114914.jpg

▲Biot brembo キャリパー 6Pot-R

 

通常は、左右1セットで¥20,000-、前後で¥40,000-かかりますが、キャンペーン期間中にご注文いただければ、¥0-になります。

 

F50、Modena、6Pot、2Pot キャリパーが対象です。

 

詳しくは、キャリパー カラー CAMPAIGNをご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

加工 色々-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201871522208.JPG

▲Biot ではィスクローターを素材から加工製作

 

今日は、製作部品と、新規品のプログラム製作を終日行いました。

 

朝から暑い一日で、皆さんもお疲れさまでした。

 

少ロット品や特注品のマシニング加工をいくつも行いましたが、全てプログラムでの加工ですので、思うようには進みませんでした。

2018715222033.JPG

 

 

ディスクローターは、専用のNC旋盤2台を使用して、別ラインで製作しています。

特注品の製作の際、間に入れて製作したりしています。

 

 

途中、ピロブッシュのトルク測定なども行っています。

201871522210.JPG

 

駆動トルクを、計測してデーターを収集しています。

 

メーカーによって、純正アームのクリアランスにバラつきがあるため、安定した使用条件を出すため、データー収集と圧入後の駆動トルク測定が必要です。

タイヤホイールからのカチカチ音...-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201861423451.jpg

▲アルファード 後期 Biot brembo 6Pot-R

 

走行中に、気が付いたら「カチカチ…」となった事はありませんか? 先日のホイール洗浄の続きです。

 

しばらく、お客さんに車両をお返ししていたところ、また「カチカチ…」と音がすると連絡があり、しばらくお預かりして調べることになりました。

 

前回同様、洗浄してホイールをつけて走行…、音がしなくなりました。 そのまま数日、試乗を繰り返すと、何もしていないのに「カチカチ…」と同じような音が…。

 

やたらとやっても解決しないと思ったため、少しの間、考察…。 ホイールを外すと一時的に音が消えると思いついたところで、ホイールを外して、ブレーキ周りを点検。

さらにホイールを眺めて、センターカラーが付いているのを思い出し、測ったり、ホイールやハブ側にあててみたり、かなり遊びがあり、カタカタとしている感じはある…。

201861423431.JPG

 

 

初期の装着時は、遊びがあることを認識していたため、センターカラーの内径部にグリスを塗布して装着していたのですが、「カチカチ…」にとらわれすぎ、洗浄したりを繰り返すうちに、きれいになっており、見落としていたようです。

201861423551.jpg

 

 

自分たちには、まったく関係の無い部品ですが、取付作業の一部として、取り組んでみました。

 

何か、収まっている向きや角度の様な事で、「カチカチ…」と音がしていたようです。

 

色々な音の種類もあるでしょうから、今回のお話が当てはまるかはわかりませんが、参考になればと思います。

ページ上部へ