ホーム>Biot Blog>Ferrariに関する記事一覧

Ferrariに関する記事一覧

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-3

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20195584357.jpg

▲Ferrari 512TR Biot サスペンションキット

 

 

 

完成したサスペンションキットの装着です。

 

20195584427.JPG

▲Ferrari 512TR Biotサスペンション取付 フロント

 

20195584457.JPG

20195584516.JPG

▲Ferrari 512TR Biotスペンション取付 リア

 

 

 

サスペンションの取り付け部も検討時に確認した通りに設計して装着です。

 

20195584620.JPG 20195584648.JPG

▲Ferrari 512TR Biotサスペンション取付部 フロント

 

 

20195584719.JPG 20195584740.JPG

▲Ferrari 512TR Biotサスペンション取付部 リア

 

 

 

リアサスペンションの調整ノブはエンジンルーム内にあり、フレームの中になってしまうため、Biot製延長ケーブルで適切な位置へ伸ばします。

2019558488.JPG

▲Biot調整用延長ケーブル装着

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

詳しくは、サスペンションキット leger Ferrari 512TR をご覧ください。

 

 

【関連記事】当ブログの中の「Ferrari」に関する記事一覧

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-1Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-2もご覧ください。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201932165425.JPG

▲Ferrari 512TR Biot サスペンションキット製作

 

純正はフロント2本、リア2本の4本構成でしたので、装着時の寸法計測を行った後は単体と取付部を計測します。

201932165449.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション単体 フロント

201932165838.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション単体 リア

 

サスペンション単体を簡単な図面化します。

アッパーマウント、ボトム部等の設計が簡単にできるようになります。

201932165913.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション単体 フロント

 

サスペンションの取り付け部も同様に計測し、図面化します。

201932165935.JPG 201932165958.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション取付部 フロント

 

 

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション取付部 リア

 

フェラーリのフロントサスペンションは、斜めにレイアウトされているため、ボトム部の干渉が問題となり、使用できる部品の確認が重要です

20193217042.JPG 2019321717.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション フロント ボトム部確認

 

カップの太さ、長さを装着できる最大値、最小値を実車にて、装着時に計測した0G~2Gまでの間で計測します。

20193217310.JPG 20193217332.JPG

この純正状態の把握までの作業が、設計時にとても重要な要素となります。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「Ferrari」に関する記事一覧

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-1もご覧ください。

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201921273757.jpg

▲Ferrari 512TR Biot サスペンションキット製作

 

 

 

フェラーリ 512TRのサスペンションの特注製作の依頼で、お車をお預かりしています。

 

前後ともWウイッシュボーンタイプのサスペンションです。

 

 

フロントは4Pot キャリパーでショックは結構斜めにレイアウトされています。

201921273820.JPG

▲Ferrari 512TR フロントブレーキ

201921273841.JPG

▲Ferrari 512TR フロントサスペンションレイアウト

 

リアは、片側2本のショックが付いていて、1台分では6本の構成になています。

20192127390.JPG

▲Ferrari 512TR リアサスペンションレイアウト

 

 

 

車高、コーナーウエイト、アライメント、1G/0Gのショック全長等を計測して、サスペンションを分解します。

単体計測、取付部形状等、細かく計測して、リバースエンジニアリングで必要部分を図面化します。

 

 

 

201921273919.JPG

▲フェラーリ 512TR Biot サスペンションキット製作

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

関連記事】当ブログの中の「Ferrari」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Ferrari F360 Modena サスペンションキット!-2

201812672025.JPG

特殊な形状のアッパーマウント部、ストロークを確保したまま、減衰力調整機能を持たせる事を考えました。 レースカー等と同じ様なロアボトムと同じ様な形状で製作すると、サスペンションストロークが少なくなり、スプリングを堅くしてストロークを減らす様な方向になってしまいます。

サーキットユースのみでしたら、限られた範囲での使用で良い場合もありますが、適度なスプリングレートで使用するには、ショックアブソーバーのストロークを確保してスプリングレートの選択肢を広げる事が重要です。

削り出しで製作しアッパーマウントにピロボールを組込み、ショック上部の調整部が存在する形状です。

 

ゼロから考え出した形状ですので、他には無い物だと思います。発想を形にする作業、いつも取り組んでいます。

 

Ferrari F360 Modena サスペンションキット!-1

201811721345.jpg

 

▲Ferrari F360 Modena サスペンションキット

Ferrari F360 Modena サスペンションキットの製作についてです。

サスペンションのアッパーマウント部の取り付けが、他とは異なっているFerrari F360 Modena。

設定に当たり、純正データーを細かく取ります。 各部の寸法、単体寸法なども大事ですが、重量、一輪荷重、ストローク時のアライメント変化、アームの動きなども検証します。必要な部分はすべて図面化します。

いつも書いていますリバースエンジニアリングです。

2018117213623.JPG2018117213646.JPG201811721379.jpg

ページ上部へ