ホーム>Biot Blog>LEVORGに関する記事一覧

LEVORGに関する記事一覧

SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット-5

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201881901356.jpg

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット

 

 

純正サイズは、300φの1ピースローターです。

201881901731.JPG

▲Biot では専用2ピースローターを製作

 

以前にも、製品化までの製作過程を何回かに分けてご紹介してきたリアのツインキャリパーキットです。

 

いくつか修正、変更を行い、ご注文いただいた分の発送を開始しています。

 

ローターは、オプションのドリルドローターです。

 

パーキングブレーキは電動パーキングブレーキ式で、片押しキャリパーをパーキングブレーキ専用で使用しますので、車検も問題ありません。

 

メインキャリパーは、brembo製の2Pot キャリパーを装着します。

20188190181.JPG

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

 

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをフロントのみでお求めいただけます。

201881901823.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201881901851.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

201881901914.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201881901942.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201881902025.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

ツインキャリパーキットは、部品点数も多く、いくつかのパーツの移動や、電動パーキングブレーキの解除、パッド厚の調整など、たくさんの説明がないと簡単には装着できません。

 

初めての場合でも安心して作業が行えるよう、Biotでは、商品開発と同時に詳しい取付説明書、取扱説明書を製作し、全ての製品に付属させています。

 

 

Biot では、LEVORGにはフロント4Pot /F50 とリア2Pot 350φの組合せをお勧めしています。

 

詳しくは、リア Brembo 2Pot ツインキャリパーキット 350φ LEVORGをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアオフセットキット

こんにちは、東京の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018531233218.jpg

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアオフセットキット

 

LEVORG/VM4 VMG用のリアオフセットキットです。

純正で、電動パーキングブレーキが採用されている LEVORG/VM4 VMG は、簡単にキャリパー交換というわけには行きません。

純正サイズは、300φです。

2018531233246.JPG

電動パーキングブレーキを取り外すことができないからです。

2018531233310.JPG

▲LEVORG/VM4 VMG 電動パーキングブレーキ

 

Biot では、電動パーキングブレーキの機能をそのまま使用できるリアオフセットキットを設定しています。

ローターサイズは、330φと342φの2種類を設定しています。

2018531233339.JPG

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアオフセットキット 330φ

 

ブレーキパッドは、純正がそのまま使用できます。

2018531233412.JPG

 

ブレーキラインも純正がそのまま使用できます。

2018531233434.JPG

 

今回は、ブレーキパッドは Biot envie(低ダストタイプ)を使用しました。

2018531233456.JPG

 

電動パーキングブレーキ用のハーネスをまとめて、各部の干渉確認を行って終了です。

2018531233523.JPG

 

 

製品には、詳しい取扱説明書が付属しています。

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット LEVORG 330リア ブレーキオフセットキット LEVORG 342をご覧ください。

SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット-4

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

 

2018428162848.JPG

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット

 

SUBARU LEVORG/レヴォーグ VM4/VMG  のリアbrembo ツインキャリパーキットが完成しました。

 

350φ 純正電動パーキングブレーキ車対応 専用ブレーキライン付属で、メインキャリパーをbrembo 2Potに変更し、純正キャリパーを パーキングブレーキとして使用します。

2018428162910.JPG

▲Biot では様々な製品を企画設計

 

車検対応です。

 

今回の車両は、フロントにGDB 純正キャリパーを装着していましたので、Biot オフセットキット 345φを装着しました。

2018428162934.JPG

▲Biot フロントオフセットキット

 

 

201842816305.jpg

▲Biot リアツインキャリパーキット装着車 VM4

 

詳しくは、リア brembo 2Pot キャリパーキット 350φをご覧ください。

SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット-3

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

 

2018425154655.JPG

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット

 

SUBARU LEVORG/レヴォーグの電動パーキングブレーキ車用の、リアbrembo 2Pot ツインキャリパーキットの開発過程です。

 

brembo製2Pot キャリパー、パーキングブレーキ用の純正キャリパーを加工製作した部品とともに装着し、ローターとのクリアランス、調整方法の良否を確認します。

 

ブレーキラインも純正装着が可能か、専用品を付属するかを確認します。

 

ブレーキラインは、長さとジョイントの形状が違うものを設定し、専用品を付属させるようになりました。 一部、部品に追加加工をして、再度確認作業を行います。

 

パーキングブレーキ用の純正キャリパーは、パッド厚によって位置もアーム等に干渉し装着不可な場合があるため、新品状態のパッドから摩耗した状態のパッドまでを装着した場合を想定して、図面の他に画像データーと製品の企画進行書に細かく記入しておきます。

 

 

2018425154718.JPG

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット

 

その画像データーと企画進行書を元に装着時のイラストを書き取付説明書を製作して、販売時には全商品付属させています。

 

SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット開発開始SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット-2もご覧ください。

SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット-2

201832414259.JPG

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット

 

商品開発車で製作しているSUBARU LEVORG/レヴォーグで、計測、設計が終わりました。

 

位置出しをして、試作部品で仮合わせを行いました。

 

 

仕様は350φ brembo製2Potキャリパー仕様です。

純正ローターは、300φですので、50㎜の大径化にもなっています。

201832414329.JPG

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ 純正リアブレーキ

 

純正キャリパーは、パーキングブレーキ用のみとして使用します。

 

専用ブラケットで、位置出しした所に移設します。 純正のキャリパーをそのまま使用することで、CANシステムにも対応し、作動方式の変更が無い事で車検対応となっています。

 

やはり、データー取りや各部品の設計を行っていく中で、純正の機構や整備上の注意点を一つでも多く拾い出し、製品化へと作業を行います。

 

製品部品の出来上がり後、装着確認を行いますので、後日またご紹介させていただきます。

SUBARU LEVORG/レヴォーグ リアツインキャリパーキット開発開始

20183132382.jpg

▲SUBARU LEVORG/レヴォーグ

 

UBARU LEVORG/レヴォーグが入庫しました。 」

 

ホイールは、WORK製に変更されています。

 

オフセットキットキットは設定されていますので、今回は電動パーキングブレーキを生かした、ツインキャリパーキットを検討します。

2018313231156.JPG

 

電動パーキングブレーキで、お客さんからの声も多くいただいていますので、製品化に向けてやっていきます。

ページ上部へ