ホーム>Biot Blog>NISSANに関する記事一覧

NISSANに関する記事一覧

Biot 純正交換ブレーキライン 日産 FUGA

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20192795841.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン 日産 FUGA

 

純正で特殊な形状の多い日産車でも、更にFUGAは特殊な物となっています。

20192710327.JPG

▲NISSAN FUGA 純正ブレーキライン

 

FUGAの中でも 型式、年式で本数が異なっていたり、ジョイント部が異なっていたりと様々です。

20192710353.JPG

▲NISSAN FUGA 純正ブレーキラインレイアウト

 

 

 

20192710428.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン 日産 FUGA

 

 

 

Biotでは、それぞれに専用部品を製作して、純正と同等に装着できるように設定しています。

20192710449.JPG

▲Biotではブレーキラインブロックを設定

2019271055.JPG

▲Biotでは中間ジョイントを設定

 

 

 

組み立て後のブレーキラインは、全て耐圧検査を行ってから出荷しています。

20192710531.JPG

▲Biotではブレーキライン全品の耐圧検査を実施

 

 

詳しくは、純正交換ブレーキラインをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「ブレーキライン」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

NISSAN ER34 純正交換2ピースローター フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191277322.JPG

▲NISSAN ER34 純正交換2ピースローター フロント

 

日産スカイライン ER34の純正交換2ピースローターです。

サイズは、フロント310φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

 

純正キャリパーは、日産4Potの対向キャリパーが採用されています。

201912773229.JPG

▲BiotではER34のブレーキディスクローターを製造しています

 

201912773252.JPG

▲Biot gout 純正交換2ピースローター ER34 フロント

 

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

201912773317.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

201912773341.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201912773412.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、 純正交換 gout 2ピースローター フロント ER34をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

NISSAN エクストレイル TNT31 フロント brembo F50 キャリパーキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

少し前に商品開発で計測等を行ったエクストレイルTNT31のフロントブレーキの装着です。

201912391238.jpg

▲エクストレイル TNT31 フロント brembo F50 キャリパーキット

 

純正サイズは、296φの1ピースローターです。

20191239139.JPG

▲BiotではTNT31のローターを製作

 

Biot では、エクストレイルのフロント用に330φの4Pot/F50 キャリパーを設定しています。

201912391050.jpg

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

201912391338.JPG

▲Biotではエクストレイルの2ピースローターを製作

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

 

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

エクストレイルのブレーキラインは、フロントのボディー側のジョイントが左右で形状が異なっています。

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201912391412.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201912391449.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

201912391515.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201912391559.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo F50 キャリパーキット BNR32 324φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181110144518.JPG

▲Biot brembo F50 キャリパーキット BNR32 324φ

 

純正サイズは、296φの1ピースローターです。

20181110144538.JPG

▲Biot ではBNR32用2ピースローターを製作

 

Biot では、BNR32のフロント用に326φのF50キャリパーを設定しています。

 

BNR32用には、ホイールの選択肢を多くするため、BNR32/V-Specの純正交換324φを使用したF50 キャリパーキットを設定しています。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

20181110144559.JPG

▲Biot GTR/RB26用 2ピースローター

 

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20181110144621.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20181110144638.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

350

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

bremboキャリパーの付属部品は分かりやすいように別に梱包しています。

20181110144728.JPG

 

発送時の箱の中はこんな感じです。

20181110144759.JPG

ローターとは分けて、二つの箱で発送しています。

 

詳しくは、フロント Brembo F50 4Pot 324φ スカイライン BNR32(V-Spe除)をご覧ください。

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

商品開発 NISSAN エクストレイル TNT31

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20181021233131.jpg

▲BiotではNISSAN エクストレイル TNT31のブレーキパーツを製作

 

NISSAN エクストレイルのブレーキパーツを製作します。  

 

ブレーキ周りを分解して、画像データーを作成し、必要な寸法、コメントを書き込みます。

20181021233250.JPG 20181021233314.JPG

 

20181021233334.JPG 20181021233353.JPG

 

 

ローター、キャリパー、ナックル他、必要個所を図面化します。

 

この作業はリバースエンジニアリングと言われており、ちょっと困難ですが、出来上がると車両が無くてもリサイズなどが簡単に行えます。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot bremboキャリパーキット 4Pot/F360 355φ NISSAN FUGA Y51 リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181011194522.JPG

▲Biot bremboキャリパーキット 4Pot/F360 355φ NISSAN FUGA Y51 リア

 

純正サイズは、350φの1ピースローターです。

20181011194544.JPG

▲Biotでは専用3ピースローターを製作

 

Biot では,FUGA Y51のリア用に355φの4Pot/F360 キャリパーを設定しています。

 

F360 キャリパーは、355φが設定の最大径となっていますので、FUGA のリアキャリパーサポートは、特殊な形状で製作されており、強度確保のためにスチール製となっています。

 

通常の形状では、355φを装着することができません。

 

FUGAは、Y50系とY51系とでは、パーキングブレーキ用のインナーシューの直径が異なっています。

Y51系190φです。

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

20181011194629.jpg

▲Biot 専用3ピースローター

 

 

パーキングブレーキはインナードラム式で、純正の機構がそのまま使用できますので、車検も問題ありません。

 

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

 

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018101119470.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20181011194738.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2018101119489.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20181011194829.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

Biotでは、フロント6Pot とリアF360 355φの組合せをお勧めしています。

 

詳しくは、リア Brembo 4Pot Modena 355φ フーガ KY51をご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot bremboキャリパーキット 6Pot 400φ NISSAN FUGA Y51 リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201892984354.JPG

▲Biot bremboキャリパーキット 6Pot 400φ NISSAN FUGA Y51 

 

リア 純正サイズは、350φの1ピースローターです。

201892984433.JPG

▲BiotではFUGA Y51の3ピースローターを製作 

 

Biotでは、フーガ Y51のリア用に各種キャリパーを設定しています。

201892984511.JPG

▲Biot bremboキャリパーキットNISSAN FUGA Y51 リア

 

 

 

 

brembo製の6Potキャリパーに、Biot で企画設計した400φローター、キャリパーサポートをセットにしています。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

 

FC-Rは、ローター素材の名称ですが、自社規格で鋳造し、切削、研削仕上げで製品化しています。

 

一番の特徴は、摩擦係数が高いため、鳴きが発生しません。

 

この性能により、低ダストパッドを使用することができ、キャンバー交換後の不安は全くありません。

 

Biotでは、ローターを作るという事は、形だけでは性能までを作り出すことができないと考えています。

 

 

 

 

今回は、ドリルド加工Ver. ZEROで、スリット無しのフルドリルドローターです。

標準仕様はスリットローターになります。

201892984546.JPG

▲Biotドリルドローター Ver. ZERO

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

201892984643.JPG

▲Biot 専用3ピースローター

 

パーキングブレーキはインナードラム式で、純正の機構がそのまま使用できますので、車検も問題ありません。

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

 

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

20189298479.jpg

▲Biot純正交換ブレーキライン

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201892984825.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

bremboキャリパーの付属部品は、別梱包で入っています。

201892984859.JPG

▲Biotでは全品付属部品を確認

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

201892984934.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20189298507.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

 

 

詳しくは、リア Brembo 6Pot Type-M 400φ KY51 370S(日産対向車)をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ブレーキセット Ver.Ⅱ GTR/RB26 brembo車

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201882562847.jpg

▲Biot ブレーキセット Ver.Ⅱ

 

Biot で設定している、ブレーキセットVer.Ⅱ、GTR/RB26用のご紹介です。

 

純正サイズが、フロント324φ、リア300φのBNR32 V-Spec、BCNR33、BNR34MC前用になります。

 

ブレーキセットVer.Ⅱは、フロント、リア共にオフセットキットとブレーキパッド、ブレーキラインがセットになっています。

201882563514.jpg

▲Biot フロントオフセットキット 360φ

 

201882563535.jpg

▲Biot リアオフセットキット 330φ

 

 

通常のセットには、ブレーキパッドはノンアスタイプ/envieが付属していますが、GTR/RB26用はカーボンメタル/effetをセットにして販売しています。

 

ブレーキラインは通常は純正交換のセットですが、GTR/RB26用は、フロントにスペシャルブレーキラインがセットになっています。

201882563239.JPG  201882563434.jpg

▲Biotブレーキライン

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

 

標準仕様は8本スリットローターです。

 

 

201882563056.jpg

▲Biot ブレーキセット Ver.Ⅱ GTR/RB26 brembo 装着車

 

201882563145.JPG 20188256327.JPG

 

詳しくは、ブレーキセット Ver.Ⅱをご覧ください。

 

Biot ブレーキセット Ver.Ⅰ Ⅱ Ⅲもご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

GTR RB26 BNR34 MC後 リアオフセットキット 355φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20188234348.jpg

▲GTR RB26 BNR34 MC後 リアオフセットキット 355φ BNR34

 

 

BNR34 MC後の純正サイズは、322φの1ピースローターです。

BNR34 MC前、BCNR33は300φになります。

 

 

BNR34 MC前、BCNR33は純正bremboキャリパーです。ローター径300φ。

20188234414.JPG

 

BNR34 MC後は、BNR34 MC前に比べると、取り付け部が少し長くなっています。ローター径322φ.

20188234434.JPG

 

この取り付け部の長さの差が、純正ローター径の違いになっています。

 

Biotでは、BNR34 MC後様には、純正322φを355φに変更するリアオフセットキットが設定されています。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

20188234735.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

2018823487.jpg

▲Biot 3ピースローター

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018823459.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20188234536.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

20188234557.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20188234620.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20188234650.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット スカイライン GTR BNR34MC後(N1含む) をご覧ください。

 

BNR34 MC前は、GTR RB26 BNR34 リアオフセットキット 330φをご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot フロントオフセットキット GTR BNR34

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018821224418.jpg

▲Biot フロントオフセットキット GTR BNR34

 

 

純正サイズは、324φの1ピースローターです。

2018821224454.JPG

▲Biot では、BNR3434のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

Biot では、BNR34/RB26用に大径化大径化した専用の360φのフロントオフセットキットが設定されています。

2018821224518.JPG

▲Biot フロントオフセットキット GTR BNR34

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

2018821224548.JPG

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018821224618.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

フロントには、スチールパイプを取り外して装着する専用のSpecialブレーキラインもご用意しています。

2018821224652.JPG

▲Biot Specialブレーキライン

 

装着後は、360φローターで18インチホイールも一杯になります。

 

2018821225736.JPG

▲Biot フロントオフセットキット GTR BNR34 装着車

 

 

 効きも、純正bremboキャリパーを最大限に生かし、キャリパー交換に劣らないレベルになります。

 

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

また、専用のBiot Specialブレーキラインもご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

ページ上部へ