ホーム>Biot Blog>2018年11月

2018年11月

MercedesBenz W221 純正交換ローター

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181118111635.jpg

▲Biot MercedesBenz W221 純正交換ローター フロント

 

 

W221 AMG S63の純正交換フロント2ピース、リア3ピースローターです。

サイズは、フロント390φ、リア365φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

純正キャリパーは、フロント4Pot、リア2PotのAMGキャリパーが採用されています。

2018111892810.jpg

▲BiotではW221 S63のブレーキディスクローターを製造しています

 

純正ローターは、ドリルドが消えてしまっています。

純正ローターのドリルドは、貫通タイプではありませんでした。

 

201811189437.JPG

▲Benz W221 S63 フロント純正ローター

2018111894337.JPG

▲Benz W221 S63純正ローター

 

今回の仕様は、ドリルドVer.Ⅰです。 

 

2018111894358.JPG

▲Biot W221 AMG S63 純正交換2ピースローター フロント 

2018111894421.JPG

▲Biot W221 AMG S63 純正交換3ピースローター リア

 

 

Biotでは、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018111894441.JPG 201811189450.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018111811165.jpg

▲Biot 純正交換 3ピースローター リア

 

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。 

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント S63 AMG W221純正交換 Dナット 3ピースローター リア S63 AMG W221をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo F50 キャリパーキット BNR32 324φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181110144518.JPG

▲Biot brembo F50 キャリパーキット BNR32 324φ

 

純正サイズは、296φの1ピースローターです。

20181110144538.JPG

▲Biot ではBNR32用2ピースローターを製作

 

Biot では、BNR32のフロント用に326φのF50キャリパーを設定しています。

 

BNR32用には、ホイールの選択肢を多くするため、BNR32/V-Specの純正交換324φを使用したF50 キャリパーキットを設定しています。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

20181110144559.JPG

▲Biot GTR/RB26用 2ピースローター

 

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20181110144621.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20181110144638.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

350

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

bremboキャリパーの付属部品は分かりやすいように別に梱包しています。

20181110144728.JPG

 

発送時の箱の中はこんな感じです。

20181110144759.JPG

ローターとは分けて、二つの箱で発送しています。

 

詳しくは、フロント Brembo F50 4Pot 324φ スカイライン BNR32(V-Spe除)をご覧ください。

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot フロントオフセットキット TOYOTA PRIUS/プリウス 30系

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201811721230.jpg

▲Biot フロントオフセットキット PRIUS/プリウス 30系

 

純正サイズは、255φの1ピースローターです。

201811721329.JPG

▲BiotではPRIUSのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、プリウス 30系用に300φのフロントオフセットキットが設定されています。

20181172143.JPG

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

G'z18インチホイールは装着可能です。

 

今回は、BBS18インチも装着確認しています。

201811721446.JPG

▲Biotでは装着ホイールのデーターを計測

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201811721511.JPG

▲Biotでは強度確保のためオフセットステーは特殊形状で製作

 

201811721533.JPG

▲PRIUS純正ブレーキレイアウト

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201811721613.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201811721640.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

300

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

詳しくは、フロント ブレーキオフセットキット PRIUS ZVW30/35をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

商品開発 HONDA CRZ ZF-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

CRZ ZF2 MC後のブレーキパーツを製作します。

 

ZF2の2015年8月のMCが行われて、リアブレーキが電動パーキングブレーキに変更されています。

 

ローター径も259φから282φに変更されています。

2018114222634.JPG

▲CRZ ZF1/2 純正リア 259φ

 

2018114222657.JPG

▲CRZ ZF2 後期 純正リア 282φ

 

 

キャリパーの装着位置も変更されています。

 

ZF1/2はワイヤー式のパーキングブレーキ兼用片押しキャリパーでした。

2018114222945.JPG

 

ZF2は電動パーキングブレーキに変更されています。

 

2018114223011.JPG

ブレーキラインもキャリパーの上から下を通る様に変更されています。

 

ブレーキ周りを分解して、画像データーを作成し、必要な寸法、コメントを書き込みます。

ローター、キャリパー、ナックル他、必要個所を図面化します。

この作業はリバースエンジニアリングと言われており、ちょっと困難ですが、出来上がると車両が無くてもリサイズなどが簡単に行えます。

 

Biotでは、特殊な三次元測定機を所有しており、形状のトレース機能を使用して、このリバースエンジニアリングに役立てています。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

ページ上部へ