ホーム>Biot Blog>新着情報

新着情報

【特注ブレーキローター-12 BMW E36 M3 リア】

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202028154020.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径323㎜の3ピースローターです。

 

お車は、BMW E36 M3、PCD120/5Hです。

いつも色々販売していただいている販売店からのご依頼でした。

202028154134.JPG

 ▲Biot ではローターを計測

 

202028154157.JPG

▲Biot ではローターを図面化

お預かりしたローターも三次元測定機で計測します。

20202816753.JPG

▲Biot ではサンプルも三次元測定機で精密測定

 

作った製品、交換した部品等、お返しする際には、お預かり時より良い精度になるよう、元の状態をきちんと把握します。

 

現品をお預かりして簡単な図面を書いて、確認をいただき進めました。

20202816178.JPG

▲Biotではレイアウト図面を作成

 

余り細かな確認事項があると大変ですので、頂いた情報から、最小限の選択部分と確認事項をお知らせして、図面で承認をいただきます。

 

承認をいただいたからといって、装着できないものを製作しては、お受けする仕事として成立しませんので、こちらでは十分に考慮してお客様の負担を減らした内容で進行している感じになります。

ローター本体は、ホームページに記載されている他にもかなり設定があります。

その中から選んで使用する方が、次回ローターが消耗した際にも、安価で早くローターを購入いただくことができます。

もちろん適合が無い場合には、単品でも製作することは可能です。

今回は、ローター本体(補修用ローター)は、Biotの既存品の中から選択していただいて、ベルハウジングのみを製作しました。

202028161741.JPG

▲Biot 補修用ローター BR.R3.328-28

 

ご確認いただいた簡単な承認用図面を元に、ベルハウジングは、車種からハブ外径を考慮して、装着可能な形状と寸法で設計します。

202028161845.JPG

▲Biotでは特注ベルハウジングを製作

 

インナードラムは、Biotの既存部品を少加工して使用しました。

20202816199.JPG

▲Biot インナードラム

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

202028161943.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20202816207.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて発送しました。

 

 

詳しくは、特注ローター製作をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 特注 ブレーキローター-11 補修用ローター

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20202474241.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径380㎜の補修用ローターです。

 

・製造メーカーが廃業等、現状の補修部品が入手困難になった。

・中古車で購入した車両に装着されていた。

・メーカーサイズ等が不明。

 

大半のお客さんは上記の様な事でお問い合わせを頂きます。

 

 

お車は、エスカレードでフロント用です。

 

お預かりしたときは、こんな状態でした。

20202474310.JPG

▲エスカレードブレーキローター

 

今回はブレーキパッドも一緒にご注文頂きました。

20202474334.JPG

現車と現品は確認できませんので、頂いた情報を元に簡単な図面を書いて、確認をいただき進めました。

20202475116.JPG

▲Biotではレイアウト図面を作成

 

余り細かな確認事項があると大変ですので、頂いた情報から、最小限の選択部分と確認事項をお知らせして、図面で承認をいただきます。

 

ローター本体は、ホームページに記載されている他にもかなり設定がありますが、どうしても現状のキャリパー等のレイアウト上ローター部のみを交換されたい場合にご利用いただいております。

補修用ローターの消費が多いお客さんには、ベルハウジングを製作して補修用ローターはBiot 規格品を使用できるようにした2/3ピースローターもご提案しています。

初回はベルハウジングを製作しますので、少し費用が掛かりますが、二回目以降は補修用ローターの価格はかなり安価にご購入いただけます。

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot 補修用ローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

20202474834.JPG

▲Biot ブレーキパッド envie

 

ご希望によりますが、ローターの組替までを行ってお送りしております。

2020247478.JPG

▲Biot ではエスカレードのローターを組付け

 

ローターは組付けが終わったら、製品と同じ様に三次元測定機で精密測定を行います。

2020247484.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

今回のローターは、2ピースローターでしたが、ベルハウジングとブロックナットの間にコの字型のプレートが入っていました。

20202474915.JPG

▲エスカレードブレーキローター

 

組み立て後の精度に大きく影響し、プレートとベルハウジングの間に摩耗したパッドやローターのダストが詰まっていて取り外して洗浄し組付けしました。

20202475012.JPG

▲エスカレードブレーキローター

 

このプレート洗浄だけで、組付け平行度は5/100i以上改善しました。

 

 

詳しくは、特注ローター製作をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リアオフセットキット アルファード/ヴェルファイア 30系 340φ-3 ドリルドVer.ZERO

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202021112745.jpg

▲Biot リアオフセットキット アルファード/ヴェルファイア 30系 340φ

 

純正サイズは、301φの1ピースローターです。

Biot では、340φのリアオフセットキットが設定されています。

 

 

 

今回は、ドリルドVer.ZEROでのご注文でした。

202021112820.JPG

▲Biot ではドリルドローターを製造

 

通常のドリルドローターはオプションメニューでVer.1とVer.2ですが、新たにVer, Zeroのドリルド加工を追加します。

202021112847.JPG

▲Biot ではドリルド加工を追加

 

ドリルドVer.ZEROはスリット加工が無いため、ローターの製造段階から別製品となって製作されます。

20202111461.JPG

▲Biot ではドリルドローターを製造

 

 

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

202021112915.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

202021112948.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

202021113051.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

202021113119.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

202021113146.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット アルファード 30系をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「アルファード/ヴェルファイア」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

特注ブレーキローター-10 TOYOTA ALIST

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20202195911.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径390㎜の2ピースローターです。

20202195938.JPG

▲Biot では特注ローターを製作

 

お車は、アリスト147、PCD114.3/5Hです。

少し遠方からのご依頼でした。 現車と現品は確認できませんでしたが、お客さんから頂いた情報で、確認をいただき進めました。

 

今回は、お客さん自身で補修用ローターはBiot製品の中から選び、完成寸法を指定していただいての製作です。

ローター本体は、ホームページに記載されている他にもかなり設定があります。

その中から選んで使用する方が、次回ローターが消耗した際にも、安価で早くローターを購入いただくことができます。

もちろん適合が無い場合には、単品でも製作することは可能です。

今回は、ローター本体(補修用ローター)は、Biotの既存品の中から選択していただいて、ベルハウジングのみを製作しました。

20202110010.JPG

▲Biot 補修用ローター BR.R3.390-36

 

製作した図面を元に、ベルハウジングは、車種からハブ外径を考慮して、装着可能な形状と寸法で設計します。

20202110046.JPG

 ▲Biotでは特注ベルハウジングを製作

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

20202110117.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20202110140.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて発送しました。

2020211028.JPG

▲Biot では全品取扱説明書を付属

 

詳しくは、特注ローター製作をご覧ください。

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ドリルドローター Ver.Zero の加工

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202012804037.JPG

▲Biot ドリルドローター Ver, Zero

 

Biotでは、ドリルド加工は、Ver, 1、Ver, 2、Ver, Zeroの3種類を用意しています。

Ver, 1とVer, 2は、スリットローターへドリルド加工を追加した仕様です。

Ver, Zeroは、スリット加工が無く、ドリルド加工のみの仕様となっています。

 

Biotでの標準仕様は、全てスリットローターです。

 

Ver, Zeroのドリルド加工を行う場合は、スリットなしのローターを製作し、Ver, Zeroのドリルド加工を行います。

20201280417.JPG

▲Biot ではマシニングセンターでドリルド加工

 

常時ローターは、生産していますので、スリットローターは在庫もありますし、生産予定品もあります。

追加加工でしたら、その過程で簡単に行う事が出来ます。

 

Ver, Zeroのドリルドローターは、上記の様な理由から、少しだけ多くお時間を頂き、加工、製作しています。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

Biot 特注キャリパーサポート TOYOTA SAI

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

 

お預かりした部品です。

2020126142935.JPG

▲特注キャリパーサポート製作

 

 

車両の乗り換えや、中古で譲ってもらったりしたキャリパーを持っている等、ご相談いただければ、現状と装着車両の情報をうかがい、予算、仕様変更、出来上がりのイメージ等を相談しながら、必要部品を製作、販売するサービスです。

今回は、TOYOTA SAI用のキャリパーサポートの製作依頼でした。

 

キャリパーは、4Pot のAPキャリパーす。

使用ローターは、合わせて新規に342φの2ピースローターを製作しています。

202012614304.JPG

▲Biot特注2ピースローター製作

 

 

キャリパーは、当社で図面にしたものの中にはありませんでしたので、リバースエンジニアリングを行い図面化します。

2020126143030.JPG

▲Biotではキャリパーを図面化

 

パッドも同じように図面化します。

 

お預かりした部品の図面を、依頼のあったお車のナックルに合わせて、製作するキャリパーサポートを設計します。

キャリパーサポートにキャリパーやパッドが干渉しますので、キャリパーサポートをキャリパーにあった形状で製作しています。 

202012614314.JPG

▲Biotではキャリパーサポートを自社製作

 

必要に応じとなりますが、専用のボルト等も付属させています。

2020126143129.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

取付説明書が無い場合も、取扱注意事項と組付けの画像を添付して、作業時にわかりやすくなる様にしています。

2020126143156.JPG 2020126143217.JPG

▲Biotでは組付け確認

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

Biot ブレーキオフセットキット Porsche 996 ターボ リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202012401810.jpg

▲Porsche 996ターボ リアオフセットキット

 

純正サイズは、330φの1ピースローターです。

202012401849.JPG

▲Biot ではPorscheのブレーキディスクローターを製造しています

 

Biot では、342φと355φの二つのサイズのリアオフセットキットが設定されています。

202012401919.JPG

▲Biot ではPorscheのブレーキディスクローターを製造しています

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

202012402649.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

20201240201.JPG

▲Biotではインナーシューに対応

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

202012402546.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

202012402033.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

20201240211.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

202012402125.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20201240224.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット Porsche 996 ターボ/カレラ4Sをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています

 

【関連記事】当ブログの中の「Porsche」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 補修用ローターについて-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202012182859.jpg

▲Biot 補修用ローター

 

Biotでは、色々な用途、種類のブレーキローターを販売しています。

20201218280.jpg

▲Biot 2ピースローター

 

2ピースローターでも、純正交換ローター、オフセットキット、bremboキャリパーキットなどがあります。

202012183138.jpg

▲Biot ブレーキオフセットキット

 

リア用の場合は、2ピースローターにパーキングブレーキ用のインナードラムが組付けされている3ピースローターもあります。

202012182926.jpg

▲Biot 3ピースローター

 

Biotでは、設定している2/3ピースローターの全てに、自社規格の補修用ローターを設定しています。

 

その種類は何百種類もあり、全てをお伝え出来てはおりません。

202012182952.jpg

▲Biot R35 純正ベルハウジング対応 ブレーキローター

202012183022.jpg

▲Biot 補修用ローター 12ホール

202012183049.jpg

▲Biot 補修用ローター 10ホール

 

 

全て、R,L 1setでの販売で、カタログ、ホームページ等に記載されている価格も、R,L 1setでの価格です。

ホームページ等には、各キット毎にアルファベットでA~に記号で、R,L 1setでの価格は分かるようになっています。

 

 

その他、常時特注のローターも製作しています。

大半は1setでのご注文です。

 

ローター他ブレーキについて、何かお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Biot  補修用ローター(R,L 1set)もご覧ください。

 

設定が無いサイズの場合は、特注ブレーキローター製作しますをご覧ください。

 

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo キャリパー カラー-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020116224910.jpg

▲Biot brembo キャリパーカラー変更

 

Biotでは、キャリパーキットのオプションメニューとして、キャリパーカラーの変更を行っています。

 

 

標準色は黒に白文字です。

2020116224940.jpg

▲Biot brembo F360 /Modena キャリパー

 

 

 

今回は、赤への色変えを同時に沢山行いました。

 

202011622509.JPG

▲Biot brembo F360 /Modena キャリパー

 

2020116225036.JPG

▲Biot brembo 2Pot キャリパー

 

2020116225149.JPG

▲Biot brembo F50 キャリパー

 

 

カラー変更は、bremboのラインナップに準じて行っています。

キャリパーボディーが赤の場合は、文字色は通常は白ですが、まれに黒文字の指定の時があります。

Ferrariの赤いキャリパーが黒でFerrariとなっていますので、そんなイメージからのご注文かもしれません。

 

 

Biotで扱っているキャリパーは、印刷ロゴのタイプですので、同じようにロゴは印刷します。

 

ステッカーではありません。

 

特殊な塗料を使用し、乾燥用の低温窯で時間をかけて何度も乾燥させ、塗装の硬度を確保しています。

 

 

乾燥したキャリパーは、丸一日自然乾燥させてから、表面をバフ仕上げで磨きます。

小さなホコリ等も取り除き、bremboより入荷した状態以上の仕上がりで、それぞれのご注文頂いたお客さんへ発送しています。

 

ローターやベルハウジングの製作と同様に、キャリパーカラー変更も自社で行います。

2020116225239.JPG

▲Biot brembo キャリパーカラー変更

 

 

【関連記事】当ブログの中の「bremboキャリパー」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

bremboキャリパーの入荷-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020116105051.JPG

▲bremboキャリパー

 

Biotでは、bremboキャリパーを扱っています。

bremboキャリパーと言っても様々で、何百種類もある中のほんの一部を使って製品作りを行っています。

 

 

キャリパー単体は、すぐにあるものではありません。

また、現状はキャリパー単体を購入することはできないです。

 

半年~1年くらい前にオーダーした物が今、届くといった感じです。

2020116105456.JPG 2020116105522.JPG

 

それも1setなどでは作ってもらうことはできません。

来月も、再来月も必要ですので、計画してそれなりの数と時期で製作依頼を行っています。

 

bremboキャリパーはGTキットと呼ばれるものと、Biotで製作している物とが存在しています。

Biotでbremboキャリパーのみを使用し、その他ローター、パッドなどは自社設計、自社規格で設計して販売しています。

ディスクローター、パッドを自社規格で製作することで、大容量キャリパー交換時の鳴き、ダストの発生などに、全く違う角度での製品創りを行っています。

 

一番の違いは、ローターの材質です。

低ダストと鳴きに対応するためBiotでは試行錯誤を繰り返し、自社ブランドのブレーキディスクを製作しています。

 

Biotでは細かなサイズ設定や常時日本国内にある車両に対しては新しい製品を作りだしています。

細部の特注対応、設定の無い商品の新規製作、ご注文製品の短納期、補修部品の供給なども安定して行っています。

2020116105659.jpg 

▲Biot補修用ローター

 

Biotでは、キャリパーをある程度の単位で購入するため、送られてきたときの状態は、一般的な工業製品の様にまとめて梱包されて届きます。

202011610543.JPG

▲Biotではbremboキャリパーを検品

 

パッドも付属してきますので、パッド、ピン、クロススプリングを取り外し、傷等を確認して、一台分に分けてBiot 部品コードを付けて、在庫管理を行います。

2020116105327.JPG

▲Biotではbremboの各部品を個別在庫管理

 

付属のブレーキパッドは、ダストの問題で当社では使用しません。

2020116105250.JPG

▲Biotでは低ダストパッドを付属

 

キャリパーカラー変更をしない場合は、バフ仕上げを行い、入荷時以上の状態で発送しています。

2020116105129.JPG

▲Biotではキャリパーのバフ仕上げ

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

ページ上部へ