ホーム>Biot Blog

Biot Blog

Biot フロントオフセットキット GTR BNR34

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018821224418.jpg

▲Biot フロントオフセットキット GTR BNR34

 

 

純正サイズは、324φの1ピースローターです。

2018821224454.JPG

▲Biot では、BNR3434のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

Biot では、BNR34/RB26用に大径化大径化した専用の360φのフロントオフセットキットが設定されています。

2018821224518.JPG

▲Biot フロントオフセットキット GTR BNR34

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

2018821224548.JPG

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018821224618.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

フロントには、スチールパイプを取り外して装着する専用のSpecialブレーキラインもご用意しています。

2018821224652.JPG

▲Biot Specialブレーキライン

 

装着後は、360φローターで18インチホイールも一杯になります。

 

2018821225736.JPG

▲Biot フロントオフセットキット GTR BNR34 装着車

 

 

 効きも、純正bremboキャリパーを最大限に生かし、キャリパー交換に劣らないレベルになります。

 

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

また、専用のBiot Specialブレーキラインもご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

GTR RB26 BNR34 リアオフセットキット 330φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201881923647.jpg

▲GTR RB26 BNR34 リアオフセットキット 330φ

 

 

純正サイズは、MC前で300φの1ピースローターです。MC後は322φになっています。

201881923712.JPG

▲Biot ではGTRのブレーキディスクローターを製造しています

 

BCNR33、BNR32/V-Specは共通です。

 

Biot では、330φのリアオフセットキットが設定されています。

201881923736.JPG

▲GTR RB26 BNR34 リアオフセットキット 330φ

 

オフセットステーは特殊な形状で、左右対称になっています。

201881923759.JPG

▲Biot ではオフセットステーを内製加工

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018819231127.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

201881923833.JPG

▲Biot3ピースローター

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201881923857.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2018819231020.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

201881923953.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2018819231046.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット-5

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201881901356.jpg

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット

 

 

純正サイズは、300φの1ピースローターです。

201881901731.JPG

▲Biot では専用2ピースローターを製作

 

以前にも、製品化までの製作過程を何回かに分けてご紹介してきたリアのツインキャリパーキットです。

 

いくつか修正、変更を行い、ご注文いただいた分の発送を開始しています。

 

ローターは、オプションのドリルドローターです。

 

パーキングブレーキは電動パーキングブレーキ式で、片押しキャリパーをパーキングブレーキ専用で使用しますので、車検も問題ありません。

 

メインキャリパーは、brembo製の2Pot キャリパーを装着します。

20188190181.JPG

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

 

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをフロントのみでお求めいただけます。

201881901823.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201881901851.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

201881901914.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201881901942.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201881902025.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

ツインキャリパーキットは、部品点数も多く、いくつかのパーツの移動や、電動パーキングブレーキの解除、パッド厚の調整など、たくさんの説明がないと簡単には装着できません。

 

初めての場合でも安心して作業が行えるよう、Biotでは、商品開発と同時に詳しい取付説明書、取扱説明書を製作し、全ての製品に付属させています。

 

 

Biot では、LEVORGにはフロント4Pot /F50 とリア2Pot 350φの組合せをお勧めしています。

 

詳しくは、リア Brembo 2Pot ツインキャリパーキット 350φ LEVORGをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

SUBARU レガシィ BP5 Biot bremboキャリパー 装着

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018817225428.JPG

▲SUBARU レガシィ BP5 Biot bremboキャリパー 装着

 

SUBARU レガシィ BP5 で、キャリパーキットを装着しました。

 

 

 

フロントは6Pot-R 355φです。

2018817225450.JPG

▲SUBARU レガシィ BP5 Biot brembo 6Pot-R フロント

 

他社製キットからの交換です。 キャリパーサポートはスチール製でした。

2018817225513.JPG

 

 

 

 

リアは、4Pot /F360 355φです。

2018817225535.JPG

▲SUBARU レガシィ BP5 Biot brembo 4Pot /F360 リア 

 

リアもフロントと同様、他社製からの交換です。

2018817225555.JPG

 

パーキングブレーキ用のインナーシューは、さらに違うメーカーに変更されていました。

2018817225613.JPG

 

 

リアナックルは、特殊な形状ですので、キャリパーサポートも干渉部を逃げる形状で設定しています。

2018817225631.JPG

▲Biot では各車専用部品を製作

 

 

雪道を走ることが多いということで、塩害の影響もあり、何度かキャリパーオーバーホールとローター交換を行っていたそうです。

 

今回は、オーバーホールではなく、全てを一新して装着しました。

2018817225655.JPG

▲Biot brembo 装着車

2018817225720.JPG

▲Biot brembo 装着車

 

詳しくは、フロント Brembo 6Pot Type-R 355φ、リア Brembo Modena 4Pot キャリパーキット 355φをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot リアオフセットキット NISSAN S14 S15 330φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201881751347.jpg

▲Biot リアオフセットキット NISSAN S14 S15 330φ

 

純正サイズは、297φのソリッドタイプの1ピースローターです。

201881751413.JPG

▲Biot ではS14/S15のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

Biot では、330φのリアオフセットキットが設定されています。

201881751441.JPG

▲Biot リアオフセットキット NISSAN S14 S15 330φ

 

 

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

20188175158.JPG

▲Biot 2ピースソリッドローター

 

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

201881752849.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201881751545.JPG

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

 

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201881751614.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測 付属品、

 

オフセットステーは重量を計測しています。

201881751642.JPG 20188175172.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201881752316.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201881751734.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot リアオフセットキット S2000 AP1/AP2 330φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018811153422.JPG

▲Biot リアオフセットキット S2000 AP1/AP2 330φ

 

純正サイズは、282φの1ピースローターです。

2018811153449.JPG

▲Biot では、S2000のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biot では、330φと342φのリアオフセットキットが設定されていますが、今回は330φのご紹介です。

2018811153516.JPG

▲Biot リアオフセットキット S2000 AP1/AP2 330φ

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

 

12㎜厚のソリッドローターです。

2018811154011.JPG

▲Biot ではソリッドローターを製作 

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

2018811154050.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

 

 

17インチホイールには、330φの前後セットのオフセットキットが定番商品となっています。

2018811153611.JPG

▲Biotは S2000 純正ホイールに対応

 

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018811153633.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

 

オフセットステーは重量を計測しています。 

2018811153830.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わった、三次元測定機で精密測定を行います。

2018811153855.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2018811153920.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

リア ブレーキ オフセットキット スチールベルハウジング! 追加発売 S2000もご覧ください。

S2000 AP1/AP2 Biot 純正交換 gout 2ピースローター 硬質アルマイト仕様

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20188102257.JPG

▲S2000 AP1/AP2 Biot 純正交換 gout 2ピースローター フロント

 

硬質アルマイト仕様の純正交換2ピースローターです。

 

サイズはフロント300φ、リア282φです。

 

スタンダードカラーは、パープルですので、オプションメニューの硬質アルマイトでのご注文でした。

201881022538.JPG

▲S2000 AP1/AP2 Biot 純正交換 gout 2ピースローター リア

 

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

 

20188102269.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201881022649.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローターをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot フロントオフセットキット S2000 AP1/AP2 342φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201889231235.JPG

▲Biot フロントオフセットキット S2000 AP1/AP2 342φ

 

純正サイズは、300φT=25の1ピースローターです。

201889231316.JPG

▲Biot では、S2000のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

この前の330φのフロントオフセットキットで少しだけご紹介した342φのフロントオフセットキットです。

 

こちらのキットは、18インチ以上のホイールが必要です。

 

342φもブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201889231342.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201889231410.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測 付属品、

 

オフセットステーは重量を計測しています。

201889231515.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わった、三次元測定機で精密測定を行います。

201889231550.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201889231615.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot フロントオフセットキット S2000 AP1/AP2 330φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201886223636.jpg

▲Biot フロントオフセットキット S2000 AP1/AP2 330φ

 

 

純正サイズは、300φT=25の1ピースローターです。

201886223611.JPG

▲Biot では、S2000のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biot では、330φのフロントオフセットキットが設定されています。

ほかに342φのフロントオフセットキットも設定があります。

201886223549.JPG

▲Biot フロントオフセットキット S2000 AP1/AP2 330φ

 

AP1/AP2共通で、Biot 製のディスクローターに交換できるキットです。

 

17インチホイールには、330φの前後セットのオフセットキットが定番商品となっています。

20188622350.JPG

▲Biotは S2000 純正ホイールに対応

 

 

標準仕様はスリットローターです。

 

Biot 独自の発想で設計されたフロントオフセットステー、補強プレートを併用させて高剛性を実現しています。

 

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201886223327.jpg

Biot 純正交換ブレーキライン

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20188622333.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わった、三次元測定機で精密測定を行います。

201886223241.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201886223214.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot 特注ブレーキローター製作-5

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20188625013.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径309㎜の2ピースローターの前後セットです。

 

ローターを同じサイズで製作し、ベルハウジングの形状で前後を分けています。

 

フロントは、ハブに組付けするタイプですので、ちょっと特殊なベルハウジングになっています。

20188624949.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター フロント

 

 

リアは、車両はインナーシュータイプのパーキングブレーキですが、インナードラムは不要という注文でしたので、軽量化を重視してます。

20188624926.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター リア

 

 

純正以外のキャリパーを使用されるということでしたので、パッドの当たり面を指定していただき、設計しました。

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018862491.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

20188624831.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

詳しくは、特注ローター製作をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

ページ上部へ