ホーム>Biot Blog

Biot Blog

BMW E46 M3 Biot サスペンションキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018926123815.jpg

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット

 

BMW E46 M3のサスペンションキットです。

今回は、サーキット走行重視の仕様での製作です。

 

BMW E46は、M3 も含め、フロントキャンバー角をネガティブにしていくと、接地感がなくなっていく感じがします。

一般走行もある程度必要な場合は、ショックアブソーバーの減衰力、スプリングレート、の他に、キャンバー角、トー、ショック全長までをトータルで設定しないと、不安定なステアリング操作に、不安を抱えることになります。

 

 

装着前の組み立て時はこんな感じです。

2018926123853.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット フロント 組立

 

Biotでは、フロントストラットショックに正立単筒式を採用しています。

シャフト径は、自社規格品の25φです。

2018926123913.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット リア 組立

リアは、スプリングとショックアブソーバーが別のセパレートタイプです。

 

フロントの装着は、スタビブラケットがショックアブソーバーの固定されていて、ステアリング操作と同期して動きますので、ショックボトムに固定できるようにしています。

350

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット フロント装着

 

アッパーマウントはストラットタイプですので、調整式にしています。

2018926123942.JPG

 

▲BMW E46 M3 Biot ピロアッパーマウント フロント

 

E46 M3は、純正からM3以外とは互換性が無いため、専用品となっています。左右も別設定です。

 

リアは、セパレートタイプですので、ショックアブソーバーは純正の全長を基準に、短く調整できる方を多く取れるよう設定しています。

2018926124031.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット リア装着

 

スプリングは、サーキット走行を重視ですので、直巻きの14kを装着しました。

201892612407.JPG

 

 

 

 

201892612416.JPG

▲Biot サスペンションキット 装着車両 BMW E46M3

 

詳しくは、サスペンションキット euro trois BMW E46 M3をご覧ください。

 

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

取付工賃 FREE CAMPAIN オフセットキット/純正交換ローター

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201892481057.jpg

▲取付工賃 FREE CAMPAIN オフセットキット/純正交換ローター

 

 

 

BiotオフセットキットとBiot純正交換ローターのキャンペーンを行います。

 

期間中に、オフセットキット/純正交換ローターをご購入いただける方に、工賃が無料で取付作業を行います。

 

期間は、2018年10月1日~11月30日までになります。

 

 

製品ラインナップに無いお車も、お気軽にご相談ください。

 

製作可能な商品でしたら、できる限り対応いたします。

 

装着作業は、殆どの場合待ち時間で可能です。

 

ベルハウジングカラー変更、ドリルド加工等も別途オプションメニューでお選びいただけます。

 

 

 

R35 GTR フロントオフセットキット

20189248816.jpg

 

20189248841.JPG  20189248859.JPG

 

 

装着 BMW F82 M4 純正交換 フロントgout2ピースローター装着

20189248929.JPG

 

20189248950.JPG  201892481010.JPG

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 純正交換ローター Porsche Cayenne GTS

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018922212546.jpg

▲Biot 純正交換ローター フロント Porsche Cayenne 958 GTS

 

 

Porsche Cayenne 958 GTS用の純正交換ローターです。

3.6 V6 Turbo車用になります。

 

 

サイズは、フロント390φ、リア358φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

2018922212932.JPG 2018922212958.JPG

 

 

純正キャリパーは、フロント6Pot、リア4Pot のbremboキャリパーが採用されています。

2018922212612.jpg

▲Biotではポルシェカイエンのブレーキディスクローターを製造しています

 

 

2018922212637.jpg

▲Biot gout 純正交換2ピースローター

 

2018922212659.jpg

▲Biot 純正交換3ピースローター

 

 

Biotでは、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

2018922212752.jpg

▲Biot 純正交換ローター リア

 

Porsche Cayenne 958 GTS 軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018922212828.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

 

Biotでは、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018922212859.JPG

▲純正交換 3ピースローター リア

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント Cayenne 958純正交換 Dナット 3ピースローター リア Cayenne 958をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 純正交換ローター Porsche 997 GT3

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018921232243.jpg

▲Biot 純正交換ローター Porsche 997 GT3 フロント

 

Porsche 997 GT3の純正交換2ピースローターです。

 

サイズは、フロント350φ、リア330φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

純正キャリパーは、フロント6Pot、リア4Pot のbremboキャリパーが採用されています。

2018921232319.jpg

▲Biotではポルシェ 997 GT3のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

2018921232343.jpg

▲Biot 純正交換2ピースローター

 

201892123247.jpg

▲Biot 純正交換3ピースローター

 

Biotでは、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

2018921232430.jpg

▲Biot 純正交換ローター Porsche 997 GT3 リア

 

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018921232451.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018921232512.JPG

▲純正交換 3ピースローター リア

 

 

2018921232534.jpg

▲Biot 純正交換ローター装着車 ポルシェ

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018920235746.jpg

▲Biot ブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 リア

 

 

純正サイズは、330φの1ピースローターです。

201892023589.JPG

▲Biot では996GT3のブレーキディスクローターを製造しています

 

 Biot では、996GT3用に342φと355φの二つのサイズのリアオフセットキットが設定されています。

350

▲Biot ブレーキオフセットキット ポルシェ 996 GT3 リア

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018920235952.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

20189210022.JPG

▲Biot3ピースローター

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018920235914.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

996GT3用のリアオフセットキットは、Cupカー用のインナードラムレスの2ピースタイプも設定があります。

 

センターロック仕様に対応している設定もありますのでお問い合わせください。

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot ブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018917221021.jpg

▲Biot ブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 フロント

 

 

純正サイズは、330φの1ピースドリルドローターです。

350

▲Biotでは996GT3のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、996GT3用に、350φのフロントオフセットキットが設定されています。

2018917221115.JPG

▲Biot ブレーキオフセットキット ポルシェ 996 GT3 フロント

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

純正と同等のドリルドローターもオプションメニューでお選びいただけます。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

汎用カラーが付属していますので、純正ブレーキパイプも無理なく装着できます。

2018917221143.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインに対応

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201891722129.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 Road Ver.をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ブレーキオフセットキット アテンザ GJ MC前 リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201891781241.jpg

▲Biot ブレーキオフセットキット  アテンザ GJ MC前

 

 

リア 純正サイズは、277φの1ピースソリッドローターで、MC後と同じサイズです。

20189178139.JPG

▲Biotでは、アテンザ/ATENZA GJ MC前用のブレーキディスクローターを製造しています

 

純正ローター径はMC前後で同じですが、パーキングブレーキのシステムが違い、互換性がありません。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

201891781351.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応 アテンザ GJ系MC前は従来のワイヤー式のパーキングブレーキです。

 

 

アテンザ GJ MC前は、342φと320φの二つのサイズのリアオフセットキットが設定されています。

201891781455.JPG

▲Biotブレーキオフセットキット アテンザ GJ MC前

 

 

リア パーキングブレーキのワイヤーは、少し調整が必要ですが、純正がそのまま使用できます。

201891781515.JPG

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201891781538.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20189178160.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201891781622.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット アテンザ GJ#FP/GJ#FW 前期 342φリア ブレーキオフセットキット アテンザ GJ#FP/GJ#FW 前期 320φをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ブレーキオフセットキット! アテンザ GJ MC後 リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018915211247.jpg

▲Biot ブレーキオフセットキット! アテンザ GJ MC後

 

純正サイズは、277φの1ピースソリッドローターです。

201891521137.JPG

▲Biotでは、アテンザ/ATENZA GJ MC後用のブレーキディスクローターを製造しています

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

2018915211336.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

アテンザ GJ系は、MC後から電動パーキングブレーキに変更されています。

 

純正ローター径はMC前後で同じですが、パーキングブレーキのシステムが変更されたのと同時に、ブレーキラインとブレーキパッド、取付ボルト径も変更になっています。

 

Biot では、342φφのリアオフセットキットが設定されています。

2018915211415.JPG

▲Biotブレーキオフセットキット

 

 アテンザ GJ MC後 リア アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

電動パーキングブレーキのハーネスは、そのまま装着できます。

2018915211435.JPG

▲Biotでは、電動パーキングブレーキに対応

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

2018915211454.JPG

▲Biot 純正交換ブレーキライン装着

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018915211514.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2018915211534.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2018915211556.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

2018915211619.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット アテンザ GJ#FP/GJ#FW 後期をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot brembo F360 MAZDA アテンザ/ATENZA GJ 355φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018914234640.jpg

▲Biot brembo F360 MAZDA アテンザ/ATENZA GJ

 

 

 

純正サイズは、297φの1ピースローターです。

 

Biotでは、アテンザ/ATENZA GJのフロント用にF360/Modenaキャリパーキットを設定しています。

2018914235115.JPG

▲Biot brembo F360 MAZDA アテンザ/ATENZA GJ

 

 

2018914235136.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

 

 

標準仕様はスリットローターです。

ローターサイズは、320φ、330φ、342φ、355φの4種類のなかからお選びいただけます。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

201891423524.JPG

▲Biot 専用2ピースローター

 

 

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

2018914235227.JPG

▲Biot純正交換ブレーキライン装着

 

 

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018914235250.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2018914235318.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

 

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

350

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

 

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2018914235413.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2018914235434.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

Biotでは、フロントF360/Modenaとリアオフセットキット 342φの組合せをお勧めしています。

 

純正19インチホイールは、スペーサーを併用すれば装着可能です。

201891423550.JPG

▲Biotでは、純正ホイールの装着を確認

 

詳しくは、フロント Brembo 4Pot Modena 355φ アテンザ GJ#FP/GJ#FWをご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

2018914235530.JPG

▲MAZDA ATENZA brembo キャリパーキット装着車

 

 

HONDA レジェンド KC2 Biot リアオフセットキット 350φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201891323301.jpg

▲HONDA レジェンド KC2 Biot リアオフセットキット 350φ

 

純正サイズは、310φの1ピースソリッドローターです。

2018913233028.JPG

▲Biot ではLEGEND/KC2のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

レジェンド/KC2のリアローターは、310φの厚さ10.0㎜です。

リアオフセットキットの設定時は、同じ厚さで、直径を350φにして装着し、フロントは6Pot-R装着車で走行テストを行いました。

合わせて、リアを純正に戻して同条件でテストを行いました。

 

リアのローターを350φに交換した方が、ローターの温度上昇が遅く、連続走行では純正は熱限界に達し、少し歪んでジャダーが発生していました。

350φローターに交換した場合も、温度上昇は他車に比べ、高くなっていたため、ローターの厚さを12.0㎜にして再度テストしました。

 

結果、350φ 厚さ12.0㎜のローターで、フロント6Pot-Rに交換した際は何とかバランスが取れる感じです。

ローターを純正より2,0mm厚くしたため、装着時にはキャリパーのモーター部をバラシ、ピストンのセット位置を調整する必要があります。

201891323319.JPG

 

オフセットキットをご購入される際には、取扱説明書を付属させていますので読んでいただければ簡単です。

Biot では350φのリアオフセットキットが設定されています。

2018913233345.JPG

▲LEGEND/レジェンド KC2 Biot リアオフセットキット 350φ

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

2018913233645.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。 

350

▲Biot純正交換ブレーキライン装着

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201891323359.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2018913233535.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2018913233559.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット レジェンド KC2をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

ページ上部へ