ホーム>Biot Blog

Biot Blog

Biot リアオフセットキット Audi A4/B8 355φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201961352956.JPG

▲Biot リアオフセットキット Audi A4/B8

 

純正サイズは、300φの1ピースローターです。

20196135317.JPG

▲Biot ではアウディ A4/B8のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biot では、355φのリアオフセットキットが設定されています。

201961353222.JPG

▲Biot リアオフセットキット Audi A4/B8

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

201961355459.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

Audi A4/B8は、電動パーキングブレーキになっています。

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正は使用できませんので、Biot製の純正交換リア用をご購入いただくか、別途製作等で対応いただくようになります。

純正交換ブレーキラインは、1台分も販売しておりますが、リア用のみのご購入も可能です。

201961353334.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201961353413.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201961353511.JPG

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201961353611.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201961353543.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット Audi A4 B8 2.0T/3.2quattroをご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「Audi」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

 

Porsche 981 Cayman GTS Biot オフセットキット 装着

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201952981046.jpg

▲Biot オフセットキット装着

 

 

Biot では、ご来店いただけるお客さんに、Biot製品の取付作業を行っています。

Porsche 981 Cayman GTSに、オフセットキットを前後で装着しました。

201952981224.JPG

▲Biot フロントオフセットキット 355φ

201952981254.JPG

▲Biot リアオフセットキット 324φ

 

 

オプションメニューで、ドリルドVer. Ⅰと硬質アルマイト仕様です。

元々装着されていたホイール専用のスペーサーも同じように取付しました。

201952981320.JPG

▲Biot フロントオフセットキット 355φ 

201952981345.JPG

▲Biot リアオフセットキット 324φ

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「Porsche」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-3

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20195584357.jpg

▲Ferrari 512TR Biot サスペンションキット

 

 

 

完成したサスペンションキットの装着です。

 

20195584427.JPG

▲Ferrari 512TR Biotサスペンション取付 フロント

 

20195584457.JPG

20195584516.JPG

▲Ferrari 512TR Biotスペンション取付 リア

 

 

 

サスペンションの取り付け部も検討時に確認した通りに設計して装着です。

 

20195584620.JPG 20195584648.JPG

▲Ferrari 512TR Biotサスペンション取付部 フロント

 

 

20195584719.JPG 20195584740.JPG

▲Ferrari 512TR Biotサスペンション取付部 リア

 

 

 

リアサスペンションの調整ノブはエンジンルーム内にあり、フレームの中になってしまうため、Biot製延長ケーブルで適切な位置へ伸ばします。

2019558488.JPG

▲Biot調整用延長ケーブル装着

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

詳しくは、サスペンションキット leger Ferrari 512TR をご覧ください。

 

 

【関連記事】当ブログの中の「Ferrari」に関する記事一覧

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-1Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-2もご覧ください。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

取付後の点検作業 bremboキャリパー クラウン AWS210

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20195555441.jpg

▲TOYOTA CROWN AWS210 Biot brembo/ブレンボ 装着車

 

先日、商品開発車で装着した、クラウン 21系の装着後点検作業です。

 

取付ボルト、ブレーキライン等の締め付け確認と各部の漏れ点検を行いました。

 

ブレーキオイルのエア抜き作業を行いました。

ハイブリッド車でしたので、リアブレーキは診断機を使用してポンプを駆動させてブレーキのエア抜き作業を行います。

2019555559.JPG 20195555531.JPG

▲Biotでは診断機を使用して作業

 

 

エア抜きですのでブレーキオイル交換とは違い、キャリパー部のオイル内のエアーがたまっているかの確認程度です。

ごく少量ですが、エアーが出てくる場合があります。

キャリパー内は装着時にいくらエア抜き作業を行っても、ピストンの周りや配管の繋ぎ目などに小さな気泡が溜まりやすく、一度で全てが抜けるとは限りません。

ですので、装着後、慣らし運転を兼ねて100~200㎞程一般走行を行った後、このエア抜き作業を行うと、ごく少量のエアーが出てペダルタッチが本来の状態へと戻ります。

 

 

 

エア抜き作業を行った後は、水でオイルを流し、ブリードボルト(エア抜きのバルブ部)のねじ部に残ったブレーキオイルをエアーでできる限り除去しておくと、塗装の縮れ等が発生しません。

201955628.JPG

▲Biotではエア抜き後にキャリパーを洗浄

 

 

Biot で装着作業をされる場合は、慣らし後(1~2週間後)にご来店いただきますが、装着後点検作業を行っています。

 

大半は、初めてブレーキを交換されるお客さんで、色々質問や気になる事を、何度か車両をお預かりする時やこの点検作業の中で説明して理解してもらう事も、販売や装着作業を行う事として取り組んでいます。

 

 

 

20195561727.JPG 20195561753.JPG

 

 

【関連記事】当ブログの中の「TOYOTA」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Porsche 964カレラ 純正交換2ピースローター フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201954184332.jpg

▲Porsche 964カレラ 純正交換2ピースローター フロント

 

ポルシェ 964カレラの純正交換2ピースローターです。

サイズは、フロント298φの純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

201954184515.JPG

 

純正キャリパーは、フロント4PotのPorsche専用のbremboキャリパーが採用されています。

201954184357.JPG

▲BiotではPorsche 964 Carreraのブレーキディスクローターを製造しています

 

 

201954184423.JPG

▲Biot 純正交換2ピースローター

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

201954184451.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

Porscheのローターを設定する際、純正ハブ外径が大きいのと、パッドハイトが大きく当たり面が広いため、ブロックナットではなくローター組付け部の寸法が小さいÐナットタイプが採用されています。

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

201954184554.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201954184617.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot 2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

詳しくは、純正交換 Dナット 2ピースローター フロント 964 NAをご覧ください。

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになりますが、インナーシューの径、パッド当たり面等の問題で、3ピースローターの製品化はできません。

リアブレーキは、ローター径を純正299φを330φに変更するリアブレーキオフセットキットをご利用ください。

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット Porsche 964 3.6L NA カレラ2リア ブレーキオフセットキット Porsche 964 3.6L NA カレラ4をご覧ください。

 

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo F50 VolksWagen TheBeetle 340φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201942035246.JPG

▲VW TheBeetle brembo/ブレンボ F50

 

純正サイズは、312φの1ピースローターです。

201942035347.JPG

▲Biot ではBeetleの専用2ピースローターを製作

 

Biot では、ワーゲン ザ・ビートルのフロント用に340φのF50 キャリパーを設定しています。

201942035444.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

 

標準仕様はスリットローターです。 アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201942035543.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20194203567.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

201942035635.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201942035950.jpg

▲Biotでは三次元測定機で精密測定

 

詳しくは、Brembo 4Pot F50 キャリパーキット Lineupをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

20194204034.jpg

▲F50 brembo キャリパーキット装着車

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

LEXUS RCF Biot 純正交換 フロントローター

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201949115734.jpg

▲LEXUS RCF Biot 純正交換 gout 2ピースローター フロント

 

レクサス RCF フロント用の純正交換2ピースローターです。

 

サイズは380φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

20194911583.JPG

▲LEXUS RCF 純正フロントブレーキ

 

ベルハウジングの外径の設定に制約があるため、組立時にも再計測を行います。

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

201949115824.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

このディスクローターも、車種専用品となっており、汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201949115850.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント LEXUS RC-Fをご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

Biot 補修用ローター 356φ T=30

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201949113854.jpg

▲Biot 補修用ローター 356φ

 

Biot 補修用ローターです。

 

サイズは、356φ 厚さ30㎜、取付穴は206/210の8×10の長穴タイプになります。

 

当社の製品の交換ではなく、特注製作の問い合わせで、近いサイズでも良いという事でしたので、設定しているローターの中から近いものをご案内してご購入いただきました。

 

Biotでは、ローター、ベルハウジングなど、内製化を行っており、現在では設定している補修用ローターは150種類以上にもなりました。

 

近日中に、補修用ローターの新しいカタログも出来上がります。

 

当社製品以外でも、適合するものを見つけやすくしたり、特注製作の流れや、目安の金額などをアイテムと共に掲載しています。

 

補修用ローターは、製作時に全品三次元測定機で表面、裏面共に計測して、表面処理を行ったあと、当社の在庫倉庫へ並んでいます。 

201949113921.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

ご注文頂いたあと、外径、厚さ、組み立て部、左右確認等を行って、発送しています。

201949114033.JPG 201949114054.JPG

 

201949114120.JPG 201949114227.JPG

発送時は、簡単な計測ですが、似ているサイズのローターも沢山ありますので、その製品の間違いがないところまでを確定します。

 

組み立てに関しては、組替説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201949113952.JPG

▲Biotでは製作後、全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、Biot 補修用ローター(L.R/1SET)をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 特注ブレーキローター製作-6

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201932882430.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径323㎜の2ピースローターです。

お車は、ワーゲン Polo GTI、PCD100/5Hです。 少し遠方からのご依頼でした。

現車と現品は確認できませんので、頂いた情報を元に簡単な図面を書いて、確認をいただき進めました。

201932882457.JPG

▲Biotではレイアウト図面を作成

 

余り細かな確認事項があると大変ですので、頂いた情報から、最小限の選択部分と確認事項をお知らせして、図面で承認をいただきます。

承認をいただいたからといって、装着できないものを製作しては、お受けする仕事として成立しませんので、こちらでは十分に考慮してお客様の負担を減らした内容で進行している感じになります。

 

ローター本体は、ホームページに記載されている他にもかなり設定があります。

その中から選んで使用する方が、次回ローターが消耗した際にも、安価で早くローターを購入いただくことができます。

もちろん適合が無い場合には、単品でも製作することは可能です。

 

今回は、ローター本体(補修用ローター)は、Biotの既存品の中から選択していただいて、ベルハウジングのみを製作しました。

201932882536.jpg

▲Biot 補修用ローター BR.R3.323-24

 

ご確認いただいた簡単な承認用図面を元に、ベルハウジングは、車種からハブ外径を考慮して、装着可能な形状と寸法で設計します。

201932882615.JPG

▲Biotでは特注ベルハウジングを製作

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

201932882644.JPG 20193288276.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

 

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

 

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201932882744.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて発送しました。

 

詳しくは、ワンオフ製作についてをご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S 17インチ車

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201932483158.jpg

▲Biot リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S 17インチ車

 

純正サイズは、314φの1ピースローターです。

 

201932483344.JPG

▲Biot ではFD3S 17インチ車のブレーキディスクローターを製造しています。

 

 

FD3Sは、純正で16インチホイール車と17インチホイール車で、ブレーキローターの径が異なっています。

マウンティングサポートとブレーキラインが違っており、16インチ車とは、別設定となっています。

 

 

Biot では、FD3S 17インチ車専用に350φのリアオフセットキットが設定されています。

201932483430.JPG

▲Biot リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S 17インチ車

 

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。 標準仕様は8本スリットローターです。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

20193248422.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

201932483511.JPG

▲Biot MAZDA RX-7 FD3S 17インチ車用 2ピースローター

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201932483533.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201932483647.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201932483715.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201932483829.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット RX-7 FD3S(17inch)をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「MAZDA」に関する記事一覧 

 

 

リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S もご覧ください。

ページ上部へ