ホーム>Biot Blog>BMWに関する記事一覧

BMWに関する記事一覧

特注ブレーキローター-13 BMW E46 M3 フロント

 こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202021381028.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

今回の特注製作のディスクローターは、外径355㎜の2ピースローターです。

お車は、BMW E46 M3です。

少し遠方からのご依頼でした。 現車と現品は確認できませんので、頂いた情報を元に簡単な図面を書いて、確認をいただき進めました。

20202138111.JPG 202021381127.JPG

▲Biot 特注ブレーキローター製作

 

お預かりしたローターは、ドリルドローターで、クラックがたくさん入っていました。

素材もBiot製とは異なっています。

 

余り細かな確認事項があると大変ですので、頂いた情報から、最小限の選択部分と確認事項をお知らせして、図面で承認をいただきます。

承認をいただいたからといって、装着できないものを製作しては、お受けする仕事として成立しませんので、こちらでは十分に考慮してお客様の負担を減らした内容で進行している感じになります。

 

ローター本体は、ホームページに記載されている他にもかなり設定があります。

その中から選んで使用する方が、次回ローターが消耗した際にも、安価で早くローターを購入いただくことができます。

 

もちろん適合が無い場合には、単品でも製作することは可能です。

20202138949.JPG

▲Biot 特注2ピースローター

 

今回は、ローター本体(補修用ローター)は、Biotの既存品の中から選択していただいて、ベルハウジングのみを製作しました。

20202138919.JPG

▲Biot 補修用ローター BR.R3.355

 

ご確認いただいた簡単な承認用図面を元に、ベルハウジングは、車種からハブ外径を考慮して、装着可能な形状と寸法で設計します。

20202138855.JPG

▲Biotでは特注ベルハウジングを製作

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

20202138829.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2020213880.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて発送しました。

20202138730.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、特注ローター製作をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot gout 純正交換2ピースローター BMW F8# M3/M4 フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191229195042.JPG

▲BMW F82 M4 Biot フロントブレーキローター

 

BMW M4の純正交換2ピースローターです。

 

サイズは、フロント380φで、純正交換タイプですので外径は純正と同じです。

ローターの厚さは、テストの結果等で、純正T=30をT=32にして設定しています。

装着と使用上の問題はありません。

 

 

耐久性の向上が目的です。 純正キャリパーは、フロント4Potのbremboキャリパーが採用されています。

2019122919522.JPG

▲BiotではBMW M3/M4のブレーキディスクローターを製造しています

20191229195224.JPG

▲Biot gout 純正交換2ピースローター

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

20191229195015.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

M3/M4のフロントディスクブレーキは、パッドハイトが大きいため、ベルハウジングの外径が設定時の問題となります。

2019122919547.JPG

 

専用のディスクローター、ベルハウジングを設定し、製品化しています。

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20191229194948.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

詳しくは、 純正交換 gout 2ピースローター フロント BMW F80/82 M3/M4をご覧ください。

20191229195328.jpg

▲Biot gout 純正交換2ピースローター Ver, ZERO

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW E46 M3 Biot フロントオフセットキット 355φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201810904624.jpg

▲BMW E46 M3 Biot フロントオフセットキット 355φ

 

純正サイズは、325φの1ピースローターです。

201810904715.JPG 201810904757.JPG

▲BiotではE46 M3のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは,E46 M3用に355φのフロントオフセットキットが設定されています。

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキット BMW E46 M3をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

201810904829.jpg

▲Biotブレーキ装着車両

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW F06 Biot 純正交換 2ピースローター

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181083914.jpg

▲BMW F06 Biot 純正交換 フロント2ピースローター

 

 

 

BMW F06 640iの純正交換2ピースローターです。

20181083947.JPG

▲BiotではBMW F06のブレーキローターを製作

 

 

サイズは、フロント348φ、リア345φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

20181083111.JPG

▲BMW F06 純正フロントブレーキ

 

 

201810831129.JPG

▲BMW F06 純正リアブレーキ

 

 

201810831159.jpg

▲BMW F06 Biot 純正交換 リア2ピースローター

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

 

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

 

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント BMW F06をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW F10/F11 Biot フロントオフセットキット 365φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

2018106223920.jpg

▲BMW F10/F11 Biot フロントオフセットキット 365φ

 

 

純正サイズは、330φの1ピースローターです。

2018106223758.JPG

▲BiotではBMW F10/11のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、F10/F11の523/528i用に365φのフロントオフセットキットが設定されています。

2018106223831.JPG

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

 

 

標準仕様は8本スリットローターです。

 

今回は、ドリルドローターVer.Ⅱでの装着です。

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

 

純正20インチホイールは装着可能です。

201810622375.JPG

▲Biotでは純正ホイールのデーターを計測

 

 

オフセットステーは特殊な取付方法を採用して、強度を十分に確保しています。

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

2018106223556.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインに対応

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018106223626.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキット BMW F10 523i/528iをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

2018106223518.JPG

▲Biot ブレーキ装着車両 BMW F11

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW F10/F11 Biot リアオフセットキット 350φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018106131753.jpg

▲BMW F10/F11 Biot リアオフセットキット 350φ

 

 

 

純正サイズは、330φの1ピースローターです。

2018106131813.JPG

▲Biotでは F10/F11のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

Biotでは、350φのリアオフセットキットが設定されています。

2018106131833.JPG

▲BMW F10/F11 Biot リアオフセットキット 350φ

 

 

 

 

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

2018106131858.JPG

▲Biotでは純正データーを図面化

 

 

 

 

 

ローター素材は、Biot製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用している電動パーキングブレーキタイプです。

2018106131922.jpg

▲Biotでは電動パーキングブレーキに対応

 

 

 

取付時に使用するボルトも、特殊な専用部品となっています。

2018106131946.JPG

▲Biotでは自社設計、自社規格で製作

 

 

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201810613209.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインに対応

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018106132032.jpg

▲Biot純正交換ブレーキライン

 

 

 

 

F10とF11で、純正ローターは共通ですが、ナックル取付部が異なるため、キットも別設定になっています。

 

F10 リアナックル形状

2018106132059.JPG

▲Biotでは純正ナックル形状を図面化

 

F11 リアナックル形状

2018106132121.JPG

▲Biotでは純正ナックル形状を図面化

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット BMW F10 523i/528i/535iBMW F11 523i/528i/535iをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

2018106132145.jpg

▲Biot ブレーキ装着車両 BMW F10

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW E46 M3 Biot サスペンションキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018926123815.jpg

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット

 

BMW E46 M3のサスペンションキットです。

今回は、サーキット走行重視の仕様での製作です。

 

BMW E46は、M3 も含め、フロントキャンバー角をネガティブにしていくと、接地感がなくなっていく感じがします。

一般走行もある程度必要な場合は、ショックアブソーバーの減衰力、スプリングレート、の他に、キャンバー角、トー、ショック全長までをトータルで設定しないと、不安定なステアリング操作に、不安を抱えることになります。

 

 

装着前の組み立て時はこんな感じです。

2018926123853.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット フロント 組立

 

Biotでは、フロントストラットショックに正立単筒式を採用しています。

シャフト径は、自社規格品の25φです。

2018926123913.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット リア 組立

リアは、スプリングとショックアブソーバーが別のセパレートタイプです。

 

フロントの装着は、スタビブラケットがショックアブソーバーの固定されていて、ステアリング操作と同期して動きますので、ショックボトムに固定できるようにしています。

350

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット フロント装着

 

アッパーマウントはストラットタイプですので、調整式にしています。

2018926123942.JPG

 

▲BMW E46 M3 Biot ピロアッパーマウント フロント

 

E46 M3は、純正からM3以外とは互換性が無いため、専用品となっています。左右も別設定です。

 

リアは、セパレートタイプですので、ショックアブソーバーは純正の全長を基準に、短く調整できる方を多く取れるよう設定しています。

2018926124031.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット リア装着

 

スプリングは、サーキット走行を重視ですので、直巻きの14kを装着しました。

201892612407.JPG

 

 

 

 

201892612416.JPG

▲Biot サスペンションキット 装着車両 BMW E46M3

 

詳しくは、サスペンションキット euro trois BMW E46 M3をご覧ください。

 

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW E46 ALPINA B3 ブレーキ Biot brembo 装着

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201861072812.JPG

▲BMW E46 ALPINA B3 ブレーキ Biot brembo

 

BMW E46 ALPINA のブレーキ交換です。

E46 320Îに装着していたブレーキキットを移植しました。

 

リアのインナーシューのサイズが違っていたため、インナードラムを製作しました。

201861072838.JPG

▲Biot インナードラム

 

 

合わせて、再研磨して再度組み直しして装着です。

組付け後は、三次元測定機で測定しましたが、再研磨したため、制度は新品時と同等です。

201861072754.JPG

▲Biot では三次元測定機で全品精密検査

 

フロントは、F50 355φ、純正は325φからのサイズアップです。

20186107296.JPG 201861072929.JPG

 

リアは、Lotus 342φ、純正は320φでした。

201861072950.JPG 201861073010.JPG

インナーシューが大きくなっているため、320Î用のリアLotus 342φは、装着時に少し加工とシューの脱着が必要でした。

201861073718.JPG  201861073745.JPG

 

詳しくは、Biot euro フロント Brembo 4Pot F50 キャリパーキット 355φをご覧ください。

BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 リア3ピースブレーキローター

20184130189.JPG

▲BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 リア3ピースブレーキローター

 

BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 リア3ピースブレーキローターの装着です。

201841302057.JPG

 

リアにもこのM3/M4から、純正でbrembo 2Potキャリパーが標準装着されています。

201841302150.JPG

 

リアはローター外径は370φですが、純正の厚みが24㎜で、通常370φで設定されている当社製品は厚みが30~36㎜で適合するローター素材がありませんでした。

 

ローターには、中央にエアーギャップと言って、フィン形状の空間が設けられています。

エアーギャップの幅も何種類もあり、外径と共にローター素材を製作しています。

 

エアーギャップが広すぎて、パッド当たり面の厚さが薄くなると、放熱が良いように思われがちですが、放熱しきる前にローターが耐えられなくなり、一気に熱限界を超えてしまいます。

エアーギャップが広いということは、軽量でもあることですが、使用状況を考慮したバランスでそれぞれのディスクローターは設定されています。 軽い事は重要な要素ですが、安心して使える事も同じく重要な事です。

 

今回は、専用素材を新規に製作して、このBMW M3/M4のリア3ピースローターを設定しました。

 

標準スリット仕様と、ドリルドVer.ZERO の設定があります。

 

詳しくは、純正交換 Dナット 3ピースローター リア BMW F80/82 M3/M4をご覧ください。

 

201841301957.jpg

 

 

BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 フロント2ピースブレーキローター

201841193157.JPG

▲BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 フロント2ピースブレーキローター

 

BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 フロント2ピースブレーキローターの装着です。

201841193221.JPG

 

このM3/M4から、純正でbremboキャリパーが標準装着されています。

201841193243.JPG

 

フロント4Pot 380φ、リア2Pot 370φでローター径も大きなもので設定されています。

 

外径は従来品にもあるサイズですが、パッド当たり面が大きく、ベルハウジング取付け部(ベルハウジング外径)が小さくしないと設定できないサイズです。

 

標準スリット仕様と、ドリルドVer.ZERO の設定があります。

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント BMW F80/82 M3/M4をご覧ください。

 

201841193129.jpg

ページ上部へ