ホーム>Biot Blog>TOYOTAに関する記事一覧

TOYOTAに関する記事一覧

Biot オフセットキット装着 TOYOTA BRADE

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201812283439.JPG

▲Biot オフセットキット装着 TOYOTA BRADE AZE156

 

 

Biot では、ご来店いただけるお客さんに、Biot製品の取付作業を行っています。

 

トヨタ ブレイドに、オフセットキットを前後で装着しました。

 

201812283513.JPG

▲Biot フロントオフセットキット 342φ

 

201812283534.JPG

▲Biot リアオフセットキット 330φ

 

 

オプションメニューで、グリーンアルマイト仕様です。

 

 

20181228369.JPG

▲Biot フロントオフセットキット 342φ

 

201812283641.JPG

▲Biot リアオフセットキット 330φ

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

商品開発 アルファード MC後 GGH3♯

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20181237572.jpg

▲Biotではアルファードのブレーキパーツを製作

 

アルファードMC後のブレーキパーツを製作します。

 

MC後のアルファード/ヴェルファイアは、3.5ⅬのFF、4WD車のフロントブレーキが変更されています。

 

2.5Ⅼ、ハイブリッド車はMC前と共通でした。  

 

ブレーキ周りを分解して、画像データーを作成し、必要な寸法、コメントを書き込みます。

201812375732.JPG

 

 

電動パーキングブレーキでしたが、サイズ、機能はこれまでのアルファード/ヴェルファイアと同じでしたので、今回は確認だけを行いました。

20181237582.JPG

▲Biotでは電動パーキングブレーキに対応

 

 

ローター、キャリパー、ナックル他、必要個所を図面化します。

201812375830.JPG 201812375854.JPG

▲Biotでは純正部品を図面化

 

 

201812375923.JPG 201812375946.JPG

▲アルファード/ヴェルファイア MC後 GGH35W フロント 328φ

 

 

20181238014.JPG 20181238112.JPG

▲アルファード/ヴェルファイア MC前 フロント 296φ

 

 

ローター径は変更されており、パッド、キャリパーも異なっています。

 

 

この作業はリバースエンジニアリングと言われており、ちょっと困難ですが、出来上がると車両が無くてもリサイズなどが簡単に行えます。

 

アルファード/ヴェルファイのMC後、3,5L用には、キャリパーキットの他に、純正交換ローター、オフセットキット等を設定予定です。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

TOYOTA バンガード Biot リアオフセットキット 342φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20181038555.jpg

▲TOYOTA バンガード Biot リアオフセットキット 342φ

 

 

純正サイズは、281φの1ピースソリッドローターです。

20181038569.JPG

▲BANGURD ACA33/38W Biot リアオフセットキット 342φ

 

 

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

201810385415.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

201810385653.JPG

▲Biot 3ピースローター

 

通常の構造では、キャリパーとローターが干渉してしまうため、特殊な組付を行ています。

201810385721.JPG

▲Biotでは自社設計、自社規格で製作

 

 

 

 

FF,4WD共に適合しています。

 

 

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201810385746.JPG

▲Biot 純正交換ブレーキライン装着

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

20181038589.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201810385840.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20181038596.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201810385934.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット ヴァンガード ACA33W/38Wをご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo 4Pot /F50 TOYOTA ハイエース 200系

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201891005522.JPG

▲Biot brembo 4Pot /F50 TOYOTA ハイエース 200系

 

 

純正サイズは、brembo製の285φの1ピースローターです。

201891005354.JPG

▲Biotではハイエースの2ピースローターを製作 

 

 

ハイエース 200系のフロントは、通常とは異なり、ハブの背面にローターが固定されています。

201891005456.JPG

 

純正ローターは、ボルトを外してローターを外すことができますが、大径のアルミベルハウジングのローターに交換する場合は、ハブベアリングを一度外してバラス必要があります。

 

バラしたベアリングは、新しい物に交換する様推奨しています。

20189100533.JPG

 

ベアリングをハブに組付けする際、キットのローターを同時に組付けします。

201891005328.JPG

 

重量車であることと、ハイエースは定期的にメンテナンスでアブベアリングを交換されるお客さんが多いという事で、Biotでは強度と耐久性を重視して、この組付け方法を採用しています。

 

安全は絶対です。

 

作業が困難な場合はハブとベアリングをお送りいただけば、組付けしてお送りする作業も承ります。

 

ローター素材はBiot製のFC-Rで、標準仕様はスリットローターです。

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

201891005147.JPG

 

ハイエースは、純正ブレーキラインは再使用できません。

201891005233.JPG

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201891005119.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201891005055.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201891005032.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

20189100507.JPG

▲ハイエース brembo キャリパーキット装着車

 

詳しくは、フロント Brembo F50 4Pot 340φ ハイエース 200系をご覧ください。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リアbremboキャリパーキット TOYOTA PRIUS α/プリウス アルファ 40系 355φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20189721363.jpg

▲TOYOTA PRIUS α/プリウス アルファ 40系 355φ brembo/ブレンボ

 

純正サイズは、brembo製の290φの1ピースソリッドローターです。

201897213221.JPG

▲BiotではPRIUSアルファ用3ピースローターを製作

 

 

201897213246.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

201897213537.JPG

▲Biot 専用3ピースローター

 

パーキングブレーキはインナードラム式で、純正の機構がそのまま使用できますので、車検も問題ありません。

201897213321.JPG

 

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

 

 

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201897213353.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201897213415.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201897213433.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

 

201897213452.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

 

Biot では、フロント6Pot とリアF360 355φの組合せをお勧めしています。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot フロントオフセットキット アルファード/ヴェルファイア 20系

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201893102614.jpg

▲Biot フロントオフセットキット アルファード/ヴェルファイア 20系

 

純正サイズは、296φの1ピースローターです。

201893102050.JPG

▲Biotではアルファード/ヴェルファイア 20系のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、アルファード/ヴェルファイア 20系用に330φのフロントオフセットキットが設定されています。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

 

標準仕様は8本スリットローターです。

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

純正18インチホイールは装着可能です。

201893102120.JPG

▲Biotでは純正ホイールのデーターを計測

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201893102146.JPG

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201893102230.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201893102258.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201893102319.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201893102348.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、フロント ブレーキオフセットキット アルファード20系をご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

TOYOTA クラウン 21系 後期 Biot brembo キャリパーキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201884162914.jpg

▲TOYOTA クラウン 21系 後期 Biot brembo キャリパーキット 装着車

 

純正サイズは、フロント296φとリア291φの1ピースローターです。

 

201884162950.JPG 201884163022.JPG

▲Biot では専用ローターを製作

 

 

Biot では、クラウン 21系 後期用にキャリパーキットを設定しました。

201884163054.jpg

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

今回装着したのは、 フロント 6Pot-R 380φ リア 4Pot /F360 355φ 標準仕様のスリットローターです。

 

リアローターはアルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

201884163127.JPG

▲Biot 専用3ピースローター

 

パーキングブレーキはインナードラム式で、純正の機構がそのまま使用できますので、車検も問題ありません。

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201884163156.JPG

▲Biot では車検対応を重要視

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201884163216.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

TOYOTA クラウン 21系 後期は、リアのナックルやキャリパーが変更されていて、これまでの製品とは異なっています。

 

装着車両はハイブリッド車でしたので、スキャンツールを使って、ブレーキオイルの入れ替えを行います。

201884163237.JPG 201884163254.JPG

▲Biot ではスキャンツールでシステムをチェック

 

フロントは、通常通りに作業ができます。

201884163319.JPG

 

 

詳しくは、Brembo 6Pot Type-R キャリパーキット Lineupリア Brembo Modena 4Pot キャリパーキット 355φをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

Biot では、フロント6Pot とリアF360 355φの組合せをお勧めしています。

201884163344.JPG 20188416342.JPG

▲Biot brembo キャリパーキット装着車

20アルファード/ヴェルファイア リアbrembo/ブレンボ!

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201882233752.JPG

▲20アルファード/ヴェルファイア リアbrembo/ブレンボ

 

純正サイズは、brembo製の298φの1ピースソリッドローターです。

201882233821.JPG

▲Biot では専用3ピースローターを製作

 

 

Biot では、20系アルファード/ヴェルファイアのリア用に355φの4Pot/F360 キャリパーを設定しています。

201882233912.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

F360 キャリパーは、355φが設定の最大径となっていますので、20系アルファード/ヴェルファイのリアキャリパーサポートは、特殊な形状で製作されており、強度確保のためにスチール製となっています。

 

通常の形状では、355φを装着することができません。

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

 

標準仕様はスリットローターです。

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

201882233955.JPG

▲Biot 専用3ピースローター

 

パーキングブレーキはインナードラム式で、純正の機構がそのまま使用できますので、車検も問題ありません。

201882234024.JPG

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

201882234124.JPG

 

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201882234053.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201882234155.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

201882234232.JPG 201882234252.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わった、三次元測定機で精密測定を行います。

201882234353.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201882234416.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

Biot では、フロント6Pot とリアF360 355φの組合せをお勧めしています。

 

詳しくは、ブレーキ購入シミュレーションをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

201882234614.jpg

▲20系 アルファード/ヴェルファイア brembo キャリパーキット装着車

 

 

Biot リアオフセットキット TOYOTA PRIUS/プリウス 30系 330φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201877141138.jpg

▲Biot リアオフセットキット TOYOTA PRIUS/プリウス 30系

 

TOYOTA PRIUS/プリウス 30系のリアブレーキオフセットキットです。

201877141214.JPG

 

 

純正サイズは、259φの1ピースローターです。

 

純正片押しキャリパーに、パーキングブレーキが装着されていて、ローターもソリッドローターになっているため、簡単にキャリパーを交換することができません。

201877141247.JPG

 

パーキングブレーキが、純正と同形式で作動しないと車検に適合しません。

 

Biot では、TOYOTA PRIUS/プリウス 30系は、320φ、330φ、342φの三種類のリアオフセットキットが設定されています。

20187714167.JPG

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201877141323.JPG

 

 

2ピースローターでは組立ボルトがキャリパーに干渉するため、特殊な加工を行っています。

201877141351.JPG

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。 付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

201877141419.JPG

 

 

ローターは組付けが終わった、三次元測定機で精密測定を行います。

20187714153.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

201877141533.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット PRIUS ZVW30/35をご覧ください。

Biot リアオフセットキット アルファード/ヴェルファイア 30系 340φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20187671225.jpg

▲Biot リアオフセットキット アルファード/ヴェルファイア 30系 340φ

 

アルファード/ヴェルファイアのリアオフセットキットです。

 

純正サイズは、301φの1ピースローターです。

純正キャリパーに電動パーキングブレーキのモーターが装着されている30系のアルファード/ヴェルファイアは、純正キャリパーを外して、他のキャリパーに交換することができません。

 

Biot では、純正301φを大径340φにするリアオフセットキットを設定しています。

20187671428.JPG

▲Biot リアオフセットキット アルファード/ヴェルファイア 30系 340φ

 

340φより大きなローター径にすると、パッドがローター外径より突出してしまいます。

また、パッドが段付き摩耗してしまいます。

20187671611.JPG

 

ブレーキラインは純正再利用で装着できます。

20187671543.JPG

 

オフセットステーは、M14 の純正と同サイズのボルトを付属させています。

検品時に、ネジ込み確認を行い、ボルトとオフセットステーのネジ径、ネジピッチがあっていることを最終確認しています。

20187671643.JPG

▲Biot では測定画像を保存

 

 

付属品、オフセットステーは重量も計測しています。

 

 

組付けしたローターは、三次元測定機で精密測定を行い、完成です。

20187671717.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

取付説明書、取扱説明書を入れて終了です。

20187672045.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット ヴェルファイア30系リア ブレーキオフセットキット アルファード 30系をご覧ください。

ページ上部へ