ホーム>Biot Blog>新着情報>MercedesBenz W221 純正交換ローター
新着情報

MercedesBenz W221 純正交換ローター

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181118111635.jpg

▲Biot MercedesBenz W221 純正交換ローター フロント

 

 

W221 AMG S63の純正交換フロント2ピース、リア3ピースローターです。

サイズは、フロント390φ、リア365φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

純正キャリパーは、フロント4Pot、リア2PotのAMGキャリパーが採用されています。

2018111892810.jpg

▲BiotではW221 S63のブレーキディスクローターを製造しています

 

純正ローターは、ドリルドが消えてしまっています。

純正ローターのドリルドは、貫通タイプではありませんでした。

 

201811189437.JPG

▲Benz W221 S63 フロント純正ローター

2018111894337.JPG

▲Benz W221 S63純正ローター

 

今回の仕様は、ドリルドVer.Ⅰです。 

 

2018111894358.JPG

▲Biot W221 AMG S63 純正交換2ピースローター フロント 

2018111894421.JPG

▲Biot W221 AMG S63 純正交換3ピースローター リア

 

 

Biotでは、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018111894441.JPG 201811189450.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018111811165.jpg

▲Biot 純正交換 3ピースローター リア

 

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。 

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント S63 AMG W221純正交換 Dナット 3ピースローター リア S63 AMG W221をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.biot.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/244

ページ上部へ