ホーム>Biot Blog>MAZDAに関する記事一覧

MAZDAに関する記事一覧

Biot 純正交換 リア 2ピースローター MAZDA ロードスター ND5RC

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202052804638.jpg

▲Biot 純正交換2ピースローター ND5RC

 

リア サイズは、リア255φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

20205280478.JPG

▲BR.R3.255-10

 

純正キャリパーは、リア1Pot の片押しキャリパーが採用されています。

202052804737.JPG

▲Biotではロードスターのブレーキディスクローターを製造しています

 

MAZDA ロードスター ND5RCのリアは、ソリッドローターが採用されています。

 

Biotでは、純正同様にソリッドローターを多数設定し、車種別に純正交換2ピースローターを製品化しています。

202052804813.JPG

▲Biot 純正交換 2ピースローター リア

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

202052804842.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

 

 

リアローターは、ベルハウジング、ディスクローターで2ピースローターになります。

20205280520.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

202052804956.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

202052805022.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、純正交換 Dナット 2ピースローター リア ND5RCをご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot 純正交換 フロント 2ピースローター MAZDA ロードスター ND5RC

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202051572833.jpg

▲Biot 純正交換 フロント 2ピースローター ND5RC

 

ロードスターの純正交換 Dナットタイプ 2ピースローターです。

 

サイズは、フロント258φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

202051572859.JPG

▲BR.R3.258-22

 

純正キャリパーは、フロント1Pot 片押しキャリパーが採用されています。

202051572937.JPG

▲BiotではRoadsterのブレーキディスクローターを製造しています

 

20205157309.JPG

▲Biot Ðナットタイプ 純正交換2ピースローター

 

ディスクローターはgout 2ピースローターと同じで、ベルハウジングと組付部をÐナットタイプにすることで価格を抑えたコストパフォーマンスに特化した製品です。

202051573035.JPG

▲Biot Dナット 2ピースローター

 

Biotでは、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

202051573059.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

202051573147.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

202051573213.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、純正交換 Dナット 2ピースローター フロント ND5RCをご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S 16インチ車

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202032964620.jpg

▲Biot リアオフセットキット FD3S 16インチ車

 

 

純正サイズは、293φの1ピースローターです。

202032964739.JPG

▲Biot では FD3Sのブレーキディスクローターを製造しています

 

 

Biot では、340φのリアオフセットキットが設定されています。

20203297622.JPG

▲Biot リアオフセットキット FD3S スカイブルー

 

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。 標準仕様は8本スリットローターです。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

20203297253.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

2020329743.JPG

▲Biot FD3S 2ピースローター

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

202032964846.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

202032965239.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

202032965310.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

202032965332.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキットFD3S(16インチ)をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「MAZDA」に関する記事一覧

 

Biot リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S もご覧ください。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo F50 キャリパーキット MAZDA FC3S

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20203822727.jpg

▲RX-7 FC3S F50 brembo/ブレンボ

 

純正サイズは、276φの1ピースローターです。

20203822757.jpg

▲Biot ではFC3S用2ピースローターを製作

 

Biot では、RX-7 FC3Sのフロント用に340φのF50 4Potキャリパーを設定しています。

20203822915.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

20203822946.JPG

▲Biot bremboキット用2ピースローター

 

ブレーキラインは、専用ブレーキラインが付属しています。

ダイレクトタイプで、純正スチールパイプを取り外して装着します。

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20203823015.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20203823043.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

2020382318.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20203823133.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2020382323.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、フロント Brembo F50 4Pot 340φ RX-7 FC3Sをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「MAZDA」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

ブレーキオフセットキット MAZDA アテンザ GJ フロント-2

 こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020218111054.jpg

▲Biot アテンザ フロントオフセットキット

 

 

純正サイズは、297φの1ピースローターです。

2020218111140.JPG

▲Biotではアテンザのブレーキディスクローターを製造しています

 

 

Biotでは、ATENZA GJ2#用に345φのフロントオフセットキットが設定されています。

2020218111213.JPG

▲Biot 2ピースローター ドリルド Ver.2

 

今回は、ドリルドローターでのご注文でした。

 

 

純正19インチホイールは、装着できます。

2020218111237.JPG

▲Biot では純正ホイールを装着確認

 

 

ATENZAのフロントブレーキは、特殊ピッチのボルトが使用されています。

Biot では、このキット設定のために専用ボルトを製作しています。

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

202021811135.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2020218111431.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

 

2020218111330.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

202021811150.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2020218111530.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2020218111557.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、フロント ブレーキオフセットキット アテンザ GJ#FP/GJ#FWをご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「MAZDA」に関する記事一覧

Biot 純正交換2ピースローター MAZDA CX-5 リア

 こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201912233437.jpg

▲Biot 純正交換2ピースローター MAZDA CX5 リア

 

 

サイズは、リア303φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

純正キャリパーは、リア1Pot の片押しキャリパーが採用されています。

2019122334332.JPG

▲BiotではMAZDA CX5のブレーキディスクローターを製造しています

 

CX-5のリアは、ソリッドローターが採用されています。

2019122334355.JPG

▲CX-5 純正1ピースソリッドローター

 

 

Biotでは、純正同様にソリッドローターを多数設定し、車種別に純正交換2ピースローターを製品化しています。

201912233467.JPG

▲純正交換 2ピースローター リア

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2019122334444.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

 

リアローターは、ベルハウジング、ディスクローターで2ピースローターになります。

2019122334738.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

 

2019122334525.JPG

▲Biot 純正交換 2ピースローター リア

 

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2019122334635.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、リア 純正交換 gout 2ピースローター CX-5をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

 

Biot リアオフセットキット MAZDA CX-5 342φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201983164736.jpg

▲Biot リアオフセットキット MAZDA CX-5

 

純正サイズは303φの1ピースローターです。

20198316481.JPG

▲BiotではCX-5のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、342φのリアオフセットキットが設定されています。

20198316498.JPG

▲Biot リアオフセットキット MAZDA CX-5 342φ

 

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

201983165233.JPG

▲Biotではブレーキディスクローターを素材より製造しています

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

201983172817.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201983173040.JPG 20198317317.JPG

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201983164941.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201983165025.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201983165052.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

201983165117.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201983165148.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

 

 

201983165652.JPG

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット CX-5 KE##Wをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「MAZDA」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S 17インチ車

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201932483158.jpg

▲Biot リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S 17インチ車

 

純正サイズは、314φの1ピースローターです。

 

201932483344.JPG

▲Biot ではFD3S 17インチ車のブレーキディスクローターを製造しています。

 

 

FD3Sは、純正で16インチホイール車と17インチホイール車で、ブレーキローターの径が異なっています。

マウンティングサポートとブレーキラインが違っており、16インチ車とは、別設定となっています。

 

 

Biot では、FD3S 17インチ車専用に350φのリアオフセットキットが設定されています。

201932483430.JPG

▲Biot リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S 17インチ車

 

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。 標準仕様は8本スリットローターです。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

20193248422.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

201932483511.JPG

▲Biot MAZDA RX-7 FD3S 17インチ車用 2ピースローター

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201932483533.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201932483647.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201932483715.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201932483829.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット RX-7 FD3S(17inch)をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「MAZDA」に関する記事一覧 

 

 

リアオフセットキット MAZDA RX-7 FD3S もご覧ください。

MAZDA RX-7 FD3S Biot 純正交換 gout 2ピースローター 17インチ車 リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201892823230.jpg

▲MAZDA RX-7 FD3S Biot 純正交換 gout 2ピースローター 17インチ車 リア

 

 

FD3S17インチ車用のリア純正交換2ピースローターです。

 

サイズは、314φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

20189282351.JPG

 

 

純正キャリパーは、片押しキャリパーでパーキングブレーキ兼用が採用されています。

201892823417.JPG

▲BiotではRX-7/FD3Sのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

201892811312.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201892823159.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

ローターの消耗後には、補修用ローターも販売しています。

20189281126.jpg

▲Biot では全商品に補修用ローターを用意

 

詳しくは、リア 純正交換 gout 2ピースローター FD3S(17インチ) をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ブレーキオフセットキット アテンザ GJ MC前 リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201891781241.jpg

▲Biot ブレーキオフセットキット  アテンザ GJ MC前

 

 

リア 純正サイズは、277φの1ピースソリッドローターで、MC後と同じサイズです。

20189178139.JPG

▲Biotでは、アテンザ/ATENZA GJ MC前用のブレーキディスクローターを製造しています

 

純正ローター径はMC前後で同じですが、パーキングブレーキのシステムが違い、互換性がありません。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

201891781351.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応 アテンザ GJ系MC前は従来のワイヤー式のパーキングブレーキです。

 

 

アテンザ GJ MC前は、342φと320φの二つのサイズのリアオフセットキットが設定されています。

201891781455.JPG

▲Biotブレーキオフセットキット アテンザ GJ MC前

 

 

リア パーキングブレーキのワイヤーは、少し調整が必要ですが、純正がそのまま使用できます。

201891781515.JPG

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201891781538.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20189178160.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201891781622.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット アテンザ GJ#FP/GJ#FW 前期 342φリア ブレーキオフセットキット アテンザ GJ#FP/GJ#FW 前期 320φをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

ページ上部へ