ホーム>Biot Blog

Biot Blog

Biot brembo キャリパー カラー-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020116224910.jpg

▲Biot brembo キャリパーカラー変更

 

Biotでは、キャリパーキットのオプションメニューとして、キャリパーカラーの変更を行っています。

 

 

標準色は黒に白文字です。

2020116224940.jpg

▲Biot brembo F360 /Modena キャリパー

 

 

 

今回は、赤への色変えを同時に沢山行いました。

 

202011622509.JPG

▲Biot brembo F360 /Modena キャリパー

 

2020116225036.JPG

▲Biot brembo 2Pot キャリパー

 

2020116225149.JPG

▲Biot brembo F50 キャリパー

 

 

カラー変更は、bremboのラインナップに準じて行っています。

キャリパーボディーが赤の場合は、文字色は通常は白ですが、まれに黒文字の指定の時があります。

Ferrariの赤いキャリパーが黒でFerrariとなっていますので、そんなイメージからのご注文かもしれません。

 

 

Biotで扱っているキャリパーは、印刷ロゴのタイプですので、同じようにロゴは印刷します。

 

ステッカーではありません。

 

特殊な塗料を使用し、乾燥用の低温窯で時間をかけて何度も乾燥させ、塗装の硬度を確保しています。

 

 

乾燥したキャリパーは、丸一日自然乾燥させてから、表面をバフ仕上げで磨きます。

小さなホコリ等も取り除き、bremboより入荷した状態以上の仕上がりで、それぞれのご注文頂いたお客さんへ発送しています。

 

ローターやベルハウジングの製作と同様に、キャリパーカラー変更も自社で行います。

2020116225239.JPG

▲Biot brembo キャリパーカラー変更

 

 

【関連記事】当ブログの中の「bremboキャリパー」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

bremboキャリパーの入荷-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020116105051.JPG

▲bremboキャリパー

 

Biotでは、bremboキャリパーを扱っています。

bremboキャリパーと言っても様々で、何百種類もある中のほんの一部を使って製品作りを行っています。

 

 

キャリパー単体は、すぐにあるものではありません。

また、現状はキャリパー単体を購入することはできないです。

 

半年~1年くらい前にオーダーした物が今、届くといった感じです。

2020116105456.JPG 2020116105522.JPG

 

それも1setなどでは作ってもらうことはできません。

来月も、再来月も必要ですので、計画してそれなりの数と時期で製作依頼を行っています。

 

bremboキャリパーはGTキットと呼ばれるものと、Biotで製作している物とが存在しています。

Biotでbremboキャリパーのみを使用し、その他ローター、パッドなどは自社設計、自社規格で設計して販売しています。

ディスクローター、パッドを自社規格で製作することで、大容量キャリパー交換時の鳴き、ダストの発生などに、全く違う角度での製品創りを行っています。

 

一番の違いは、ローターの材質です。

低ダストと鳴きに対応するためBiotでは試行錯誤を繰り返し、自社ブランドのブレーキディスクを製作しています。

 

Biotでは細かなサイズ設定や常時日本国内にある車両に対しては新しい製品を作りだしています。

細部の特注対応、設定の無い商品の新規製作、ご注文製品の短納期、補修部品の供給なども安定して行っています。

2020116105659.jpg 

▲Biot補修用ローター

 

Biotでは、キャリパーをある程度の単位で購入するため、送られてきたときの状態は、一般的な工業製品の様にまとめて梱包されて届きます。

202011610543.JPG

▲Biotではbremboキャリパーを検品

 

パッドも付属してきますので、パッド、ピン、クロススプリングを取り外し、傷等を確認して、一台分に分けてBiot 部品コードを付けて、在庫管理を行います。

2020116105327.JPG

▲Biotではbremboの各部品を個別在庫管理

 

付属のブレーキパッドは、ダストの問題で当社では使用しません。

2020116105250.JPG

▲Biotでは低ダストパッドを付属

 

キャリパーカラー変更をしない場合は、バフ仕上げを行い、入荷時以上の状態で発送しています。

2020116105129.JPG

▲Biotではキャリパーのバフ仕上げ

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

特注ブレーキローター-9

 こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202011224430.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径323㎜の2ピースローターです。

お車は、Audi TT 8J、PCD112/5Hです。

 

ご来店いただいてのご依頼でした。

現車は確認できませんので、お持ち頂いた現品を元に簡単な図面を書いて、確認をいただき進めました。

202011224457.JPG

▲Biotではレイアウト図面を作成

 

 

承認をいただいたからといって、装着できないものを製作しては、お受けする仕事として成立しませんので、こちらでは十分に考慮してお客様の負担を減らした内容で進行している感じになります。

 

ローター本体は、ホームページに記載されている他にもかなり設定があります。

その中から選んで使用する方が、次回ローターが消耗した際にも、安価で早くローターを購入いただくことができます。

もちろん適合が無い場合には、単品でも製作することは可能です。

今回は、ローター本体(補修用ローター)は、Biotの既存品の中から選択していただいて、ベルハウジングのみを製作しました。

202011225117.jpg

▲Biot 補修用ローター BR.R3.328-28

 

 

ご確認いただいた簡単な承認用図面を元に、ベルハウジングは、車種からハブ外径を考慮して、装着可能な形状と寸法で設計します。

202011224530.JPG

▲Biotでは特注ベルハウジングを製作

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

202011224558.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

202011224624.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて発送しました。

20201122470.JPG

▲Biotでは取扱説明書を付属

 

詳しくは、特注ローター製作についてをご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

車検時のブレーキ検査について。

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

一昨年位から、少しづつ車検時に『ブレーキについて、問われる』といった問い合わせを頂くようになりました。

 

品川にある関東陸運支局に問い合わせたところ、現状では。これと言った決まりがあるわけではなく、『車検時に何をどう交換しているのかが分からない事がある』という事で、わかることが一番といった感じでした。

 

Biotでは、色々検討して、「製品性能証明書」として、資料を作り始めました。

ご依頼いただけば、お買い上げいただいたお客さんに対して、各キット毎に1部の資料として製作します。

 

今のところ、全国の陸事で、統一の見解があるわけではありませんので、基本で作成した資料に、追加で問われた項目を付け足して再作成をしたりしながら作業を行う事もあります。

 

詳しくは、継続車検時のブレーキ性能証明についてをご覧ください。

今年一年、ありがとうございました。

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

今年度は、内製加工用の新規工作機械を2台導入することができ、大半を機械を使った技術導入に費やしていた一年だった感じです。

 

また、来年度より、新しい製品創りに励んでいきたいと思います。

 

皆様、良いお年をお迎えください。

 

 

 

2019123194823.jpg

Biot gout 純正交換2ピースローター BMW F8# M3/M4 フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191229195042.JPG

▲BMW F82 M4 Biot フロントブレーキローター

 

BMW M4の純正交換2ピースローターです。

 

サイズは、フロント380φで、純正交換タイプですので外径は純正と同じです。

ローターの厚さは、テストの結果等で、純正T=30をT=32にして設定しています。

装着と使用上の問題はありません。

 

 

耐久性の向上が目的です。 純正キャリパーは、フロント4Potのbremboキャリパーが採用されています。

2019122919522.JPG

▲BiotではBMW M3/M4のブレーキディスクローターを製造しています

20191229195224.JPG

▲Biot gout 純正交換2ピースローター

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

20191229195015.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

M3/M4のフロントディスクブレーキは、パッドハイトが大きいため、ベルハウジングの外径が設定時の問題となります。

2019122919547.JPG

 

専用のディスクローター、ベルハウジングを設定し、製品化しています。

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20191229194948.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

詳しくは、 純正交換 gout 2ピースローター フロント BMW F80/82 M3/M4をご覧ください。

20191229195328.jpg

▲Biot gout 純正交換2ピースローター Ver, ZERO

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot フロントオフセットキット HONDA CRZ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191228233155.jpg

▲Biot フロントオフセットキット  HONDA CRZ

 

純正サイズは、296φの1ピースローターです。

20191228233221.JPG

▲BiotではCR-Zのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、CRZ用に300φのフロントオフセットキットが設定されています。

20191228233254.JPG

▲Biot2ピースローター

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

Biot 独自の発想で設計されたフロントオフセットステー、補強プレートを併用させて高剛性を実現しています。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

20191228233335.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2019122823343.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20191228233428.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

20191228233455.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20191228233522.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20191228233554.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、フロント ブレーキオフセットキット CR-Z ZF1をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ドリルドローター キャンペーン

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191228222947.jpg

▲Biot キャリパーキット ドリルドローター キャンペーン

 

純正交換ローター、オフセットキット、bremboキャリパーキットを期間中/2019.12.10~2020,1,30にご購入されると、オプションメニューのドリルドVer,1またはVer, 2が無料でお選びただけます。

 

詳しくは、Biotサイト内注文限定キャンペーンDRILLEDご覧ください。

2019122822319.JPG

▲Biot ドリルド Ver,1

20191228223144.jpg

▲Biot ドリルド Ver,2

 

 

Biot リアオフセットキット S14/S15 320φ スチールベルハウジング

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191228205936.jpg

▲ Biot リアオフセットキット S14/S15 320φ スチールベルハウジング

 

 

これまで、1ピースローターのリアオフセットキット320φを販売していましたが、仕様変更を行いました。

スチール製のベルハウジングを新規設定し、Ðナットタイプの2ピースローターとして販売しています。

201912282106.JPG

▲Biot スチール2ピースベルハウジング

 

価格は、車種によって多少異なりますが、1ピースローターのキットとほとんど変更ありません。

ローターの消耗時は、補修用ローターをご購入いただき、組替して使用することができます。

 

1ピースローターのキットとは異なり、2ピースローターでは組立ボルトがキャリパーに干渉するため、特殊な加工を行っています。

2019122821041.JPG

▲Biotでは専用ローターを製作

 

純正サイズは、297φの1ピースローターです。

201912282118.JPG

▲Biot ではシルビアのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biot では、320φのリアオフセットキットが設定されています。

2019122821138.JPG

▲Biot 補修用ローター 330-10

 

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

2019122821523.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

2019122821213.JPG

▲シルビア純正ブレーキラインレイアウトリア

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。 

2019122821241.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2019122821334.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201912282143.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2019122821431.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属 

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット スチールベル2Pローター S14/S15をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

【関連記事】当ブログの中の「日産シルビア」に関する記事一覧

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot フロントオフセットキット NISSAN S14/S15

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191228181211.jpg

▲Biot フロントオフセットキット S14/S15

 

 

純正サイズは、280φの1ピースローターです。

20191228181240.jpg

▲Biotでは日産シルビアのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、S14/S15用に310φのフロントオフセットキットが設定されています。

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

20191228181320.JPG

▲Biot 2ピースローター

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20191228181352.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20191228181427.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

2019122818150.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20191228181550.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20191228181620.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

 

詳しくは、フロント ブレーキオフセットキット シルビア S14/S15をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「日産シルビア」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

 
ページ上部へ