ホーム>Biot Blog>Suspension

Suspension

BMW E46 M3 Biot サスペンションキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018926123815.jpg

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット

 

BMW E46 M3のサスペンションキットです。

今回は、サーキット走行重視の仕様での製作です。

 

BMW E46は、M3 も含め、フロントキャンバー角をネガティブにしていくと、接地感がなくなっていく感じがします。

一般走行もある程度必要な場合は、ショックアブソーバーの減衰力、スプリングレート、の他に、キャンバー角、トー、ショック全長までをトータルで設定しないと、不安定なステアリング操作に、不安を抱えることになります。

 

 

装着前の組み立て時はこんな感じです。

2018926123853.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット フロント 組立

 

Biotでは、フロントストラットショックに正立単筒式を採用しています。

シャフト径は、自社規格品の25φです。

2018926123913.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット リア 組立

リアは、スプリングとショックアブソーバーが別のセパレートタイプです。

 

フロントの装着は、スタビブラケットがショックアブソーバーの固定されていて、ステアリング操作と同期して動きますので、ショックボトムに固定できるようにしています。

350

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット フロント装着

 

アッパーマウントはストラットタイプですので、調整式にしています。

2018926123942.JPG

 

▲BMW E46 M3 Biot ピロアッパーマウント フロント

 

E46 M3は、純正からM3以外とは互換性が無いため、専用品となっています。左右も別設定です。

 

リアは、セパレートタイプですので、ショックアブソーバーは純正の全長を基準に、短く調整できる方を多く取れるよう設定しています。

2018926124031.JPG

▲BMW E46 M3 Biot サスペンションキット リア装着

 

スプリングは、サーキット走行を重視ですので、直巻きの14kを装着しました。

201892612407.JPG

 

 

 

 

201892612416.JPG

▲Biot サスペンションキット 装着車両 BMW E46M3

 

詳しくは、サスペンションキット euro trois BMW E46 M3をご覧ください。

 

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot FD3S サスペンションキット leger

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201872385010.jpg

▲Biot evolution de leger FD3S

 

FD3S用のサスペンションキット、evolution de legerの装着です。

 

evolution de legerは、アッパーマウントにBiot独自のラバーブッシュを採用しているキットです。

201872385038.jpg

▲Biot ラバーアッパーマウント

 

 

このevolution de leger専用のラバーアッパーマウントは、ピロアッパーマウントとは異なり、ダイレクト感は少なくなりますが、ラバーマウントによってサスペンションの初期入力を緩和させています。

 

この特性を生かし、減衰力は高めに設定し、ストリート仕様で純正の様な乗り心地とスポーツサスペンションの様なクイックな操縦性を実現しています。

 

サスペンション形状は、全長調整式で基本設定はF/-20mm、R/-40mm です。

201872385121.JPG 201872385147.JPG

▲Biot ではサスペンションキットの交換作業を行います

 

 

車高の調整範囲は多くとっていますので、各仕様に合わせて細かく調整が可能です。

 

減衰力は12段調整でショック上部で行います。

201872385341.JPG 20187238543.JPG

 

装着後は、車高計測、アライメント調整、コーナーウエイト計測を行います。

 

 

詳しくは、Suspensionをご覧ください。

Biot サスペンションキット trois ヴァンガード ACA38W

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20186823321.jpg

▲Biot サスペンションキット trois

 

ヴァンガード ACA38W ヴァンガードのサスペンションキット装着です。

 

リアのショックアブソーバーが極端に短く、ショックアブソーバー上下が共にブッシュタイプになっているレイアウトです。

 

Biot では、リアに2Way別タンクタイプのショックアブソーバーを採用し製品化しています。

201868233141.JPG

▲Biot 別タンクショックアブソーバー

 

完全自社設計、自社制作のこの別タンクショックアブソーバーは、単筒式でありながらリニアな減衰調整を実現しています。

別タンク内に減衰調整機能を持ったワンウェイバルブを設定し、色々な車種や仕様に対応できるようにしています。

201868233228.JPG

 

 

装着時には別タンクの位置が調整できる自在ジョイントでホースが設計されています。

ジョイントも自社設計ですので、自由なレイアウトを可能にしています。

 

 

フロントは、成立単筒式のストラットタイプで、ショックアブソーバー上部で減衰調整が可能です。

201868233053.JPG

▲Biot 成立単筒式 ストラット用サスペンションキット

 

ストラットボトムを別部品で製作しているため、全長も調整可能です。

201868233256.JPG

 

アッパーマウントはキャンバー調整機能があるため、細かな調整を可能にしています。

201868233029.JPG

▲Biot 調整式アッパーマウント

 

詳しくは、別タンク仕様サスペンションをご覧ください。

MarkX GRX133 Biot trios サスペンションキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201852283813.jpg

▲MarkX GRX133 Biot trios サスペンションキット  

 

 

マークX用の、ストリートからスポーツ走行までをカバーするBiot triosサスペンションキットです。

スプリングレートは、F/11.0、R/8.0 です。

201852283840.JPG 201852283927.JPG

 

 

前後共に成立式でサスペンション上部で減衰調整が可能です。

201852283955.JPG

 

 

リアは、付属の延長ケーブルで、パネルの上に調整ノブを装着します。

201852284019.JPG

 

 

製品は、組付けが終わってから、全ての部分を計測し、画像に残しています。

201852284055.JPG 201852284115.JPG 201852284146.JPG

 

 

ブレーキラインを固定するブラケットセット、車高調整レンチ、調整ノブ、延長ケーブルが付属しています。

201852284212.JPG

▲Biot サスペンションパーツ 

 

詳しくは、Biot triosをご確認ください。

Biot サスペンションキット trois スカイライン HV37

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201851721265.jpg

▲Biot サスペンションキット trois スカイライン HV37

 

 

 

V37のサスペンションキットについてです。

 

フロントはWウイッシュボーン、リアはマルチリンクで、Z33以降、FUGA等にも採用されているシステムです。

2018517212634.JPG

 

リアは、R35と同じくコイルオーバータイプで、形状はシンプルに車高調整式サスペンションです。

201851721274.JPG

 

 

純正は調整機能がないため問題になりませんが、リアのアッパーマウントの取り付け部の上にシートベルトの部品が付いています。

 

 

この部品のおかげで、普通にケーブルを装着して、クリック部をリアのボードの上に出すことができません。

 

2018517212734.JPG

▲Biot サスペンションキット リア取り付け部

 

 

リアは、偏芯したアッパーマウントを製作し、ケーブル装着に対応しました。

 

2018517212829.JPG

▲Biot では各種サスペンションパーツを製作

 

詳しくは、Biot サスペンションキット trois スカイライン HV37をご覧ください。

 

201851721296.jpg

R35 GTR サスペンションキット trios

20184314590.jpg

▲R35 GTR サスペンションキット trios

R35 GTR のサスペンションキットです。

フラッグシップモデルの、Type trios(トロア)で、ストリートからサーキット走行までをカバーするモデルです。

少し高めのスプリングレートですが、減衰特性でしなやかに動き、高速走行時の設置感を確保しています。

R35 GTR のサスペンションは、フロントはドライブシャフトの上部に取付されています。

20184315249.JPG

 

専用のロアボトムが付属しています。

20184315341.JPG

 

リアはナックル上部に固定されていて、他車とは少し異なったレイアウトです。

20184315134.JPG20184315229.JPG

リアの減衰調整は、スピーカーボードに穴開けを行って、専用ケーブルで延長して簡単に調整できるように装着します。

201843145733.JPG201843145751.JPG20184314588.JPG

純正サスペンションは、ビルシュタイン製のダンプトロニックサスペンションですが、スプリングレートを上げて車高を下げても、純正サスペンションで感じる固い感じ無くなり、路面の状態に追従する感じを作り出しています。

 

詳しくは、R35 GTR サスペンションキット triosをご覧ください。

新しい物を創る時...3

2018322232835.jpg

▲別タンク仕様サスペンション

 

また、新しい物を創るときの事の続き…。

 

新しい物、既に世の中に出ている物でも、時々自社で取り組んでみる事もあります。

その性能や特性等、外観からでは解らない物、自社の製品作りの中で作り出せる物。

 

自分の課題として、取り組んでみたりします。

 

既存の物をばらして同じように作ってみるのでは、やってみる意味がありません。

自分の頭の中から出てきた形状、特性を実際の形にすることです。

2018322233536.JPG

 

いつもと同じように、イメージを膨らませるため、メモに色んな絵を書きます。

機能を理解して自分で作りださないと自分に意味がないため、機能パーツの場合は、図面の前に細かな部分までとことん絵を書いています。

2018322233214.jpg

イメージが膨らんだら、一つづつ、地味な作業ですが部品の図面を書いていきます。

書いた部品図面をさらに重ね合わせ、完成品の構成図面も書きます。

201832223352.JPG

 

 

機能部品は、ここからが難しくなります。

テスターや計測機器で実際の特性がイメージしていたかどうかを検証し、数値で結果が拾えるまで、何度も仕様変更を繰り返します。

その後は実走行でのテストですが、大半はここまでの過程でやった試行錯誤が実り、その後の製品化へのいくつかの課題が発生しても、大した苦にはなりません。

また、お客さんへの説明も自分で考えた事は、簡単にわかりやすく話すことができるようになります。 

 

簡単ではありませんが、難しい物ほど出来上がった時の達成感は大きくなります。

 

実際は気持ちが折れそうになる事もしばしば…です。

サスペンションの構造-1

201831714534.jpg

▲Biot サスペンションキット trios

 

サスペンションは色々な部品で構成されています。

大きく分けると、ショック、スプリング、アッパーマウント、ロアボトムとなります。

ショックアブソーバーと呼ばれる部分で、シリンダー、シャフト、オイル、ピストン、封入ガス等で構成されています。

ストロークすることで、減衰力を発生します。

 

ショックアブソーバーは、サスペンションの中で、伸縮する際のスピードを決めています。

『固くする』と言っているのは、実際は動くスピードを”遅くする”事になっています。

 

 

スプリングは計りのようなもので、スプリングにかかる重量の分縮みます。

スプリングは、サスペンションの中で、伸縮する際の量(縮む量)を決めています。

コーナーを曲がると車は傾き、静止状態でかかっていた重量の1.5倍程度の重量がかかり、縮む量も単純に1.5倍縮みます。

201831714633.jpg

スプリングの巻き方や線径等の形状で、重量と比例して縮まないものもあります。

『固くする』と言っているのは、実際は動く量を少なくし”動きを減らす”事になっています。

適度に固くすると、車の動きが少なくなり、安定感が増えた感じになっていきます。

 

アッパーマウントとロアボトムは、サスペンションの上下で車両に固定するためのパーツです。 

20183171502.jpg201831715028.jpg20183171526.jpg

純正の取り付け部に固定するため、必然的に取付け方法は純正同様です。 各メーカー、許される範囲で、素材、調整機能等を付加した物を設定しています。

Porsche ポルシェ 930 ピロアッパーマウント!

201812918519.jpg

▲Porsche ポルシェ 930 ピロアッパーマウント

純正は、スチールのハウジングとラバーブッシュでできています。キャンバー調整はできません。 形状が特殊で、ボディー側の湾曲した面にあった形状でできています。厳密には、取付して締め上げると、ボディーにフィットする感じです。

20181291860.JPG

Biotでは、他車のストラットタイプのサスペンションと同様に、キャンバー調整式のピロアッパーマウントを設定しました。 ゼロから、ニーズに合わせて設計し、製品化しました。 製作は大変ですが、世の中には無いパーツとして、Biotのこれまでの軌跡になるものだと思います。

20181291874.jpg201812918726.jpg

詳しくは、Porsche ポルシェ 930 ピロアッパーマウントご覧ください。

930ターボ用 サスペンションキット!-1

この930ターボ用 サスペンションキットは、純正トーションバーを残し、ショックアブソーバーのみを交換します。

基本は、フロントは純正アッパーマウントを再使用して装着しますが、オプションで調整式ピロアッパーマウントの設定があります。

2018129171547.jpg

リアは、純正ラバーマウントを再使用できるよう、特殊なシャフトカラー(受け皿のような形状)を付属させています。この部分は、ウレタン等で製作すると、シャフト上部に負担がかかり、純正ラバーより硬度の高い素材を使うと、常時ねじ部の締めましが必要となります。

2018129171623.jpg201812917184.jpg

 

直巻きスプリングを使用してトーションバーを外すタイプの930ターボ用 サスペンションキットも販売しています。

ページ上部へ