ホーム>Biot Blog>特注製作に関する記事一覧

特注製作に関する記事一覧

Biot 特注ブレーキローター製作-5

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20188625013.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径309㎜の2ピースローターの前後セットです。

 

ローターを同じサイズで製作し、ベルハウジングの形状で前後を分けています。

 

フロントは、ハブに組付けするタイプですので、ちょっと特殊なベルハウジングになっています。

20188624949.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター フロント

 

 

リアは、車両はインナーシュータイプのパーキングブレーキですが、インナードラムは不要という注文でしたので、軽量化を重視してます。

20188624926.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター リア

 

 

純正以外のキャリパーを使用されるということでしたので、パッドの当たり面を指定していただき、設計しました。

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018862491.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

20188624831.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

詳しくは、特注ローター製作をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

加工 色々-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201871522208.JPG

▲Biot ではィスクローターを素材から加工製作

 

今日は、製作部品と、新規品のプログラム製作を終日行いました。

 

朝から暑い一日で、皆さんもお疲れさまでした。

 

少ロット品や特注品のマシニング加工をいくつも行いましたが、全てプログラムでの加工ですので、思うようには進みませんでした。

2018715222033.JPG

 

 

ディスクローターは、専用のNC旋盤2台を使用して、別ラインで製作しています。

特注品の製作の際、間に入れて製作したりしています。

 

 

途中、ピロブッシュのトルク測定なども行っています。

201871522210.JPG

 

駆動トルクを、計測してデーターを収集しています。

 

メーカーによって、純正アームのクリアランスにバラつきがあるため、安定した使用条件を出すため、データー収集と圧入後の駆動トルク測定が必要です。

Biot brembo F50 特注製作キャリパーキット BNR32

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201872104342.jpg

▲Biot brembo F50 特注製作キャリパーキット BNR32

 

BNR32のフロントブレーキ、F50キャリパーキットのローターサイズの特注製作品です。

 

Biot で設定しているサイズは、330φ、340φ、355φ、370φです。

 

お客さんの使用ホイールが、RAYSの17インチでした。

355φは装着がギリギリでクリアランスがなかったため、互換のあるディスクローターの350φを組み合わせて、350φ F50 キャリパーキットとしました。

20187210455.JPG

▲Biotディスクローター 350φ

 

 

何かを製作した訳ではありませんので、費用はほとんどかかっておりません。

 

後々、18インチに交換することもあるといわれていたため、キャリパーサポートは、340φ用にBiotの特殊なオフセットカラーを付属させ、キャリパーを外径に合わせています。

201872104532.JPG

▲Biot では発送時全品計測作業を撮影

 

 

組立したローターは、いつもと同じように、三次元測定機で精密測定を行い完成です。

201872104557.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

詳しくは、Brembo F50 4Pot キャリパーキット Lineupをご覧ください。

Biot 特注ブレーキローター製作-4

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20186160354.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径340㎜の補修用ローターです。

 

同サイズ(同径、同厚さ)ですが、既製品ラインナップと取付穴が異なっており、一部特注扱いで専用ローターを製作しました。

 

違っていた部分は、取付穴のPCD。お客さんのローターはPCD208-212の長穴タイプ、Biot製はPCD206-210の長穴です。

201861603525.JPG

 

お客さんは、自身でずいぶん調べて計測されたりして、問い合わせをいただきました。

 

確認のため、現品を預かり、計測して、特注ローターとして左右1セット製作しました。

201861603550.JPG

▲Biot では現品より採寸して製作

 

Biot では、ローター左右1セットからの特注製作を承っています。

 

詳しくは、特注ローター製作をご覧ください。

BMW E46 ALPINA B3 ブレーキ Biot brembo 装着

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201861072812.JPG

▲BMW E46 ALPINA B3 ブレーキ Biot brembo

 

BMW E46 ALPINA のブレーキ交換です。

E46 320Îに装着していたブレーキキットを移植しました。

 

リアのインナーシューのサイズが違っていたため、インナードラムを製作しました。

201861072838.JPG

▲Biot インナードラム

 

 

合わせて、再研磨して再度組み直しして装着です。

組付け後は、三次元測定機で測定しましたが、再研磨したため、制度は新品時と同等です。

201861072754.JPG

▲Biot では三次元測定機で全品精密検査

 

フロントは、F50 355φ、純正は325φからのサイズアップです。

20186107296.JPG 201861072929.JPG

 

リアは、Lotus 342φ、純正は320φでした。

201861072950.JPG 201861073010.JPG

インナーシューが大きくなっているため、320Î用のリアLotus 342φは、装着時に少し加工とシューの脱着が必要でした。

201861073718.JPG  201861073745.JPG

 

詳しくは、Biot euro フロント Brembo 4Pot F50 キャリパーキット 355φをご覧ください。

特注ブレーキローター製作-3

20183991834.JPG

▲特注ブレーキローター

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径260㎜の純正交換タイプです。

純正交換タイプですが製品ラインナップには無いサイズで、車両を持ち込んでいただくことができなかったため、お客さんの協力を得て部品をお借りして一部車両側の確認をしてもらい、設計を行いました。

純正ローターとパッドをお借りしたため、簡単な図面にします。

各部寸法に合わせて純正重量も計測します。

この図面と車両側の確認した内容から、自社規格部品を合わせていき、汎用部品や既存部品がどの程度使用できるかを検討します。

そこから、各部品を設計または一部加工する図面を作成し、製作にはいります。

2018399244.jpg

 

今回は、ローターは外径のリサイズ、ベルハウジングは既存品を一部加工して対応しました。

ベルハウジングの最大外径と純正ハブ外径に制約があったため、ローター組立ボルト(Ðナット)を特殊なものを使用しました。

Ðナットの特殊なものといっても、製作部品ではなく当社だけの規格です。

2018399257.jpg

 

このような過程で、部品が一つづつ完成していきます。 出来上がった部品は、全て三次元測定機で単品検査を行い、今後の商品開発のため重量計測も行い、資料を製作します。

20183992730.jpg20183992755.jpg

 

この資料は販売履歴と共に保存され、図面等のデーターは車種やサイズで検索できる様にしておきます。

次回、消耗部品の購入や、事故等での追加製作などへも容易に対応するためです。

 

お客さんからの注文のベルハウジングカラーやドリルドなどのオプションメニューを行います。

今回はベルハウジングカラーは標準仕様のパープル、スリットなしのご注文でした。

201839113639.jpg

 

出来上がった各部品は、組付けして、各部を再計測し、三次元測定機で精度検査を行えば完成です。

20183992221.JPG

 

世の中には無いパーツ、Biot では一つづつですが、ゼロから作り出しています。

特注ブレーキローター製作-2

201822382232.JPG

▲特注ブレーキローター

 

お客さんから、現品を預かり、計測して製作したものの完成品です。

ディスクローター、ベルハウジング、インナードラムで構成される3ピースローターになります。

今回の物は、ディスクローター部は、当社規格品で通常在庫があるものを使用しています。 新規製作したものは、ベルハウジング部のみです。 インナードラムは、当社規格品をリサイズして使用しています。 なるべく新規製作品を少なくして、製作時のコストを下げるよう、できる限りの情報をいただき、設計時に考慮します。

 

ディスクローターは、数学百種ある当社規格品をできる限り使用するように設定しますが、外径、厚さ等、合わない場合も多々ありますので、インナードラム同様当社規格品をリサイズするのを基本に設定します。

20182238236.jpg

長く使用していく間に、ディスクローターが消耗した場合に、また特注製作とならない様、出来る限り当社規格品を使用できる様に考慮しています。 出来上がった各部品は、組付けして、各部を再計測し、三次元測定機で精度検査を行えば完成です。

 

201822382340.JPG

 

特注ブレーキローター 製作!-1もご覧ください。

特注ブレーキローター 製作!-1

2018131225536.JPG

▲特注ブレーキローター

特注ブレーキローター 製作は、今使っている物を新しくしたい、軽量のものにしたい、しっかりとしたものにしたい等、色々なご希望を形に変える事ができる仕事です。メーカーが不明、メーカーが無くなっている、何かの流用品、サイズが違っている等様々です

特注ブレーキローターの製作で、お客さんからブレーキローターの現品を預かる場合です。

宅配便で、ブレーキローターとブレーキパッドを送っていただきます。

2018131225816.JPG

開封して各部を撮影、計測します。重量も計測します。

2018131225745.JPG2018131225849.JPG

 

専用の用紙に、必要最低限の計測事項を記入します。

2018131225718.JPG

画像と記入した数値、現品の再計測等を行いながら、ブレーキローターの現品の図面を書きます。 各部の干渉を考慮して、自社部品の数値を当て込んでいき、なるべく製作物が少ない様、ディスクローター(パッドと当たる部分)は次回購入される際に、Biotの通常製品(在庫部品)をご使用いただける様、何度か熟考します。

ベルハウジングの外径、取付部の形状が決まったら、最小限の製作部品を設計します。 初めに書いたブレーキローターの現品の図面と、最小限の製作部品を設計した物に通常製品(在庫部品)等を組み合わせた図面を製作し、CAD上で製品を確認します。

計測作業とリバースエンジニアリング作業で、試作部品は不要です。

そこから先は、製作部品の内容と量で製作時間は異なりますが、1~3週間程度でできあがります。

お客さんから預かったブレーキローターの現品は、当日~翌日くらいのスケジュールで、一度返却します。

2018131225629.JPG

後は、製作部品が届くのをお待ちいただくだけです。

 

続きは、特注ブレーキローター製作-2をご覧ください。

ページ上部へ