ホーム>Biot Blog>ブレーキラインに関する記事一覧

ブレーキラインに関する記事一覧

TOYOTA PRIUS PHV 50系 ブレーキパーツ製作開始

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです

 

2019124111812.JPG

▲BiotではTOYOTA PRIUS PHVのブレーキパーツを製作

 

 

フロントは、純正で255φの片押しキャリパーが装着されています。

2019124111843.JPG

▲ZVW52純正フロントブレーキ

 

リアは、純正で259φの片押しキャンバーで、ソリッドローターが装着されています。

201912411222.JPG

▲PRIUS PHV純正リアブレーキ

 

ナックル取付部の形状、各部寸法を計測します。

2019124112254.JPG

▲Biotでは純正ブレーキデーターを計測

 

リアは、パーキングブレーキ用ワイヤー、バックプレートの形状も詳細に計測します。

2019124112313.JPG

▲Biotではリバースエンジニアリングを実施

 

 

ブレーキラインは、装着状態、取付部、単体計測を行います。

2019124112334.JPG 2019124112355.JPG

▲Biotでは純正ブレーキラインを計測

 

 

レイアウト画像、単体画像等の資料を製作後、リバースエンジニアリングで各部品、取付部を図面化します。

 

部品を設計する上で、この作業はとても重要な役割を果たします。

 

 

【関連記事】当ブログの中の「商品開発」に関する記事一覧

 

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 純正交換ブレーキライン LEXUS ISF

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201931016137.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン LEXUS IS-F

 

 

純正はフロント2本、リア2本の4本構成となっています。

201931016212.JPG

▲レクサス ISF 純正ブレーキライン

 

201931016624.JPG

▲ISF 純正ブレーキラインレイアウト フロント

 

201931016426.JPG

▲ISF 純正ブレーキラインレイアウト リア

 

 

Biotでは、それぞれに専用部品を製作して、純正と同等に装着できるように設定しています。

201931016541.jpg

▲Biotでは専用ブレーキラインジョイントを設定

 

 

組み立て後のブレーキラインは、全て耐圧検査を行ってから出荷しています。

20193101651.JPG

▲Biotではブレーキライン全品の耐圧検査を実施

 

車両装着時はこんな感じです。

201931016815.JPG 201931016835.JPG

▲Biot 純正交換ブレーキライン LEXUS IS-F

 

詳しくは、純正交換ブレーキライン LEXUS IS-Fをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

【関連記事】当ブログの中の「LEXUS」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot 純正交換ブレーキライン 日産 FUGA

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

20192795841.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン 日産 FUGA

 

純正で特殊な形状の多い日産車でも、更にFUGAは特殊な物となっています。

20192710327.JPG

▲NISSAN FUGA 純正ブレーキライン

 

FUGAの中でも 型式、年式で本数が異なっていたり、ジョイント部が異なっていたりと様々です。

20192710353.JPG

▲NISSAN FUGA 純正ブレーキラインレイアウト

 

 

 

20192710428.jpg

▲Biot 純正交換ブレーキライン 日産 FUGA

 

 

 

Biotでは、それぞれに専用部品を製作して、純正と同等に装着できるように設定しています。

20192710449.JPG

▲Biotではブレーキラインブロックを設定

2019271055.JPG

▲Biotでは中間ジョイントを設定

 

 

 

組み立て後のブレーキラインは、全て耐圧検査を行ってから出荷しています。

20192710531.JPG

▲Biotではブレーキライン全品の耐圧検査を実施

 

 

詳しくは、純正交換ブレーキラインをご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

【関連記事】当ブログの中の「ブレーキライン」に関する記事一覧

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

Biot ブレーキセット Ver.Ⅲ MAZDA RX-8 SE3P

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

2018911221958.jpg

▲Biot RX-8 ブレーキセット Ver.Ⅲ

 

Biot で設定している、ブレーキセットVer.Ⅲ、MAZDA RX-8 SE3P用のご紹介です。

 

純正サイズが、フロント323φ、リア302φの18インチ車用になります。

 

ブレーキセットVer.Ⅲは、フロントは純正交換2ピースローター、リアにオフセットキット、ブレーキパッド、ブレーキラインがセットになっています。

2018911222021.jpg

▲Biot gout2ピースローター

 

2018911222044.jpg

▲Biot リアオフセットキット

 

 

 

通常のセットには、ブレーキパッドはノンアスタイプ/envieが付属しています。

 

ブレーキパッドは、カーボンメタル/effetに変更できます。 ブレーキラインは通常は純正交換のセットが付属しています。

201891122218.jpg

▲Biot RX-8 純正交換ブレーキライン

 

 

 

ローター素材は、Biot 製のFC-Rです。

 

標準仕様は8本スリットローターです。

 

詳しくは、ブレーキセット Ver.Ⅲ RX-8 18インチ車をご覧ください。

 

Biot ブレーキセット Ver.Ⅰ Ⅱ Ⅲもご覧ください。

 

Biot では、併設された認証工場で、常時、各部品の取り付け、特注品の製作を行っています。

 

東京都瑞穂町自動車パーツBiotでは、物作りを一緒にやってみたい人を探しています。

ブレーキライン 車検対応 BNR32 フロント

こんにちは、東京瑞穂町の自動車パーツ企画設計製造のBiot/ビオです。

201871182854.JPG

▲ブレーキライン 車検対応 BNR32 フロント

 

以前に一度ご紹介した、GTR用のスペシャルブレーキラインの装着です。

 

GTR用のフロント用として設定されているこのスペシャルブレーキラインは、純正スチールパイプを外し、ボディーからキャリパーまでを一体で交換できる商品です。

201871183024.JPG

 

キャリパー側は、バンジョータイプになっていて、色々なキャリパーに対応できる様になっています。

201871183051.JPG

▲Biotでは色々な用途に対応

 

スチールパイプを外し他部分は、純正と同様にナックルに固定します。

 

20187118329.JPG

▲Biot 中間ジョイント

 

全てのジョイントは、長さと向きを自由に調整調整できるBiot独自の中間ジョイントを採用しています。

201871183239.JPG

▲Biot 中間ジョイント

 

詳しくは、スペシャルブレーキラインをご覧下さい。

 

 

取付後の点検作業 純正交換ブレーキライン

201832413121.JPG

▲アルファード/ヴェルファイア 30系 純正交換ブレーキライン

 

先日、純正ホイール対応ブレーキとして装着した、ヴェルファイア 30系の装着後点検作業です。

2018324131416.jpg

 

取付ボルト、ブレーキライン等の締め付け確認と各部の漏れ点検を行い、ブレーキオイルのエア抜き作業を行いました。

 

エア抜きですのでブレーキオイル交換とは違い、キャリパー部のオイル内のエアーがたまっているかの確認程度です。

ごく少量ですが、エアーが出てくる場合があります。

 

キャリパー内は装着時にいくらエア抜き作業を行っても、ピストンの周りや配管の繋ぎ目などに小さな気泡が溜まりやすく、一度で全てが抜けるとは限りません。

ですので、装着後、慣らし運転を兼ねて100~200㎞程一般走行を行った後、このエア抜き作業を行うと、ごく少量のエアーが出てペダルタッチが本来の状態へと戻ります。

 

エア抜き作業が終わったら、各部を洗浄して、再度漏れ点を行います。

201832413537.JPG

 

タイヤの締め付けを確認して終了です。

20183241312.JPG

 

Biot で装着作業をされる場合は、慣らし後(1~2週間後)にご来店いただきますが、装着後点検作業を行っています。

 

より確実に安心してブレーキキットをご使用いただくためにです。

アルファード/ヴェルファイア 30系 純正ホイール対応ブレーキ

201831916200.JPG

▲アルファード/ヴェルファイア 30系

 

純正18インチ車の装着できるブレーキキットのご紹介です。

2018319162024.JPG

 

フロントは、純正296φ→330φに大径化するフロントオフセットキットです。

装着外径が、354φ→392φになります。

 

2018319162649.JPG

 

リアは、純正交換の2ピースローターで、301φです。

201831916215.JPG

今回は、Biot 低ダストパッド envieと、純正交換ブレーキラインを同時に交換しました。

2018319162128.JPG

 

純正交換タイプのブレーキラインはリアが特殊な形状で、普通に製作して装着したのでは、サスペンションのストローク時に緩んでしまうため、対策部品を製作して商品化しています。

2018319162525.JPG

 

安易に、製作部品を装着するのは危険です。

 

キャリパーは純正のままですが、その他はフルに交換しました。

 

コストもある程度抑え効きも十分になり、純正ホイールをそのまま使用でき、お客さんからの要望を全てクリアしています。

 

アルファード/ヴェルファイア 30系は、ブレーキパーツの設定は、これまでの車種に比べると困難で時間と熟考が必要です。

純正を理解して、より良く安全にご使用いただくため、日々取り組んでいます。

 

 

フロントブレーキオフセットキットはこちらをこちらをご覧ください。

リアgoutタイプ純正交換2ピースローターはこちらをご覧ください。

純正交換ブレーキライン アルファード 30系はこちらをご覧ください。

ブレーキライン 色々!プリウス 車検対応-1

201821111157.jpg

▲ブレーキライン プリウス

車検対応の続きです。

ブレーキラインは、純正でアームやショックアブソーバーに中間ジョイントで固定されています。

この中間ジョイントには、メーカーによって形状、固定方法等が様々で、Biotにもかなりの種類があります。無いと車検対応として販売することはできません。

2018211111548.jpg2018211111617.jpg

TOYOTA プリウス 30系のブレーキラインは、1台分は6本で構成されています。

6本構成のうちのリア、中間の4本は左右の形状、固定方法が対象、同一ではなく、異なった形状で設定されています。

中間の2本は短く曲がりがきついため、単独で設定することができません。

フロントは、最近のTOYOTA車に多く見られる形状ですが、調整機能がないと、車高ダウン、大径ローターへの対応が難しくなります。

詳しくは、ブレーキライン プリウス をご覧ください。ご覧ください。

ブレーキライン 色々!GTR

20182601920.jpg

ブレーキラインと言っても、純正で付いている物ですし、必要性は?と思われる事が多いと思います。

ここで言うブレーキラインは、純正のゴムホースに対し、テフロンホースを更にステンメッシュでカバーして、ホースの膨張を無くした物です。

装着するとペダルのタッチが良くなり、感覚的には、ブレーキの効きがわかると言った感じです。大きく効きが良くなるとは違いますが、色々な要素で、ブレーキの性能を向上させてくれます。操作性、大事です。

 

少し部品に付いてです。 RB26のGTRに純正でbremboキャリパーが付いています。4WDでもあるため、純正のレイアウトは、ナックルの後方からナックルの上部にそってキャリパーまでスチールパイプになっています。

20182602014.JPG20182602035.JPG

 

20182602058.JPG20182602115.JPG

色々な部品を作る中で、取り付け作業が簡単にできたり、色々なサイズや取り付け方法に対応したりできる様に考案している物もあります。

もちろん、車検に通ることは絶対条件です。 スチールパイプを無くし、ボディーからキャリパーまでを一体で製作しています。ナックル上部は純正同様の固定方法で装着できます。

ページ上部へ