ホーム>Biot Blog>MercedesBenzに関する記事一覧

MercedesBenzに関する記事一覧

Mercedes Benz GLC43 リアオフセットキット 365φ

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

 

20181210111711.JPG

▲Mercedes Benz GLC43 リアオフセットキット 365φ

 

 

 

純正サイズは、320φの2ピースローターです。

20181210111747.JPG

▲BiotではGLC43のブレーキディスクローターを製造しています

 

 Biotでは、GLC43用に365φのリアオフセットキットが設定されています。

2018121011189.JPG

▲Ⅹ253 GLC43 AMG Biotリアオフセットキット

 

各純正部品の図面作成/リバースエンジニアリングを行うのと同時に、手作業ですがキャリパーの設定最大径を計測します。

 

純正から想定できる同じ厚さのローターに、キャリパーとブレーキパッドを仮装着して、パッド上面がローター外径から出ないサイズを検討します。

20181210111836.JPG

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

標準仕様は8本スリットローターです。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますが、片押しキャリパーがパーキングブレーキを兼用しているタイプです。

 

▲Biotでは純正パーキングブレーキに対応

 

一度分解して、作動範囲の確認、セット位置等を検証します。

2018121011196.JPG 20181210111925.JPG

 

取扱説明書を作成するのに、必要な作業です。

 

メーター部の表示や操作方法も同様に確認して画像や資料を作成します。

20181210111952.JPG

 

 

アルミ製ベルハウジングとローター部で、2ピース構造になっています。

 

ブレーキラインは、純正がそのまま使用できます。

 

ブレーキラインを交換されたい場合は、別途純正交換タイプをお求めいただけます。

 

 

 

オフセットステーやボルト類は、全て計測して画像で保存します。

20181210112023.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

オフセットステーはボルトのネジ部の確認のため、ねじ込み確認を行っています。

20181210112046.JPG

▲Biotでは全品付属部品を計測

 

付属品、オフセットステーは重量を計測しています。

20181210112112.JPG

▲Biotでは付属部品の重量を計測

 

ローターは組付けが終わったら、三次元測定機で精密測定を行います。

20181210112140.JPG

▲Biot では全商品三次元測定機で精密測定

 

20181210112212.jpg

▲Biot リアオフセットキット 装着車両

 

 

詳しくは、リア ブレーキオフセットキットをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Mercedes Benz GLC43 純正交換2ピースローター フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018128221059.JPG

▲Mercedes Benz GLC43 純正交換2ピースローター

 

フロント GLC43 AMGのフロント純正交換2ピースローターです。

2018128221129.jpg

▲BiotではベンツGLC43 AMGのブレーキディスクローターを製造しています

 

サイズは、フロント360φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

純正キャリパーは、フロント4Potキャリパーが採用されています。

2018128221333.JPG

▲BiotではGLC43のブレーキディスクローターを製造しています

 

 

201812822148.JPG

▲Biot gout 純正交換2ピースローター

201812822159.JPG

▲Mercedes Benz GLC43 AMG 純正2ピースローター

 

Biot では、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

201812822178.JPG

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018128221554.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

 

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

 

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

 

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

MercedesBenz W221 純正交換ローター

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181118111635.jpg

▲Biot MercedesBenz W221 純正交換ローター フロント

 

 

W221 AMG S63の純正交換フロント2ピース、リア3ピースローターです。

サイズは、フロント390φ、リア365φで、純正交換タイプですので外径、厚さは純正と同じです。

 

純正キャリパーは、フロント4Pot、リア2PotのAMGキャリパーが採用されています。

2018111892810.jpg

▲BiotではW221 S63のブレーキディスクローターを製造しています

 

純正ローターは、ドリルドが消えてしまっています。

純正ローターのドリルドは、貫通タイプではありませんでした。

 

201811189437.JPG

▲Benz W221 S63 フロント純正ローター

2018111894337.JPG

▲Benz W221 S63純正ローター

 

今回の仕様は、ドリルドVer.Ⅰです。 

 

2018111894358.JPG

▲Biot W221 AMG S63 純正交換2ピースローター フロント 

2018111894421.JPG

▲Biot W221 AMG S63 純正交換3ピースローター リア

 

 

Biotでは、専用のディスクローターを設定し、あらゆる部分を専用設計することで、純正ローター以上の軽量化を実現しています。

 

軽量化に際し、必要部分はきちんと押さえ、強度、耐久性は十分に確保しています。

2018111894441.JPG 201811189450.JPG

▲Biot では全て自社設計、自社規格で製作

 

 

汎用性を持たせない専用のディスクローターは、自社設計、自社制作以外では、簡単にはできません。

全てを同じスタンスで製作すると、莫大な数量の在庫が必要となるからです。

Biot では、データーを確認し一つ一つ見直しを行い、軽量化も含め、日々より良い製品づくりに取り組んでいます。

 

パーキングブレーキは通常リアブレーキについていますので、リアローターが3ピースローターになります。

2018111811165.jpg

▲Biot 純正交換 3ピースローター リア

 

 

輸入車は、純正でダストが多く、低ダストパッドに交換すると、効きが悪くなり鳴きが発生する様になります。

低ダストパッドを装着して、期待通りのパフォーマンスを得るには、ローターを交換するのが一番です。

Biot gout2ピースローターは、パッドと同じように、低ダストで鳴きの発生を抑える様に開発されています。 

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント S63 AMG W221純正交換 Dナット 3ピースローター リア S63 AMG W221をご覧ください。

 

【関連記事】当ブログの中の「純正交換ブレーキローター」に関する記事一覧

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

商品開発 MercedesBenz GLC43

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20181024173955.jpg

▲BiotではMercedesBenz GLC43のブレーキパーツを製作

 

 

MercedeseBenz GLC43のブレーキパーツを製作します。 

 

 

ブレーキ周りを分解して、画像データーを作成し、必要な寸法、コメントを書き込みます。

 

電動パーキングブレーキでしたので、診断機が無くてもブレーキ周りの作業ができる様、いくつも画像をとり、作業用にマニュアルを作成します。

この作業マニュアルをベースに、商品設定後にそれぞれの取扱説明書に必要事項を書き込みます。

20181024174051.JPG

▲Biotでは電動パーキングブレーキに対応

 

 

ローター、キャリパー、ナックル他、必要個所を図面化します。

20181024174242.JPG  2018102417430.JPG

 

 

この作業はリバースエンジニアリングと言われており、ちょっと困難ですが、出来上がると車両が無くてもリサイズなどが簡単に行えます。

Biotでは、特殊な三次元測定機を所有しており、形状のトレース機能を使用して、このリバースエンジニアリングに役立てています。

20181024174120.JPG

▲Biotでは三次元測定機で形状測定

 

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Benz W221 S63 純正交換 ブレーキローター

2018327211339.JPG

▲Benz W221 S63 純正交換 ブレーキローター

 

W221 S63 の純正交換 ブレーキローターです。

 

フロントは純正で片押しキャリパーですが4パッドの大きなキャリパーで、ローターサイズも390φになっています。

2018327211422.JPG

 

リアはインナーシュータイプで、365φです。

2018327211448.JPG

 

 

これまでは、簡単には設定できなかった輸入車用の純正交換 ブレーキローターですが、ディスクローターの内製化によって一つづつ、製品化を行っています。

 

初回の製作時は製作部品の装着確認を行い、現状では各販売店様への商品発送も行っています。

 

軽量化にもなり、低ダストパッドでも十分な制動力を発揮します。

フロントローターは特に、約15%の軽量化になり操縦性も向上します。

 

 

今回は、ドリルド仕様、硬質アルマイト仕上げの前後セットです。

2018327211544.JPG

2018327211518.JPG

 

組み上げたローターは、いつもと同じように三次元測定機で平面度、平行度を最終検査して発送しています。

2018327211730.JPG

 

この三次元測定機での最終検査によって、装着時や使用時の不具合は皆無です。

 

詳しくは、純正交換 gout 2ピースローター フロント S63 AMG W221純正交換 Dナット 3ピースローター リア S63 AMG W221をご覧ください。

 

201832721184.JPG

ページ上部へ