ホーム>Biot Blog

Biot Blog

Biot 純正交換2ピースローター TOYOTA MarkX G's

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

2019221870.jpg

▲Biot 純正交換2ピースローター TOYOTA MarkX G's

 

マークX G'sの純正交換フロント2ピースローターです。

 

サイズはフロント356φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

純正キャリパーは、フロント4Potキャリパーが採用されています。

 

他のマークXは、同じ4Potキャリパー車ですが、334φの設定です。

20192218727.JPG

▲BiotではMarkXのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

20192218749.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

20192218814.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20192218837.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、 純正交換 gout 2ピースローター フロント GRX133 G'sをご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201921273757.jpg

▲Ferrari 512TR Biot サスペンションキット製作

 

 

 

フェラーリ 512TRのサスペンションの特注製作の依頼で、お車をお預かりしています。

 

前後ともWウイッシュボーンタイプのサスペンションです。

 

 

フロントは4Pot キャリパーでショックは結構斜めにレイアウトされています。

201921273820.JPG

▲Ferrari 512TR フロントブレーキ

201921273841.JPG

▲Ferrari 512TR フロントサスペンションレイアウト

 

リアは、片側2本のショックが付いていて、1台分では6本の構成になています。

20192127390.JPG

▲Ferrari 512TR リアサスペンションレイアウト

 

 

 

車高、コーナーウエイト、アライメント、1G/0Gのショック全長等を計測して、サスペンションを分解します。

単体計測、取付部形状等、細かく計測して、リバースエンジニアリングで必要部分を図面化します。

 

 

 

201921273919.JPG

▲フェラーリ 512TR Biot サスペンションキット製作

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

関連記事】当ブログの中の「Ferrari」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 純正交換ブレーキライン 日産 FUGA

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20192795841.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン 日産 FUGA

 

純正で特殊な形状の多い日産車でも、更にFUGAは特殊な物となっています。

20192710327.JPG

▲NISSAN FUGA 純正ブレーキライン

 

FUGAの中でも 型式、年式で本数が異なっていたり、ジョイント部が異なっていたりと様々です。

20192710353.JPG

▲NISSAN FUGA 純正ブレーキラインレイアウト

 

 

 

20192710428.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン 日産 FUGA

 

 

 

Biotでは、それぞれに専用部品を製作して、純正と同等に装着できるように設定しています。

20192710449.JPG

▲Biotではブレーキラインブロックを設定

2019271055.JPG

▲Biotでは中間ジョイントを設定

 

 

 

組み立て後のブレーキラインは、全て耐圧検査を行ってから出荷しています。

20192710531.JPG

▲Biotではブレーキライン全品の耐圧検査を実施

 

 

詳しくは、純正交換ブレーキラインをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「ブレーキライン」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Porsche 993RS 純正交換2ピースローター フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20192451641.jpg

▲Porsche 993RS 純正交換2ピースローター フロント

 

ポルシェ993 RS の純正交換2ピースローターです。

サイズは322φ T=32、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

純正キャリパーは、brembo製の993専用4Potキャリパーが採用されています。

2019245175.JPG

▲BiotではPorsche のブレーキディスクローターを製造しています

 

20192451738.JPG

▲Biot gout 純正交換2ピースローター

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2019245180.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

20192451821.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20192451842.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

Porscheのローターを設定する際、純正ハブ外径が大きいのと、パッドハイトが大きく当たり面が広いため、ブロックナットではなくローター組付け部の寸法が小さいÐナットタイプが採用されています。

 

詳しくは、純正交換 Dナット 2ピースローター フロント 993 turbo/RSをご覧ください。 

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo 6Pot-R GDB フロント 355φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201921233748.JPG

▲Biot brembo 6Pot-R GDB フロント 355φ

 

純正サイズは326φの1ピースローターです。

201921233812.JPG

▲Biot では専用2ピースローターを製作

 

Biot では、GDBのフロント用に355φの6Potキャリパーを設定しています。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。 

201921233849.JPG

▲Biot 専用2ピースローター

 

ベルハウジングカラーはオプションのダークグレーです。

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201921233923.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201921234011.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201921234036.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20192123411.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「SUBARU」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

NISSAN ER34 純正交換2ピースローター フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191277322.JPG

▲NISSAN ER34 純正交換2ピースローター フロント

 

日産スカイライン ER34の純正交換2ピースローターです。

サイズは、フロント310φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

 

純正キャリパーは、日産4Potの対向キャリパーが採用されています。

201912773229.JPG

▲BiotではER34のブレーキディスクローターを製造しています

 

201912773252.JPG

▲Biot gout 純正交換2ピースローター ER34 フロント

 

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

201912773317.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

201912773341.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201912773412.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、 純正交換 gout 2ピースローター フロント ER34をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

NISSAN エクストレイル TNT31 フロント brembo F50 キャリパーキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

少し前に商品開発で計測等を行ったエクストレイルTNT31のフロントブレーキの装着です。

201912391238.jpg

▲エクストレイル TNT31 フロント brembo F50 キャリパーキット

 

純正サイズは、296φの1ピースローターです。

20191239139.JPG

▲BiotではTNT31のローターを製作

 

Biot では、エクストレイルのフロント用に330φの4Pot/F50 キャリパーを設定しています。

201912391050.jpg

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

201912391338.JPG

▲Biotではエクストレイルの2ピースローターを製作

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

 

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

エクストレイルのブレーキラインは、フロントのボディー側のジョイントが左右で形状が異なっています。

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201912391412.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201912391449.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

201912391515.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201912391559.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

HONDA Civic EK9 Biot brembo F360/Modena フロント 330φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2019119224929.jpg

▲F360/Modena 4Pot brembo/ブレンボキャリパー

 

純正サイズは、282φの1ピースローターです。

2019119224957.JPG

▲BiotではCivic EK9用の2ピースローターを製作

 

Biot では、HONDA Civic EK9のフロント用に300φのF360/Modenaキャリパーを設定しています。

2019120235847.jpg

▲シビック EK9 Biot brembo F360/Modena フロント 330φ

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

2019119225047.JPG

▲Biot EK9 brembo用 2ピースローター

 

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2019119225113.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2019119225134.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

2019119225154.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

計測が終わった部品は、それぞれに分けて梱包しています。

2019119225215.JPG

▲Biot brembo 付属部品

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2019119225237.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

 

Biot では、フロントF360 とリアオフセットキット 320φの組合せをお勧めしています。

 

詳しくは、フロント Brembo 4Pot Modena キャリパーキット 330φをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 純正交換ローター SUBARU GVB S206

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2019116163710.JPG

▲Biot 純正交換ローター SUBARU GVB S206

 

インプレッサ GVB S206の純正交換2ピースローターです。

 

サイズは、フロント340φ、リア330φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

2019116163742.JPG 201911616380.JPG

純正ローターは、フロント2ピース、リア1ピースローターになっています。

 

純正キャリパーは、フロント6Pot、リア4Pot のbremboキャリパーが採用されています。

2019116163833.JPG

▲BiotではGVBのブレーキディスクローターを製造しています

 

 

400

▲Biot gout 純正交換2ピースローター

2019116163926.jpg

▲Biot 純正交換3ピースローター

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

201911616401.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

 

2019116164129.JPG

 

 

2019116164047.JPG

▲純正交換 3ピースローター リア

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント GVB/S206純正交換 Dナット 3ピースローター GVB S206(brembo4Pot)をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ブレーキオフセットキット Porsche 981 Cayman GTS フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

2019112111020.jpg

▲Biot フロントオフセットキット 981 Cayman GTS

 

純正サイズは、330φの1ピースローターです。

2019112111046.JPG

▲Biotではケイマン GTSのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、981 Cayman GTS用に355φのフロントオフセットキットが設定されています。

2019112111127.JPG

▲BiotではCaymanの純正データーを計測

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

2019112111159.JPG

▲Biotではケイマンの純正部品を図面化

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2019112111233.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201911211137.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2019112111345.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキット Porsche Cayman 981 GTSをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

ページ上部へ