ホーム>Biot Blog>Porscheに関する記事一覧

Porscheに関する記事一覧

Biot ブレーキオフセットキット Porsche 981 Cayman GTS フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

2019112111020.jpg

▲Biot フロントオフセットキット 981 Cayman GTS

 

純正サイズは、330φの1ピースローターです。

2019112111046.JPG

▲Biotではケイマン GTSのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、981 Cayman GTS用に355φのフロントオフセットキットが設定されています。

2019112111127.JPG

▲BiotではCaymanの純正データーを計測

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

2019112111159.JPG

▲Biotではケイマンの純正部品を図面化

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2019112111233.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201911211137.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2019112111345.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキット Porsche Cayman 981 GTSをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Porsche 964ターボ 純正交換2ピースローター フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018121352456.jpg

▲Porsche 964ターボ 純正交換2ピースローター フロント

 

Porsche 964ターボの純正交換2ピースローターです。

 

サイズは、322φ T=32で純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

純正キャリパーは、フロント4Potのbremboキャリパーが採用されています。

 

ポルシェの964ターボは、3.3Ⅼと3.6Ⅼの2車種があり、エンジンの他、フロントブレーキキャリパーが異なっています。

2018121352518.JPG

▲Porsche 964 3,3Ⅼ 純正フロントブレーキ

 

2018121352541.JPG

▲Porsche 964 3,6Ⅼ 純正フロントブレーキ

 

 

964ターボは、ローターは同じですが、キャリパーとパッドが異なっており、3,6Ⅼの方がパッド当たり面が広くなっています。

 

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

 

 

組付け後は、三次元測定機で精密測定を行い発送します。

201812135269.JPG

▲Biot では全品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2018121352649.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

詳しくは、964 turbo3.3964 turbo3.6をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 純正交換ローター Porsche Cayenne GTS

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018922212546.jpg

▲Biot 純正交換ローター フロント Porsche Cayenne 958 GTS

 

 

Porsche Cayenne 958 GTS用の純正交換ローターです。

3.6 V6 Turbo車用になります。

 

 

サイズは、フロント390φ、リア358φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

2018922212932.JPG 2018922212958.JPG

 

 

純正キャリパーは、フロント6Pot、リア4Pot のbremboキャリパーが採用されています。

2018922212612.jpg

▲Biotではポルシェカイエンのブレーキディスクローターを製造しています

 

 

2018922212637.jpg

▲Biot gout 純正交換2ピースローター

 

2018922212659.jpg

▲Biot 純正交換3ピースローター

 

 

Biotでは、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

2018922212752.jpg

▲Biot 純正交換ローター リア

 

Porsche Cayenne 958 GTS 軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018922212828.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

 

Biotでは、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018922212859.JPG

▲純正交換 3ピースローター リア

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント Cayenne 958純正交換 Dナット 3ピースローター リア Cayenne 958をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 純正交換ローター Porsche 997 GT3

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018921232243.jpg

▲Biot 純正交換ローター Porsche 997 GT3 フロント

 

Porsche 997 GT3の純正交換2ピースローターです。

 

サイズは、フロント350φ、リア330φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

純正キャリパーは、フロント6Pot、リア4Pot のbremboキャリパーが採用されています。

2018921232319.jpg

▲Biotではポルシェ 997 GT3のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

2018921232343.jpg

▲Biot 純正交換2ピースローター

 

201892123247.jpg

▲Biot 純正交換3ピースローター

 

Biotでは、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

2018921232430.jpg

▲Biot 純正交換ローター Porsche 997 GT3 リア

 

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018921232451.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

 

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018921232512.JPG

▲純正交換 3ピースローター リア

 

 

2018921232534.jpg

▲Biot 純正交換ローター装着車 ポルシェ

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018920235746.jpg

▲Biot ブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 リア

 

 

純正サイズは、330φの1ピースローターです。

201892023589.JPG

▲Biot では996GT3のブレーキディスクローターを製造しています

 

 Biot では、996GT3用に342φと355φの二つのサイズのリアオフセットキットが設定されています。

350

▲Biot ブレーキオフセットキット ポルシェ 996 GT3 リア

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018920235952.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

20189210022.JPG

▲Biot3ピースローター

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018920235914.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

996GT3用のリアオフセットキットは、Cupカー用のインナードラムレスの2ピースタイプも設定があります。

 

センターロック仕様に対応している設定もありますのでお問い合わせください。

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot ブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018917221021.jpg

▲Biot ブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 フロント

 

 

純正サイズは、330φの1ピースドリルドローターです。

350

▲Biotでは996GT3のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、996GT3用に、350φのフロントオフセットキットが設定されています。

2018917221115.JPG

▲Biot ブレーキオフセットキット ポルシェ 996 GT3 フロント

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

純正と同等のドリルドローターもオプションメニューでお選びいただけます。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

汎用カラーが付属していますので、純正ブレーキパイプも無理なく装着できます。

2018917221143.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインに対応

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201891722129.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキット Porsche 996 GT3 Road Ver.をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Porsche ポルシェ 930 ピロアッパーマウント!

201812918519.jpg

▲Porsche ポルシェ 930 ピロアッパーマウント

純正は、スチールのハウジングとラバーブッシュでできています。キャンバー調整はできません。 形状が特殊で、ボディー側の湾曲した面にあった形状でできています。厳密には、取付して締め上げると、ボディーにフィットする感じです。

20181291860.JPG

Biotでは、他車のストラットタイプのサスペンションと同様に、キャンバー調整式のピロアッパーマウントを設定しました。 ゼロから、ニーズに合わせて設計し、製品化しました。 製作は大変ですが、世の中には無いパーツとして、Biotのこれまでの軌跡になるものだと思います。

20181291874.jpg201812918726.jpg

詳しくは、Porsche ポルシェ 930 ピロアッパーマウントご覧ください。

930ターボ用 サスペンションキット!-1

この930ターボ用 サスペンションキットは、純正トーションバーを残し、ショックアブソーバーのみを交換します。

基本は、フロントは純正アッパーマウントを再使用して装着しますが、オプションで調整式ピロアッパーマウントの設定があります。

2018129171547.jpg

リアは、純正ラバーマウントを再使用できるよう、特殊なシャフトカラー(受け皿のような形状)を付属させています。この部分は、ウレタン等で製作すると、シャフト上部に負担がかかり、純正ラバーより硬度の高い素材を使うと、常時ねじ部の締めましが必要となります。

2018129171623.jpg201812917184.jpg

 

直巻きスプリングを使用してトーションバーを外すタイプの930ターボ用 サスペンションキットも販売しています。

Porsche 997 サスペンションキット!

201811410335.JPG    201811410821.JPG

ポルシェの997の4WD車用のサスペンションのフロントは、ドライブシャフトの進行方向後方によけて、ナックル取付部に固定されています。

サスペンション上部は、RR車と同じ位置に装着されているため、サスペンションの1G装着状態(通常に走行できる状態)で約10°の角度が付いています。

更に走行状態で、コーナーを曲がる際等の1.5~2G(車輌が傾いた状態)では、更に角度はきつくなり、一般的なピロボールタイプのアッパーマウントではピロボールの作用角を越えてしまいます。

 

これは、996の4WD車も同じです。

 

997は、カレラ4もボディーがワイド化されているため、リアにも少し角度が付いています。

 

Biotでは、純正状態を細かく計測し、必要に応じ純正状態を図面化してこのような製品数値を割り出しています。

サスペンションの製品化にあたり、フロント、リア共に専用のピロアッパーを設定しています。

 

996/997の4WD車では、ピロアッパーマウント付きの車高調整サスペンションキットは少なく、純正アッパーマウントを使用している物が大半です。

 

通常の方式で、ピロアッパーマウントを装着するとサスペンションのストローク時に作用角を越えてしまい、ピロボールが破損します。

最悪の場合は、シャフト先端が曲がり、折損してしまう可能性も大きい部品です。

 

もし、当社以外でのピロアッパーマウントを使用されている場合は、確認された方がいいと思います。

201811410910.jpg

ページ上部へ