ホーム>Biot Blog>bremboキャリパーに関する記事一覧

bremboキャリパーに関する記事一覧

Biot brembo キャリパー カラー-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020116224910.jpg

▲Biot brembo キャリパーカラー変更

 

Biotでは、キャリパーキットのオプションメニューとして、キャリパーカラーの変更を行っています。

 

 

標準色は黒に白文字です。

2020116224940.jpg

▲Biot brembo F360 /Modena キャリパー

 

 

 

今回は、赤への色変えを同時に沢山行いました。

 

202011622509.JPG

▲Biot brembo F360 /Modena キャリパー

 

2020116225036.JPG

▲Biot brembo 2Pot キャリパー

 

2020116225149.JPG

▲Biot brembo F50 キャリパー

 

 

カラー変更は、bremboのラインナップに準じて行っています。

キャリパーボディーが赤の場合は、文字色は通常は白ですが、まれに黒文字の指定の時があります。

Ferrariの赤いキャリパーが黒でFerrariとなっていますので、そんなイメージからのご注文かもしれません。

 

 

Biotで扱っているキャリパーは、印刷ロゴのタイプですので、同じようにロゴは印刷します。

 

ステッカーではありません。

 

特殊な塗料を使用し、乾燥用の低温窯で時間をかけて何度も乾燥させ、塗装の硬度を確保しています。

 

 

乾燥したキャリパーは、丸一日自然乾燥させてから、表面をバフ仕上げで磨きます。

小さなホコリ等も取り除き、bremboより入荷した状態以上の仕上がりで、それぞれのご注文頂いたお客さんへ発送しています。

 

ローターやベルハウジングの製作と同様に、キャリパーカラー変更も自社で行います。

2020116225239.JPG

▲Biot brembo キャリパーカラー変更

 

 

【関連記事】当ブログの中の「bremboキャリパー」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

bremboキャリパーの入荷-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020116105051.JPG

▲bremboキャリパー

 

Biotでは、bremboキャリパーを扱っています。

bremboキャリパーと言っても様々で、何百種類もある中のほんの一部を使って製品作りを行っています。

 

 

キャリパー単体は、すぐにあるものではありません。

また、現状はキャリパー単体を購入することはできないです。

 

半年~1年くらい前にオーダーした物が今、届くといった感じです。

2020116105456.JPG 2020116105522.JPG

 

それも1setなどでは作ってもらうことはできません。

来月も、再来月も必要ですので、計画してそれなりの数と時期で製作依頼を行っています。

 

bremboキャリパーはGTキットと呼ばれるものと、Biotで製作している物とが存在しています。

Biotでbremboキャリパーのみを使用し、その他ローター、パッドなどは自社設計、自社規格で設計して販売しています。

ディスクローター、パッドを自社規格で製作することで、大容量キャリパー交換時の鳴き、ダストの発生などに、全く違う角度での製品創りを行っています。

 

一番の違いは、ローターの材質です。

低ダストと鳴きに対応するためBiotでは試行錯誤を繰り返し、自社ブランドのブレーキディスクを製作しています。

 

Biotでは細かなサイズ設定や常時日本国内にある車両に対しては新しい製品を作りだしています。

細部の特注対応、設定の無い商品の新規製作、ご注文製品の短納期、補修部品の供給なども安定して行っています。

2020116105659.jpg 

▲Biot補修用ローター

 

Biotでは、キャリパーをある程度の単位で購入するため、送られてきたときの状態は、一般的な工業製品の様にまとめて梱包されて届きます。

202011610543.JPG

▲Biotではbremboキャリパーを検品

 

パッドも付属してきますので、パッド、ピン、クロススプリングを取り外し、傷等を確認して、一台分に分けてBiot 部品コードを付けて、在庫管理を行います。

2020116105327.JPG

▲Biotではbremboの各部品を個別在庫管理

 

付属のブレーキパッドは、ダストの問題で当社では使用しません。

2020116105250.JPG

▲Biotでは低ダストパッドを付属

 

キャリパーカラー変更をしない場合は、バフ仕上げを行い、入荷時以上の状態で発送しています。

2020116105129.JPG

▲Biotではキャリパーのバフ仕上げ

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot アルファード/ヴェルファイア 30系

 こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191221142953.jpg

▲TOYOTA 30 アルファード/ヴェルファイア リア 2Pot brembo/ブレンボ

 

 

純正サイズは、301φの1ピースローターです。

20191221143026.JPG

▲Biotでは専用2ピースローターを製作

 

 

Biot では、30 アルファード/ヴェルファイアのリア用に350φの2Pot キャリパーを設定しています。

20191221143048.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

 

30系は、純正電動パーキングブレーキで、通常純正キャリパーを取り外すことができません。

付属のパーキングブレーキ用サポートで純正とは反対側に移設します。

純正キャリパーは、電動の機能のみをパーキングブレーキ用として使用します。

ハーネス等は、純正が届く範囲で移設する様設計されています。

 

ローターはアルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

20191221143118.JPG

▲Biot 2ピースローター

 

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

20191221143342.JPG

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20191221143142.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2019122114323.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

20191221143225.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20191221143246.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2019122114336.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

詳しくは、ブレーキ購入シミュレーションもご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

詳しくは、リア Brembo 2Pot ツインキャリパーキット 350φ アルファード/ヴェルファイアをご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「アルファード/ヴェルファイア」に関する記事一覧

VW GolfⅣⅣ bremboキャリパー 特注製作-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2019122112623.jpg

▲Biot bremboキット特注製作

 

 

Biot では、ご来店いただけるお客さんに、Biot製品の取付作業を行っています。

 

特注製作で依頼を受けていた製品を装着しました。

2019122112649.JPG

▲VW GolfⅣ R32 純正フロントブレーキ 334φ

201912211277.JPG

▲VW GolfⅣ R32 純正リアブレーキ 256φ

 

 

フロントは、brembo F360キャリパーキット、リアはオフセットキットです。

2019122112731.JPG

▲Biot フロントbremboキャリパーキット 342φ 特注製作

2019122112753.JPG

▲Biot リアオフセットキット 322φ

 

オプションメニューで、フロントのキャリパーカラー変更と硬質アルマイト仕様です。

 

 

ブレーキラインも、純正の劣化が気になるため、交換しました。

2019122112818.JPG

▲Biot ブレーキライン装着

 

中間ジョイント部は純正同様クリップで固定します。

2019122112843.JPG

▲Biotでは純正同様の装着方法

 

Golf4 R32のリアの純正ブレーキラインは、スチールパイプとゴムホースで組み合わされていて、ゴムホース部だけを交換することができません。

201912211294.JPG

▲VW GolfⅣ R32 純正リアブレーキライン

 

Biotでは、一体で製作し純正交換として設定しています。

2019122112923.JPG

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

リア 装着されていた18インチホイール、スタッドレス用に用意されていた18インチホイールも特注製作でスペーサー等も無しでそのまま装着できるようになりました。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

VW GolfⅣⅣ bremboキャリパー 特注製作もご覧ください。

 

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

 

TOYOTA PRIUS PHV 50系 ブレーキパーツ製作開始

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです

 

2019124111812.JPG

▲BiotではTOYOTA PRIUS PHVのブレーキパーツを製作

 

 

フロントは、純正で255φの片押しキャリパーが装着されています。

2019124111843.JPG

▲ZVW52純正フロントブレーキ

 

リアは、純正で259φの片押しキャリパーで、ソリッドローターが装着されています。

201912411222.JPG

▲PRIUS PHV純正リアブレーキ

 

ナックル取付部の形状、各部寸法を計測します。

2019124112254.JPG

▲Biotでは純正ブレーキデーターを計測

 

リアは、パーキングブレーキ用ワイヤー、バックプレートの形状も詳細に計測します。

2019124112313.JPG

▲Biotではリバースエンジニアリングを実施

 

 

ブレーキラインは、装着状態、取付部、単体計測を行います。

2019124112334.JPG 2019124112355.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインを計測

 

 

レイアウト画像、単体画像等の資料を製作後、リバースエンジニアリングで各部品、取付部を図面化します。

 

部品を設計する上で、この作業はとても重要な役割を果たします。

 

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo キャリパーキットキット 特注製作 DATSUN 510-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2019101882413.JPG

▲bremboキャリパー特注製作

 

Biot brembo キャリパーキットキット 特注製作 DATSUN 510-1の続きになります。

キャリパーは、フロント4Potを装着希望です。

 

ホイールが15インチであったため、ホイールの計測と図面化に合わせて、現品での干渉確認も行います。

 

適当なサイズを2~3種類用意し、ホイール内に合わせ、装着できるローターの最大値、最小値、ベルハウジングの最小深さを確認します。

2019101882439.JPG 2019101882458.JPG

▲Biotでは装着確認

 

リバースエンジニアリングで作成した純正のレイアウト図と、現品で装着確認した数値を元に、パソコン上で各部品の設計を行います。

それぞれの部品を製作したら、お預かりしているナックル、ハブ等に仮合わせを行い、干渉確認と装着上の注意点を書き出します。

2019101882522.JPG

▲Biotでは装着確認を実施

 

 

表面処理、ドリルド等のオプションメニューも合わせて進行し、完成後は通常製品と同じ用に寸法の再確認作業、精度検査を行います。

2019101882544.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

 

特注製作の場合は、寸法の一部変更の場合と、全くの特注製作の場合があります。

一部変更の場合は、通常製品と同じ取扱説明書が使える場合が多いのですが、全くの特注製作の場合は近い内容の取扱説明書や装着確認画像、装着上の注意点を書き出したものを同梱しています。

201910188269.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo キャリパーキットキット 特注製作 DATSUN 510 -1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20191073458.JPG

▲bremboキャリパー特注製作

 

設定商品がない車種、自分で計測してみても装着の可否が良くわからない等、ご相談いただければ、現状と装着車両の情報をうかがい、予算、仕様変更、出来上がりのイメージ等を相談しながら、必要部品を製作、販売するサービスです。

 

今回は、DATSUN 510でした。

 

キャリパーは、フロント4Potを装着希望です。

 

純正ローター径は、純正254φです。

201910734559.JPG

 

 

販売店様よりのご依頼です。遠方からでしたので、純正ハブナックル、ローター等をお預かりしての製作です。

フロントは、ホイールスポークとキャリパーが干渉しない様考慮しながら製作します。

 

ハブナックル、スピンドル部、純正キャリパー、ローターを計測し、全て図面化して純正状態の組付図を作成します。

201910734632.JPG 201910734655.JPG

▲Biotではリバースエンジニアリングを行います

 

 

201910734728.JPG

▲Biotでは純正レイアウト図面を製作

 

 

ホイールは、15インチです。

20191073481.JPG

▲Biotでは装着ホイールを計測

 

ホイールは、スポーク形状と内径を計測し、図面化します。

201910734829.JPG

▲Biotでは装着ホイールを計測

 

 

計測した純正データーと図面上で、各部品を設計します。

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログ内の特注製作に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

VW GolfⅣⅣ bremboキャリパー 特注製作

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2019927121915.jpg

▲VW GolfⅣ bremboキャリパー特注製作

 

設定商品がない車種、自分で計測してみても装着の可否が良くわからない等、ご相談いただければ、現状と装着車両の情報をうかがい、予算、仕様変更、出来上がりのイメージ等を相談しながら、必要部品を製作、販売するサービスです。

今回はワーゲンのゴルフ4のお車でした。

キャリパーは、フロント4Potを装着希望です。

 

フロントは、純正334φです。

ホイールは、18インチが装着されています。

2019927122019.JPG

 

 

その他、スタッドレス用のホイールも使用できる商品がご希望です。

 

リアは、純正288φで、オフセットキットの設定があるため、ホイールの装着確認を行ってご購入いただきました。

 

車両データー、ハブナックル、純正ローター等必要な部分は既に当社で計測、図面化している車両ですので、ギリギリの寸法を再確認して、適正なサイズを製作します。

2019927122047.JPG

▲Biotでは装着確認を実施

 

フロントは、ホイールスポークとキャリパーが干渉するため、ナックルアームの位置を再測定し、従来の製品を少変更して装着します。

2019927122110.JPG

▲Biot bremboキャリパーの特注製作

 

設定されている製品より少しキャリパー装着位置をボディー側へ変更して製品を作りますが、ローター内径とサスペンションアームやタイロッドなどが干渉するポイントを再計測しています。

 

リアブレーキは、計測時はこんな感じです。

201992712230.JPG

▲Biotでは装着確認を実施 スタッドレス用の純正ホイールも計測します。

 

 

2019927122217.JPG 2019927122239.JPG

▲Biotでは装着ホイールを計測

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

Biot brembo キャリパーキットキット TOYOTA SAI フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20199141039.jpg

▲TOYOTA SAI brembo/ブレンボ F50

 

純正サイズは、275φの1ピースローターです。

20199141459.JPG

▲Biot では専用2ピースローターを製作

 

Biot では、SAI/AZK10のフロント用にF50キャリパーを設定しています。

20199141527.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

20199141554.JPG

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20199141626.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20199141650.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

20199141718.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20199141745.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

 

 

Biot brembo F50キャリパーキットキット SUBARU IMPREZZA GRB フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2019829102440.JPG

▲GRB brembo/ブレンボキャリパーキット

 

 

純正サイズは、326φの1ピースローターです。

2019829102516.JPG

▲Biot ではGRBの専用2ピースローターを製作

 

 

Biot では、GRBのフロント用に355φの4Pot/F50キャリパーを設定しています。

2019829102545.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

2019829102629.JPG

▲Biot 専用2ピースローター

 

 

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

201982910275.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2019829102739.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2019829102816.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

2019829102852.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2019829102932.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2019829103045.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、フロント Brembo F50 4Pot 355φ インプレッサ GRBをご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「SUBARU 」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

ページ上部へ