ホーム>Biot Blog>アルファード/ヴェルファイアに関する記事一覧

アルファード/ヴェルファイアに関する記事一覧

リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot アルファード/ヴェルファイア 30系 後期-2

2018317225211.jpg

▲リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot アルファード/ヴェルファイア 30系

 

装着と確認作業が終わり、アルファード/ヴェルファイア 30系 リア ツイン キャリパーキット が完成しました。

4Pot の355φのキットをすでに設定していたため、多少共通部品があり、アテンザに比べると今回の作業は、スムーズに進行しました。

やはり、bremboキャリパーを除くと、全て自社設計、自社開発品で構成していますので、4Pot キャリパーキットと異なるパーツは全て製作しました。

製作部品は、内製加工でできるものばかりでしたので、仕様が決まってからは、10日間位です。

このキットも、まだ世の中には無い、凄く特殊な製品です。

 

ご注文いただいていたドリルド加工にディスクローターを交換して装着完了です。

2018317225311.JPG

 

キャリパーカラーは、ホイールに合わせてシャンパンゴールドになっています。

純正の片押しキャリパーは、パーキングブレーキ用として使用し、brembo製の2Pot キャリパーをメインで使用します。

201831722541.JPG2018317225436.JPG

 

製品には、詳しいイラストが付いた取付説明書が付属します。

今、スタッフが製作しています。作業手順を追って作っていますので、読みながら作業ができます。

アルファード/ヴェルファイア 30系は、純正キャリパーのカプラーを安易に外すと、CANシステムのエラーが発生しますので、取扱説明書にエラーが発生しないよう手順を詳しく書いています。

 

車両を貸していただいたお客さんにも、30後期のアルファードを納車後数日で預けていただき、出来上がりも喜んでもらって、本当に感謝しています。

リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot アルファード/ヴェルファイア 30系 後期

20183121193.JPG

▲リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot アルファード/ヴェルファイア 30系

 

アルファード/ヴェルファイア 30系の電動パーキングブレーキ車用の、リアbrembo 2Pot ツインキャリパーキットの開発過程です。

brembo製2Pot キャリパー、パーキングブレーキ用の純正キャリパーを加工製作した部品とともに装着し、ローターとのクリアランス、調整方法の良否を確認します。

ブレーキラインも純正装着が可能か、専用品を付属するかを確認します。

ブレーキラインは、専用品を付属させるようになりました。

 

パーキングブレーキ用の純正キャリパーは、パッド厚によって位置もアーム等に干渉し装着不可な場合があるため、新品状態のパッドから摩耗した状態のパッドまでを装着した場合を想定して、図面の他に画像データーと製品の企画進行書に細かく記入しておきます。

 

その画像データーと企画進行書を元に装着時のイラストを書き取付説明書を製作して、販売時には全商品付属させています。

 

201831211947.JPG

 

4Pot Modenaキャリパーキットは既に販売していますのでご覧ください。

アルファード/ヴェルファイア 30系 後期 ブレーキシステム開発開始

2018220134013.jpg

▲アルファード/ヴェルファイア 30系 後期

アルファード 30系 後期が入庫しました。

ホイールは、社外品に変更されています。

2018220134040.jpg

 

これから、各純正データーを計測し、リバースエンジニアリングを行います。

 

どのような商品が設定できるかで、お客さんの注文内容も決まります。

リアのツインキャリパーキットも設定予定ですのでご期待ください。

30アルファード/ヴェルファイア リアbrembo/ブレンボ!-2

201811931318.JPG

▲30アルファード/ヴェルファイア リアbrembo/ブレンボ

30アルファード/ヴェルファイア リアbrembo/ブレンボキャリパーキットの製作についてです。 純正キャリパーのデーター等をとったら、パーキングブレーキの位置の検証を行います。 ローター径は何φが最小値となるか、各部の干渉をみながら、位置の候補を何か所か確認します。 ナックルを取り外し、三次元測定機で各部の細かな位置を計測し、パーキングブレーキ用のステーを設計します。

20181193161.JPG

パーキングブレーキの作動を確実に行えるよう、新規にマウントシャフトを製作して固定しています。 この作業と同時に、ローターサイズの深さになる数値も決定します。 その後に設計するベルハウジング、キャリパーサポート等の寸法が決まります。

201811931640.JPG201811931659.JPG

30アルファード/ヴェルファイア リアbrembo/ブレンボ!-1

201811720470.jpg

▲30アルファード/ヴェルファイア リアbrembo/ブレンボ

 

30アルファード/ヴェルファイア リアbrembo/ブレンボキャリパーキットの製作についてです。

純正で、片押しタイプの電動パーキングブレーキが採用されている30系は、純正キャリパーを他の物に変えることができません。

また、違うパーキングブレーキの方式に変えると車検が通りません。

 

 

そこで、純正キャリパーを、パーキングブレーキ用として使用して、純正キャリパーの位置にbrembo4Potキャリパーを装着できるようにしたキャリパーキットを設定しています。

 

設定までの作業について数回にわたり、ご紹介します。

 

初めに純正を分解し、各種の寸法、作動量など細かく計測及び作動確認を行います。

純正をより多く理解することが、いい製品を作ることだと考えています。

30系のアルファード/ヴェルファイアのリアは、TOYOTAでの新しいブレーキシステムですので、前例や詳しい取扱説明書がありません。

まして、ディーラーで行わない作業へのトラブル対処などやってもらえるところもありません。

そのような中で、少ない情報を元に、純正を理解するために、分解して理解をすることが重要です。 ご購入いただく販売店やお客さんに、うちで行う開発作業と同じことをやらなくていいよう、取扱説明書を詳しく作成します。

 

 

そんな感じで始まる商品開発です。最初の純正の分解はキャリパー本体です。

 

20181171237.JPGのサムネイル画像    20181171339.JPGのサムネイル画像    20181171310.JPGのサムネイル画像

 

 

バラバラにして、キャリパーの許容を調べます。純正パッドも新品を取り寄せして、トヨタの設定値も検証します。

2018117101.JPGのサムネイル画像

ページ上部へ