ホーム>Biot Blog>bremboキャリパーに関する記事一覧

bremboキャリパーに関する記事一覧

【Biot brembo Modenaキャリパーキットキット BMW E46 M3 リア】

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202052723205.jpg

▲E46 M3 リア brembo/ブレンボ

 

純正サイズは、328φの1ピースローターです。

2020527232036.JPG

▲BMW E46 M3 純正リアブレーキ

 

 Biot では、M3のリア用に355φの4Pot/F360 キャリパーを設定しています。

2020527232340.JPG

▲Biotでは bremboキャリパーキットを設定

 

 

E46 M3は、M3以外のE46とは、互換性がありません。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

2020527232115.JPG

▲Biot 専用3ピースローター

 

 

パーキングブレーキはインナードラム式で、純正の機構がそのまま使用できますので、車検も問題ありません。

2020527234038.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

2020527234232.JPG

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2020527232420.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2020527232445.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2020527232518.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2020527233030.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

Biot では、フロント6Pot とリアF360 355φの組合せをお勧めしています。

 

詳しくは、リア Brembo 4Pot Modena 355φ BMW E46 M3をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「BMW」に関する記事一覧 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo 4Pot F50 MercedesBenz W463 リア

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20205574113.jpg

▲MercedesBenz G-Claass brembo/ブレンボ

 

純正サイズは、272φの1ピースローターです。

20205574210.JPG

▲ゲレンデヴァーゲン G500 純正リアブレーキ

20205574243.JPG

▲Gelandewagen 純正リアローター

 

 

Biot では、W463のリア用に370φの4Pot/F50 キャリパーを設定しています。

2020557438.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

MercedesBenz G-Claass W463のリアキャリパーサポートは、特殊な形状で製作されており、強度確保のためにスチール製となっています。

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングと専用インナードラムとローター部で、3ピース構造になっています。

20205574344.JPG

▲Biot 専用3ピースローター

 

パーキングブレーキはインナードラム式で、純正の機構がそのまま使用できますので、車検も問題ありません。

20205574831.JPG

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

フロントブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

20205574429.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2020557465.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20205574628.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2020557478.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20205574734.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

Biot では、フロント6Pot とリアF50 370φの組合せをお勧めしています。

 

詳しくは、リア Brembo F50 4Pot 370φ Mercedes Benz W463をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

20205574937.jpg

▲MercedesBenz W463 Biot brembo キャリパーキット装着車

 

【関連記事】当ブログの中の「MercedesBenz」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo 6Pot MercedesBenz W463 フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020419101231.jpg

▲Gelandewagen brembo/ブレンボ 6Pot-R キャリパーキット

 

 

MercedesBenz G-Claassの純正フロントブレーキは、W463のG500/G550/G55でいくつかの種類があります。

 

キャリパーは、4Pot と押し2Pot の2種類です。

202041910136.JPG

▲ゲレンデヴァーゲン G500 フロント 対向4Potキャリパー

 

2020419101354.JPG

▲ゲレンデヴァーゲン G55AMG フロント 片押しキャリパー

 

 

ローターは、4Pot 用が2種類、2Pot 用が1種類です。

 

4Pot車用は、ローター固定穴が年式によって異なっています。

2020419101425.JPG

▲ゲレンデヴァーゲン G500/G550フロント 315φ

 

2020419101940.JPG

▲ゲレンデヴァーゲン G55AMG フロント 350φ

 

 

G500/G550は4Potで315φ、G55AMGは片押し2Potで350φとなっています。

純正ローターとキャリパーの違いの他に、ナックル取付部のボルト径、ネジ部がキャリパー側かナックル側等、いくつか異なっています。

 

Biotではそれぞれ専用品で設定しています。

 

 

Biot では、キャリパーカラーをオプションメニューでお選びいただけます。

今回のご注文は、シルバーでした。

2020419102052.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

 

6Pot-Rの設定サイズは、355φ、370φ、380φの2ピースローター仕様で3種類となっています。

2020419102126.JPG

▲Biot ベンツ Gクラス2ピースローター

 

ブレーキラインは、専用品が付属しています。

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

202041910222.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2020419102354.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2020419102433.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

202041910252.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

 

Biot では、フロント6Pot とリアF50の組合せをお勧めしています。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

2020419102533.JPG

▲G-Claass G550 brembo 6Pot-R 355φ 純正ホイール装着確認

 

【関連記事】当ブログの中の「MercedesBenz」に関する記事一覧

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot TOYOTA PRIUS PHV -2

 こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

202041218434.jpg

▲リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot TOYOTA プリウス PHV

 

 

プリウス PHVの片押しキャリパー車用の、リアbrembo 2Pot ツインキャリパーキットの開発過程です。

今回は、全ての部品の装着確認を行い取扱説明書を製作及び修正します。

脱着時の注意事項や、調整範囲の適正化等もこの作業と同時に行います。

 

 

構成部品は、パーキングブレーキ用のパーツもあるため、かなりの点数になります。

2020412184337.JPG

▲Biotでは構成部品を全て計測

 

装着確認の前に、計測後借り組み立てを行います。

2020412184557.JPG

▲Biotでは構成部品を組立

 

 

車両に実際に装着して、各部の寸法を測定します。

2020412191224.JPG

▲Biot PRIUS PHV リアキャリパーキット

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求め頂けます。

2020412191250.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン PRIUS ZVW52

 

 

2020412191334.JPG

▲Biot プリウス PHV リアキャリパーキット

 

詳しくは、リア Brembo 2Pot 330φ PRIUS PHV ZVW52をご覧ください。

 

Biot リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot TOYOTA PRIUS PHV -1もご覧ください。

 

 

202041219145.JPG

▲TOYOTA プリウス PHV リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot 装着車

 

【関連記事】当ブログの中の「PRIUS」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo F50 キャリパーキット MAZDA FC3S

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20203822727.jpg

▲RX-7 FC3S F50 brembo/ブレンボ

 

純正サイズは、276φの1ピースローターです。

20203822757.jpg

▲Biot ではFC3S用2ピースローターを製作

 

Biot では、RX-7 FC3Sのフロント用に340φのF50 4Potキャリパーを設定しています。

20203822915.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

20203822946.JPG

▲Biot bremboキット用2ピースローター

 

ブレーキラインは、専用ブレーキラインが付属しています。

ダイレクトタイプで、純正スチールパイプを取り外して装着します。

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20203823015.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20203823043.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

2020382318.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20203823133.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

2020382323.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

詳しくは、フロント Brembo F50 4Pot 340φ RX-7 FC3Sをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「MAZDA」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot brembo F50 TOYOTA Prius PHV 355φ フロント】

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020358542.jpg

▲PRIUS ZVW52 brembo F50/ブレンボ

 

 

純正サイズは、255φの1ピースローターです。

2020358615.JPG

▲Biotではプリウス PHVのローターを製作

 

Biot では、PRIUS PHVのフロント用に355φのF50キャリパーを設定しています。

2020358639.JPG

▲Biotでは キャリパーカラー 変更

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様はスリットローターです。

アルミ製ベルハウジングとローター部で2ピース構造になっています。

2020358725.JPG

▲Biot PRIUS PHV 専用2ピースローター ドリルドVer.2

 

 

ブレーキラインは、純正が再使用できます。

2020358749.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインの装着確認

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

2020358813.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン

 

 

キャリパーサポートやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

2020358837.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

キャリパーサポートはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

2020358919.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、キャリパーサポートは重量を計測しています。

2020358943.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

2020358105.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

最後に取付説明書と取扱説明書を入れて終了です。

20203581030.JPG

▲Biot では全商品取扱説明書を付属

 

Biotでは、フロントF50とリア2Potの組合せをお勧めしています。

 

詳しくは、フロント Brembo F50 4Pot 355φ PRIUS PHV ZVW52をご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「PRIUS」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot TOYOTA PRIUS PHV -1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020316480.JPG

▲リア ツイン キャリパーキット brembo 2Pot TOYOTA プリウス PHV

 

 

プリウス PHVの片押しキャリパー車用の、リアbrembo 2Pot ツインキャリパーキットの開発過程です。

 

設定サイズは、330φで、純正キャリパーをパーキングブレーキ専用として使用します。

 

純正キャリパーは、リア1Pot の片押しキャリパーが採用されています。

2020317054.JPG

▲Biotでは片押しキャリパー車用ブレーキキットを開発

 

2020316495.JPG

▲BiotではPRIUS ZVW52のブレーキディスクローターを製造しています

 

プリウス PHVのリアは、259φのソリッドローターが採用されています。

 

純正キャリパーをパーキングブレーキ用として移設し使用するため、レバーの位置、作動領域、ワイヤーストローク等、純正キャリパーを分解しながら検証、測定してデーターをとります。

20203164937.JPG

▲Biotでは純正キャリパーを計測

20203165020.JPG

▲Biotでは純正キャリパーを計測

 

 

純正ナックル、キャリパー等をリバースエンジニアリングで図面化し、その上で使用する各部品を設計します。

 

試作した部品を合わせ、brembo製2Pot キャリパー、パーキングブレーキ用の純正キャリパーを加工製作した部品とともに装着し、ローターとのクリアランス、調整方法の良否を確認します。

 

ブレーキラインも純正装着が可能か、専用品を付属するかを確認します。

ブレーキラインは、純正ブレーキラインが再使用できる様になりました。 

2020316519.JPG

▲Biotでは車検に対応する様商品開発

 

詳しくは、リア Brembo 2Pot 330φ PRIUS PHV ZVW52をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

 

Biot 特注キャリパーサポート TOIYOTA クラウン 21系

 こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。 お預かりした部品です。

2020226192320.JPG

▲特注キャリパーサポート製作

 

今回はローターもお持ちの物を使用しての製作です。

202022619241.JPG

▲特注キャリパーサポート製作

 

 

車両の乗り換えや、中古で譲ってもらったりしたキャリパーを持っている等、ご相談いただければ、現状と装着車両の情報をうかがい、予算、仕様変更、出来上がりのイメージ等を相談しながら、必要部品を製作、販売するサービスです。

 

今回は、クラウン21系用のキャリパーサポートの製作依頼でした。

キャリパーは、4Pot のbremboキャリパーす。

使用ローターは、ISF用の345φの1ピースローターを使用します。

2020226192522.JPG

▲ISF 1ピースローターを計測

 

キャリパーは、当社で図面にしたものの中にはありませんでしたので、リバースエンジニアリングを行い図面化します。

2020226192548.JPG

▲Biotではキャリパーを図面化

 

パッドも同じように図面化します。

 

 

お預かりした部品の図面を、依頼のあったお車のナックルに合わせて、製作するキャリパーサポートを設計します。

キャリパーサポートにキャリパーやパッドが干渉しますので、キャリパーサポートをキャリパーにあった形状で製作しています。

2020226192617.JPG

▲Biotではキャリパーサポートを自社製作

 

必要に応じとなりますが、専用のボルト等も付属させています。

 

取付説明書が無い場合も、取扱注意事項と組付けの画像を添付して、作業時にわかりやすくなる様にしています。

2020226192647.JPG

▲Biotでは組付け確認

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。 

 

【関連記事】当ブログの中の「特注製作」に関する記事一覧

Biot brembo キャリパー カラー-2

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020116224910.jpg

▲Biot brembo キャリパーカラー変更

 

Biotでは、キャリパーキットのオプションメニューとして、キャリパーカラーの変更を行っています。

 

 

標準色は黒に白文字です。

2020116224940.jpg

▲Biot brembo F360 /Modena キャリパー

 

 

 

今回は、赤への色変えを同時に沢山行いました。

 

202011622509.JPG

▲Biot brembo F360 /Modena キャリパー

 

2020116225036.JPG

▲Biot brembo 2Pot キャリパー

 

2020116225149.JPG

▲Biot brembo F50 キャリパー

 

 

カラー変更は、bremboのラインナップに準じて行っています。

キャリパーボディーが赤の場合は、文字色は通常は白ですが、まれに黒文字の指定の時があります。

Ferrariの赤いキャリパーが黒でFerrariとなっていますので、そんなイメージからのご注文かもしれません。

 

 

Biotで扱っているキャリパーは、印刷ロゴのタイプですので、同じようにロゴは印刷します。

 

ステッカーではありません。

 

特殊な塗料を使用し、乾燥用の低温窯で時間をかけて何度も乾燥させ、塗装の硬度を確保しています。

 

 

乾燥したキャリパーは、丸一日自然乾燥させてから、表面をバフ仕上げで磨きます。

小さなホコリ等も取り除き、bremboより入荷した状態以上の仕上がりで、それぞれのご注文頂いたお客さんへ発送しています。

 

ローターやベルハウジングの製作と同様に、キャリパーカラー変更も自社で行います。

2020116225239.JPG

▲Biot brembo キャリパーカラー変更

 

 

【関連記事】当ブログの中の「bremboキャリパー」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

bremboキャリパーの入荷-1

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2020116105051.JPG

▲bremboキャリパー

 

Biotでは、bremboキャリパーを扱っています。

bremboキャリパーと言っても様々で、何百種類もある中のほんの一部を使って製品作りを行っています。

 

 

キャリパー単体は、すぐにあるものではありません。

また、現状はキャリパー単体を購入することはできないです。

 

半年~1年くらい前にオーダーした物が今、届くといった感じです。

2020116105456.JPG 2020116105522.JPG

 

それも1setなどでは作ってもらうことはできません。

来月も、再来月も必要ですので、計画してそれなりの数と時期で製作依頼を行っています。

 

bremboキャリパーはGTキットと呼ばれるものと、Biotで製作している物とが存在しています。

Biotでbremboキャリパーのみを使用し、その他ローター、パッドなどは自社設計、自社規格で設計して販売しています。

ディスクローター、パッドを自社規格で製作することで、大容量キャリパー交換時の鳴き、ダストの発生などに、全く違う角度での製品創りを行っています。

 

一番の違いは、ローターの材質です。

低ダストと鳴きに対応するためBiotでは試行錯誤を繰り返し、自社ブランドのブレーキディスクを製作しています。

 

Biotでは細かなサイズ設定や常時日本国内にある車両に対しては新しい製品を作りだしています。

細部の特注対応、設定の無い商品の新規製作、ご注文製品の短納期、補修部品の供給なども安定して行っています。

2020116105659.jpg 

▲Biot補修用ローター

 

Biotでは、キャリパーをある程度の単位で購入するため、送られてきたときの状態は、一般的な工業製品の様にまとめて梱包されて届きます。

202011610543.JPG

▲Biotではbremboキャリパーを検品

 

パッドも付属してきますので、パッド、ピン、クロススプリングを取り外し、傷等を確認して、一台分に分けてBiot 部品コードを付けて、在庫管理を行います。

2020116105327.JPG

▲Biotではbremboの各部品を個別在庫管理

 

付属のブレーキパッドは、ダストの問題で当社では使用しません。

2020116105250.JPG

▲Biotでは低ダストパッドを付属

 

キャリパーカラー変更をしない場合は、バフ仕上げを行い、入荷時以上の状態で発送しています。

2020116105129.JPG

▲Biotではキャリパーのバフ仕上げ

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

ページ上部へ