ホーム>Biot Blog>商品開発に関する記事一覧

商品開発に関する記事一覧

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-3

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20195584357.jpg

▲Ferrari 512TR Biot サスペンションキット

 

 

 

完成したサスペンションキットの装着です。

 

20195584427.JPG

▲Ferrari 512TR Biotサスペンション取付 フロント

 

20195584457.JPG

20195584516.JPG

▲Ferrari 512TR Biotスペンション取付 リア

 

 

 

サスペンションの取り付け部も検討時に確認した通りに設計して装着です。

 

20195584620.JPG 20195584648.JPG

▲Ferrari 512TR Biotサスペンション取付部 フロント

 

 

20195584719.JPG 20195584740.JPG

▲Ferrari 512TR Biotサスペンション取付部 リア

 

 

 

リアサスペンションの調整ノブはエンジンルーム内にあり、フレームの中になってしまうため、Biot製延長ケーブルで適切な位置へ伸ばします。

2019558488.JPG

▲Biot調整用延長ケーブル装着

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

詳しくは、サスペンションキット leger Ferrari 512TR をご覧ください。

 

 

【関連記事】当ブログの中の「Ferrari」に関する記事一覧

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-1Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-2もご覧ください。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201932165425.JPG

▲Ferrari 512TR Biot サスペンションキット製作

 

純正はフロント2本、リア2本の4本構成でしたので、装着時の寸法計測を行った後は単体と取付部を計測します。

201932165449.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション単体 フロント

201932165838.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション単体 リア

 

サスペンション単体を簡単な図面化します。

アッパーマウント、ボトム部等の設計が簡単にできるようになります。

201932165913.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション単体 フロント

 

サスペンションの取り付け部も同様に計測し、図面化します。

201932165935.JPG 201932165958.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション取付部 フロント

 

 

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション取付部 リア

 

フェラーリのフロントサスペンションは、斜めにレイアウトされているため、ボトム部の干渉が問題となり、使用できる部品の確認が重要です

20193217042.JPG 2019321717.JPG

▲Ferrari 512TR 純正サスペンション フロント ボトム部確認

 

カップの太さ、長さを装着できる最大値、最小値を実車にて、装着時に計測した0G~2Gまでの間で計測します。

20193217310.JPG 20193217332.JPG

この純正状態の把握までの作業が、設計時にとても重要な要素となります。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「Ferrari」に関する記事一覧

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-1もご覧ください。

Ferrari 512TR Biot サスペンションキット特注製作-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

201921273757.jpg

▲Ferrari 512TR Biot サスペンションキット製作

 

 

 

フェラーリ 512TRのサスペンションの特注製作の依頼で、お車をお預かりしています。

 

前後ともWウイッシュボーンタイプのサスペンションです。

 

 

フロントは4Pot キャリパーでショックは結構斜めにレイアウトされています。

201921273820.JPG

▲Ferrari 512TR フロントブレーキ

201921273841.JPG

▲Ferrari 512TR フロントサスペンションレイアウト

 

リアは、片側2本のショックが付いていて、1台分では6本の構成になています。

20192127390.JPG

▲Ferrari 512TR リアサスペンションレイアウト

 

 

 

車高、コーナーウエイト、アライメント、1G/0Gのショック全長等を計測して、サスペンションを分解します。

単体計測、取付部形状等、細かく計測して、リバースエンジニアリングで必要部分を図面化します。

 

 

 

201921273919.JPG

▲フェラーリ 512TR Biot サスペンションキット製作

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

 

関連記事】当ブログの中の「Ferrari」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

NISSAN エクストレイル TNT31 フロント brembo F50 キャリパーキット

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

少し前に商品開発で計測等を行ったエクストレイルTNT31のフロントブレーキの装着です。

201912391238.jpg

▲エクストレイル TNT31 フロント brembo F50 キャリパーキット

 

純正サイズは、296φの1ピースローターです。

20191239139.JPG

▲BiotではTNT31のローターを製作

 

Biot では、エクストレイルのフロント用に330φの4Pot/F50 キャリパーを設定しています。

201912391050.jpg

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

201912391338.JPG

▲Biotではエクストレイルの2ピースローターを製作

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

 

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

エクストレイルのブレーキラインは、フロントのボディー側のジョイントが左右で形状が異なっています。

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

201912391412.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

201912391449.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

201912391515.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

201912391559.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Mercedes Benz GLC43 リアオフセットキット 365φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20181210111711.JPG

▲Mercedes Benz GLC43 リアオフセットキット 365φ

 

 

 

純正サイズは、320φの2ピースローターです。

20181210111747.JPG

▲BiotではGLC43のブレーキディスクローターを製造しています

 

 Biotでは、GLC43用に365φのリアオフセットキットが設定されています。

2018121011189.JPG

▲Ⅹ253 GLC43 AMG Biotリアオフセットキット

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

20181210111836.JPG

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

 

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

一度分解して、作動範囲の確認、セット位置等を検証します。

2018121011196.JPG 20181210111925.JPG

 

取扱説明書を作成するのに、必要な作業です。

 

メーター部の表示や操作方法も同様に確認して画像や資料を作成します。

20181210111952.JPG

 

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20181210112023.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20181210112046.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

20181210112112.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20181210112140.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

20181210112212.jpg

▲Biot リアオフセットキット 装着車両

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

商品開発 アルファード MC後 GGH3♯

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20181237572.jpg

▲Biotではアルファードのブレーキパーツを製作

 

アルファードMC後のブレーキパーツを製作します。

 

MC後のアルファード/ヴェルファイアは、3.5ⅬのFF、4WD車のフロントブレーキが変更されています。

 

2.5Ⅼ、ハイブリッド車はMC前と共通でした。  

 

ブレーキ周りを分解して、画像データーを作成し、必要な寸法、コメントを書き込みます。

201812375732.JPG

 

 

電動パーキングブレーキでしたが、サイズ、機能はこれまでのアルファード/ヴェルファイアと同じでしたので、今回は確認だけを行いました。

20181237582.JPG

▲Biotでは電動パーキングブレーキに対応

 

 

ローター、キャリパー、ナックル他、必要個所を図面化します。

201812375830.JPG 201812375854.JPG

▲Biotでは純正部品を図面化

 

 

201812375923.JPG 201812375946.JPG

▲アルファード/ヴェルファイア MC後 GGH35W フロント 328φ

 

 

20181238014.JPG 20181238112.JPG

▲アルファード/ヴェルファイア MC前 フロント 296φ

 

 

ローター径は変更されており、パッド、キャリパーも異なっています。

 

 

この作業はリバースエンジニアリングと言われており、ちょっと困難ですが、出来上がると車両が無くてもリサイズなどが簡単に行えます。

 

アルファード/ヴェルファイのMC後、3,5L用には、キャリパーキットの他に、純正交換ローター、オフセットキット等を設定予定です。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

商品開発 HONDA CRZ ZF-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

CRZ ZF2 MC後のブレーキパーツを製作します。

 

ZF2の2015年8月のMCが行われて、リアブレーキが電動パーキングブレーキに変更されています。

 

ローター径も259φから282φに変更されています。

2018114222634.JPG

▲CRZ ZF1/2 純正リア 259φ

 

2018114222657.JPG

▲CRZ ZF2 後期 純正リア 282φ

 

 

キャリパーの装着位置も変更されています。

 

ZF1/2はワイヤー式のパーキングブレーキ兼用片押しキャリパーでした。

2018114222945.JPG

 

ZF2は電動パーキングブレーキに変更されています。

 

2018114223011.JPG

ブレーキラインもキャリパーの上から下を通る様に変更されています。

 

ブレーキ周りを分解して、画像データーを作成し、必要な寸法、コメントを書き込みます。

ローター、キャリパー、ナックル他、必要個所を図面化します。

この作業はリバースエンジニアリングと言われており、ちょっと困難ですが、出来上がると車両が無くてもリサイズなどが簡単に行えます。

 

Biotでは、特殊な三次元測定機を所有しており、形状のトレース機能を使用して、このリバースエンジニアリングに役立てています。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

商品開発 MercedesBenz GLC43

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181024173955.jpg

▲BiotではMercedesBenz GLC43のブレーキパーツを製作

 

 

MercedeseBenz GLC43のブレーキパーツを製作します。 

 

 

ブレーキ周りを分解して、画像データーを作成し、必要な寸法、コメントを書き込みます。

 

電動パーキングブレーキでしたので、診断機が無くてもブレーキ周りの作業ができる様、いくつも画像をとり、作業用にマニュアルを作成します。

この作業マニュアルをベースに、商品設定後にそれぞれの取扱説明書に必要事項を書き込みます。

20181024174051.JPG

▲Biotでは電動パーキングブレーキに対応

 

 

ローター、キャリパー、ナックル他、必要個所を図面化します。

20181024174242.JPG  2018102417430.JPG

 

 

この作業はリバースエンジニアリングと言われており、ちょっと困難ですが、出来上がると車両が無くてもリサイズなどが簡単に行えます。

Biotでは、特殊な三次元測定機を所有しており、形状のトレース機能を使用して、このリバースエンジニアリングに役立てています。

20181024174120.JPG

▲Biotでは三次元測定機で形状測定

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

商品開発 NISSAN エクストレイル TNT31

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20181021233131.jpg

▲BiotではNISSAN エクストレイル TNT31のブレーキパーツを製作

 

NISSAN エクストレイルのブレーキパーツを製作します。  

 

ブレーキ周りを分解して、画像データーを作成し、必要な寸法、コメントを書き込みます。

20181021233250.JPG 20181021233314.JPG

 

20181021233334.JPG 20181021233353.JPG

 

 

ローター、キャリパー、ナックル他、必要個所を図面化します。

 

この作業はリバースエンジニアリングと言われており、ちょっと困難ですが、出来上がると車両が無くてもリサイズなどが簡単に行えます。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 3ピースローターについて

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201881224542.jpg

▲Biot 3ピースローター

 

Biot では、リアのインナーシュータイプのパーキングブレーキ車用に、3ピースローターを販売しています。

201881224613.JPG

▲Biot 3ピースローター

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

201881224642.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

パーキングブレーキは、ほかにも片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプもあります。

20188122477.JPG

▲Biotでは片押しキャリパーにも数多くの製品を設定

 

こちらは、Biot では2ピースローターで対応しています。

 

また次回に詳しくお伝えします。

 

 

ディスクローターとベルハウジングで2ピース、それにインナーシュー用のインナードラムを追加して3ピースローターとなります。

表から見れば、2ピースローターと変わりません。

201881224742.JPG

▲Biot 3ピースローター

 

組付けボルトはÐナットタイプになっています。

20188122487.JPG

▲Biot Ðナットタイプ

 

インナーシュー部分に水の侵入を防ぐ意味があります。

 

 

裏から見ると、インナードラムが追加されていて、3ピースローターとわかります。

201881224833.JPG

▲Biot 3ピースローター

 

組付けボルトはインナードラム側から取付します。

201881224855.JPG

▲Biot インナードラム

 

 

純正のパーキングブレーキをそのまま使用できるため、車検にもそのまま通ります。

 

最近問題となった車検時の総重量の10%の増加については、同じ径では基本的に重量は増加しません。

大径化してもローターは純正比~15%程度、キャリパー交換しても、アルミ製キャリパーで軽量になりますので、車重が1.5ton~の10%には、ブレーキでは到底届きません。

 

 

このようにBiot では、商品開発を通して、車検や純正機能を十分に調べ、長く使っていただける様に考えています。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

ページ上部へ