ホーム>Biot Blog>BMWに関する記事一覧

BMWに関する記事一覧

BMW E46 M3 Biot フロントオフセットキット 355φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201810904624.jpg

▲BMW E46 M3 Biot フロントオフセットキット 355φ

 

純正サイズは、325φの1ピースローターです。

201810904715.JPG 201810904757.JPG

▲BiotではE46 M3のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは,E46 M3用に355φのフロントオフセットキットが設定されています。

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキット BMW E46 M3をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

201810904829.jpg

▲Biotブレーキ装着車両

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW F06 Biot 純正交換 2ピースローター

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181083914.jpg

▲BMW F06 Biot 純正交換 フロント2ピースローター

 

 

 

BMW F06 640iの純正交換2ピースローターです。

20181083947.JPG

▲BiotではBMW F06のブレーキローターを製作

 

 

サイズは、フロント348φ、リア345φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

20181083111.JPG

▲BMW F06 純正フロントブレーキ

 

 

201810831129.JPG

▲BMW F06 純正リアブレーキ

 

 

201810831159.jpg

▲BMW F06 Biot 純正交換 リア2ピースローター

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

 

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

 

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント BMW F06をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW F10/F11 Biot フロントオフセットキット 365φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

2018106223920.jpg

▲BMW F10/F11 Biot フロントオフセットキット 365φ

 

 

純正サイズは、330φの1ピースローターです。

2018106223758.JPG

▲BiotではBMW F10/11のブレーキディスクローターを製造しています

 

Biotでは、F10/F11の523/528i用に365φのフロントオフセットキットが設定されています。

2018106223831.JPG

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

 

 

標準仕様は8本スリットローターです。

 

今回は、ドリルドローターVer.Ⅱでの装着です。

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

 

純正20インチホイールは装着可能です。

201810622375.JPG

▲Biotでは純正ホイールのデーターを計測

 

 

オフセットステーは特殊な取付方法を採用して、強度を十分に確保しています。

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

2018106223556.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインに対応

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018106223626.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

詳しくは、フロントブレーキオフセットキット BMW F10 523i/528iをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

2018106223518.JPG

▲Biot ブレーキ装着車両 BMW F11

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW F10/F11 Biot リアオフセットキット 350φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018106131753.jpg

▲BMW F10/F11 Biot リアオフセットキット 350φ

 

 

 

純正サイズは、330φの1ピースローターです。

2018106131813.JPG

▲Biotでは F10/F11のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

Biotでは、350φのリアオフセットキットが設定されています。

2018106131833.JPG

▲BMW F10/F11 Biot リアオフセットキット 350φ

 

 

 

 

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

2018106131858.JPG

▲Biotでは純正データーを図面化

 

 

 

 

 

ローター素材は、Biot製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

 

 

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用している電動パーキングブレーキタイプです。

2018106131922.jpg

▲Biotでは電動パーキングブレーキに対応

 

 

 

取付時に使用するボルトも、特殊な専用部品となっています。

2018106131946.JPG

▲Biotでは自社設計、自社規格で製作

 

 

 

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

201810613209.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインに対応

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2018106132032.jpg

▲Biot純正交換ブレーキライン

 

 

 

 

F10とF11で、純正ローターは共通ですが、ナックル取付部が異なるため、キットも別設定になっています。

 

F10 リアナックル形状

2018106132059.JPG

▲Biotでは純正ナックル形状を図面化

 

F11 リアナックル形状

2018106132121.JPG

▲Biotでは純正ナックル形状を図面化

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキット BMW F10 523i/528i/535iBMW F11 523i/528i/535iをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

2018106132145.jpg

▲Biot ブレーキ装着車両 BMW F10

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW E46 M3 Biot サスペンションキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018926123815.jpg

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット

 

BMW E46 M3のサスペンションキットです。

今回は、サーキット走行重視の仕様での製作です。

 

BMW E46は、M3 も含め、フロントキャンバー角をネガティブにしていくと、接地感がなくなっていく感じがします。

一般走行もある程度必要な場合は、ショックアブソーバーの減衰力、スプリングレート、の他に、キャンバー角、トー、ショック全長までをトータルで設定しないと、不安定なステアリング操作に、不安を抱えることになります。

 

 

装着前の組み立て時はこんな感じです。

2018926123853.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット フロント 組立

 

Biotでは、フロントストラットショックに正立単筒式を採用しています。

シャフト径は、自社規格品の25φです。

2018926123913.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット リア 組立

リアは、スプリングとショックアブソーバーが別のセパレートタイプです。

 

フロントの装着は、スタビブラケットがショックアブソーバーの固定されていて、ステアリング操作と同期して動きますので、ショックボトムに固定できるようにしています。

350

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット フロント装着

 

アッパーマウントはストラットタイプですので、調整式にしています。

2018926123942.JPG

 

▲BMW E46 M3 Biot ピロアッパーマウント フロント

 

E46 M3は、純正からM3以外とは互換性が無いため、専用品となっています。左右も別設定です。

 

リアは、セパレートタイプですので、ショックアブソーバーは純正の全長を基準に、短く調整できる方を多く取れるよう設定しています。

2018926124031.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット リア装着

 

スプリングは、サーキット走行を重視ですので、直巻きの14kを装着しました。

201892612407.JPG

 

 

 

 

201892612416.JPG

▲Biot サスペンションキット 装着車両 BMW E46M3

 

詳しくは、サスペンションキット euro trois BMW E46 M3をご覧ください。

 

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

BMW E46 ALPINA B3 ブレーキ Biot brembo 装着

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201861072812.JPG

▲BMW E46 ALPINA B3 ブレーキ Biot brembo

 

BMW E46 ALPINA のブレーキ交換です。

E46 320Îに装着していたブレーキキットを移植しました。

 

リアのインナーシューのサイズが違っていたため、インナードラムを製作しました。

201861072838.JPG

▲Biot インナードラム

 

 

合わせて、再研磨して再度組み直しして装着です。

組付け後は、三次元測定機で測定しましたが、再研磨したため、制度は新品時と同等です。

201861072754.JPG

▲Biot では三次元測定機で全品精密検査

 

フロントは、F50 355φ、純正は325φからのサイズアップです。

20186107296.JPG 201861072929.JPG

 

リアは、Lotus 342φ、純正は320φでした。

201861072950.JPG 201861073010.JPG

インナーシューが大きくなっているため、320Î用のリアLotus 342φは、装着時に少し加工とシューの脱着が必要でした。

201861073718.JPG  201861073745.JPG

 

詳しくは、Biot euro フロント Brembo 4Pot F50 キャリパーキット 355φをご覧ください。

BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 リア3ピースブレーキローター

20184130189.JPG

▲BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 リア3ピースブレーキローター

 

BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 リア3ピースブレーキローターの装着です。

201841302057.JPG

 

リアにもこのM3/M4から、純正でbrembo 2Potキャリパーが標準装着されています。

201841302150.JPG

 

リアはローター外径は370φですが、純正の厚みが24㎜で、通常370φで設定されている当社製品は厚みが30~36㎜で適合するローター素材がありませんでした。

 

ローターには、中央にエアーギャップと言って、フィン形状の空間が設けられています。

エアーギャップの幅も何種類もあり、外径と共にローター素材を製作しています。

 

エアーギャップが広すぎて、パッド当たり面の厚さが薄くなると、放熱が良いように思われがちですが、放熱しきる前にローターが耐えられなくなり、一気に熱限界を超えてしまいます。

エアーギャップが広いということは、軽量でもあることですが、使用状況を考慮したバランスでそれぞれのディスクローターは設定されています。 軽い事は重要な要素ですが、安心して使える事も同じく重要な事です。

 

今回は、専用素材を新規に製作して、このBMW M3/M4のリア3ピースローターを設定しました。

 

標準スリット仕様と、ドリルドVer.ZERO の設定があります。

 

詳しくは、純正交換 Dナット 3ピースローター リア BMW F80/82 M3/M4をご覧ください。

 

201841301957.jpg

 

 

BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 フロント2ピースブレーキローター

201841193157.JPG

▲BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 フロント2ピースブレーキローター

 

BMW F80/F82 M3/M4 純正交換 フロント2ピースブレーキローターの装着です。

201841193221.JPG

 

このM3/M4から、純正でbremboキャリパーが標準装着されています。

201841193243.JPG

 

フロント4Pot 380φ、リア2Pot 370φでローター径も大きなもので設定されています。

 

外径は従来品にもあるサイズですが、パッド当たり面が大きく、ベルハウジング取付け部(ベルハウジング外径)が小さくしないと設定できないサイズです。

 

標準スリット仕様と、ドリルドVer.ZERO の設定があります。

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント BMW F80/82 M3/M4をご覧ください。

 

201841193129.jpg

BMW E46 ALPINA B3 ブレーキ

20184864327.jpg

▲BMW E46 ALPINA B3 ブレーキ

 

BMW E46 ALPINA B3 ブレーキキットの装着依頼です。

20184864631.JPG20184864650.JPG

 

BMW E46 320Î に装着されていたBiot brembo キットを移設します。

 

BMW 3シリーズは、リアブレーキのインナーシューの径が排気量、グレード等によって異なっています。

 

今回は、リアのインナードラムを変更して、装着予定です。

保管状態が良く、凄くきれいな車両です。

 

ALPINA は、専用ホイールのスポーク形状のため、E36、E46のフロントは、対向キャリパーの装着には制約が発生します。

20184864435.JPG

 

 

この車両は、ホイール交換がされていますので、装着は問題なくできると思います。

20184864517.JPG20184864534.JPG

 

 

当社製品にかかわらず、bremboキャリパーをお持ちの方で車両入替、新規装着等お困りになっている事がありましたら、純正brembo、純正キャリパーを所持されている方をご覧ください。

BMW F10/F11 フロント 2ピース ブレーキローター!

2018127233117.jpg

▲BMW F10/F11 フロント 2ピース ブレーキローター

純正交換タイプの、F10/F11 フロント 2ピース ブレーキローターの装着です。

 

348φで、535i用になります。純正比0.3kgの軽量です。

2018127233431.JPG

輸入車は、純正でダストが多く、かといって安易に低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

ローターの材質を変更して設定しているBiot 2ピースブレーキローターは、goutローターという商品名で販売しています。

純正交換と言って、同サイズで何が変わる?と思われるでしょうが、摩擦係数が高く、初期制動から高負荷での使用にも十分対応しています。摩擦係数が高くできると言う事は、パッドの選択肢を広げ、鳴きは発生しません。低ダストパッドでも、ブレーキを踏んだ時の感覚は驚くほど良くなります。

2018127233334.JPG

製品を創る意味は、必ず違いを感じてもらえる事にあります。性能が同じであれば、価格が安い位しかメリットがありません。

2018127233542.JPG

詳しくはBMW F10/F11 フロント 2ピース ブレーキローターをご覧ください。

ページ上部へ